close
3 21, 2018
3 21, 2018

LoLとDota 2はどう違うのか?

2つのゲームの共通点は?

LoL vs Dota 2: ゲームプレイの主な違い

LoL vs Dota 2: ゲームプレイ以外の主な違い

LoLとDota 2はどう違うのか?

League of LegendsとDota 2は、どちらもeスポーツシーンのトップに位置するゲームです。素人目にはほとんど同じように見えますし、明らかな共通点もありますが、根本的に違っているところもあります。この記事を読んでお確かめください。

League of Legends(LoL)やDota 2のゲーム内の構造についての幅広い知識がなければ、それぞれのゲームでベッティングをするのはむずかしいかもしれません。LoLベッティングから得た知識をDota 2ベッティング(またはその逆)に応用すると、大きな過ちを犯すことになりかねません。どのような要素が試合の結果に影響するのかという点で、この2つのゲームはまったく異なるからです。

Dota 2とLoLには共通する特徴が数多くありますが、これは両方とも同じモッドから作られたマルチプレイヤー・オンライン・バトル・アリーナ(MOBA)であるためでしょう。WarCraft IIIのために作られたDefence of the Ancients(DotA)というカスタムマップです。

Dota 2の制作者であるValveと、LoLの制作者であるRiot Gamesがこのモッドからインスパイアされてそれぞれのゲームを作ったため、コアとなるアイデアや価値観は共通しています。この2社のゲームはどちらも高く評価されていますが、方向性は少し違っています。

Riotが重視したのは、魅力的なビジュアルと親しみやすさがありつつ、マスターするのがむずかしいゲームを作ることでした。それに対してValveが作ろうとしたのは、もっと戦略的なゲームです。Dota 2の難易度を下げ、シンプルにしたバージョンがLeague of Legendsだと考えればわかりやすいでしょう。

2つのゲームの共通点は?

LoLとDota 2は、ともに5人のプレイヤーがチームを組み、1つのマップでプレーします。マップは両方とも似たようなレイアウトで、トップレーン、ボトムレーン、ミッドレーン、ジャングルエリアで構成されています。キャラクタースキンも色々と用意されていますが、これは純粋に見た目をよくするためのものです。

どちらのゲームでも、チームが試合で勝つには最終的に相手の本拠地を破壊しなければなりません。この本拠地はLoLではネクサス、Dota 2ではエンシェントと呼ばれます。

試合はまず、レーニングフェーズから始まります。どちらのゲームでも、プレイヤーは一定時間「ファーム」(ミニオンやクリープのキル)を行うことで経験値(XP)やゴールドを獲得していきます。これでヒーローやチャンピオンのレベルを上げ、敵の拠点を攻撃して勝利することを目指すのです。

両方のゲームに100体以上いるキャラクターの中には、非常に似た特徴を持つものが何体かいます。たとえばウルサとワーウィック、ドローレンジャーとアーシェ、ウィンターワイバーンとアニビアなどです。これらのキャラクターは外見は似ていますが、ロールや能力といった面ではまったく違っています。

League of Legendsでは、プレイヤーは4つの能力を持っています。3つの基本的な能力と、レベル6に到達すると使えるようになるアルティメットスキルです。

レーニングフェーズ終了後、協力して敵のヒーローまたはチャンピオンを倒し、建物を破壊するためにチームを結成します。チームが相手チームを何体かキルできたら、それぞれのゲーム中最大のモンスターであるロシャーン(Dota 2)またはバロン(LoL)を倒そうとすることが多いでしょう。ただし敵をキルしていない場合は、このモンスターを倒せる可能性がかなり低くなります。

ロシャーンとバロンはそれぞれマップの北側に配置されており、リスポーンする頻度や報酬も似ています。チームがこれを倒せば、ゴールドと追加のアイテム(それぞれのゲームで異なる)を得ることができます。Dota 2ではチームのメンバー1人が使えるエージスというアイテムを、LoLの場合はチーム全体で使えるバフ(Hand of Baron)を得ることができます。

LoL vs Dota 2: ゲームプレイの主な違い

すでに述べたように、どちらのゲームにもレーニングフェーズがありますが、その構造はまったく異なります。まずDota 2ではスキルショット(プレイヤーが手動で狙うショット)が非常に少ないため、ポーキング(プレイヤーが敵のチャンピオンを遠距離から攻撃すること)もずっと少なくなります。

Dota 2にはディナイという機能がありますが、これは敵のチームがゴールドやXPを獲得する(敵のヒーローが強くなる)のを防ぐため、プレイヤー自身のクリープをキルすることです。LoLにはディナイの機能がなく、チャンピオンは敵のミニオンしか倒すことができません。状況によっては、ヒーローもディナイされることがあります。

Dota 2ではクーリエがいるおかげで、ヒーローはレーニングフェーズの間、自分たちのレーンにとどまることができます。クーリエは、購入したアイテムをどこからでもヒーローに届けてくれる動物です。クーリエは3分間フライングクーリエに変身することで、さらに早くヒーローにアイテムを届けることができます。

LoLではクーリエが存在しないため、チャンピオンがアイテムを購入する際は、自分たちの泉(スポーン地点)まで戻らなくてはなりません。サモナーズリフト(LoLのマップ)ではスポーン地点にしかショップがありませんが、Dota 2ではマップのボトムにメインショップ、サイドショップ、シークレットショップの3つがあります。

League of Legendsでは、プレイヤーは4つの能力を持っています。3つの基本的な能力と、レベル6に到達すると使えるようになるアルティメットスキルです。

また、2つのゲームは構造が違うため、プレー中の感覚も異なります。LoLではチャンピオンの方向転換と移動が同時にできますが、Dota 2ではヒーローをまず方向転換させてからでないと移動ができません。

ゴールドとXPはLoLとDota 2の両方で重要ですが、Dota 2では確実なゴールドと不確実なゴールドの2種類があります。確実なゴールドは、ヒーローを倒したときや、ロシャーン、クーリエ、Hand of Midas(ユーザーが使うとゴールドが与えられるアイテム)から得られる報酬です。それに対して不確実なゴールドは、クリープやモンスターから得られるすべてのゴールド、初期ゴールドが該当します。

どちらのゲームでもプレイヤーが死ぬとデスタイマーが設定され、待機時間はゲーム時間の長さに応じて変わります。Dota 2だけにあるバイバックという機能を使うと、プレイヤーは料金を払ってすぐにリスポーンすることができます(Dota 2では、プレイヤーが死ぬと不確実なゴールドのポットのお金が減ります)。

Dota 2のマップには、随所にルーンが配置されています。ルーンな特別なブースターで、バウンティルーン(ゴールドを獲得できる)と、パワーアップルーン(さまざまなバフや効果が短時間ヒーローに与えられる)の2つのカテゴリーに分けられます。これらはボトルに保存しておき、後でチームファイト中に使うことができます。

どちらのゲームにもスケーリング(チャンピオンやチームが平均と比べてどれくらい強くなるか)がありますが、それぞれ仕組みが異なります。LoLのスケーリングは比較的緩やかな曲線を描き、プレイヤーはレベルアップするにつれて強くなり、他のチャンピオンに対してピークに達すると下降し始めます。

Dota 2では、一部のチーム構成にスケーリングのピークがあります。ピークに達したチームはそのまま勝利するか、スケーリングを落として敗北するかのリスクを負うことになります。チームはこれを意識して、ピークポイントを過ぎるまで守備的なプレーをします。

Dota 2のサポートヒーローはプレーを作り戦闘を始めることができるのに対し、League of Legendsでは主にADCのサポートに使われます。

League of Legendsではプレイヤーがサモナースペルを使ってテレポートし、自分たちのタワー、味方のミニオンやワードのところへワープできます。リコール機能(テレポート能力)を使って本拠地にテレポートすることも可能です。Dota 2の場合は少し異なり、プレイヤーがTownポータルスクロールと呼ばれる購入可能なアイテムを使って、味方の建物にテレポートできます。

LoLでは相手チームのインヒビター(スーパーミニオンやスーパークリープが出現するのを防ぐ建物)を破壊すると、インヒビターが再び出現するまでの5分間、スーパーミニオンを出現させることができます。Dota 2の場合、これに相当する建物はバラック(通称ラックス)ですが、バラックが破壊されるとゲーム終了まで復活することはありません。

LoL vs Dota 2 ゲームプレイ以外の主な違い

LoLではプレイヤーがゲームを始める前に、2つのサモナースペルを選択できます。この2つには試合中に使えるさまざまな能力が含まれています。フラッシュ(プレイヤーを数メートル先にテレポートさせる)、バリア(チャンピオンを守る)、イグナイト(敵のチャンピオンに5分間火を付ける)など、豊富な能力があります。

Dota 2にはディナイという機能がありますが、これは敵のチームがゴールドやXPを獲得する(敵のヒーローが強くなる)のを防ぐため、プレイヤー自身のクリープをキルすることです。

LoLのサモナースペルは通常、スマイト(モンスターまたは敵ミニオンのみを攻撃するサモナースペル)とともに異なるロールに割り当てられますが、必ずジャングラーが使用します。Dota 2の場合、試合中の選択ではプレイヤーの使うロールタイプが重要になるため、こうした機能はありません。

LoLではゲーム開始前にあらかじめロールを決定しますが、Dota 2のロールはまったく違い、柔軟に作られています。ほとんどのヒーローは複数のロールでプレーできるため、ゲームの途中でもチームの構成を変えることができます。

LoLのメインロールはADC(アタックダメージキャリー)、トップ、ジャングラー、ミッド、サポートの5つですが、Dota 2ではさらに多くのロールがあります。 Dota 2のメインロールはキャリー、ディスエイブラー、イニシエーター、ジャングラー、サポート、デュラブル、ヌーカー、プッシャー、エスケープです。1回の試合で使えるのは5人のヒーローと9つのロールだけで、Dota 2ではゲームごとに代わります。

この2つのゲームでは、サポートヒーローの使い方が異なります。Dota 2のサポートヒーローはプレーを作り戦闘を始めることができるのに対し、League of Legendsでは主にADCのサポートに使われます。

League of Legendsでは、プレイヤーは4つの能力を持っています。3つの基本的な能力と、レベル6に到達すると使えるようになるアルティメットスキルです。Dota 2ではこの点が大きく異なり、プレイヤーの使える能力がはるかに多いため、ゲームがかなり複雑になっています。 インボーカーというヒーローは14もの能力を持っており、あらゆるゲームの中でも特に複雑でコントロールがむずかしいとされています。

Dota 2の場合は、バイバックという機能を使うと、プレイヤーは料金を払ってすぐにリスポーンすることができます。

他にLoLとDota 2で大きく違う点としては、タレントがあります。これはDota 2に最近(2017年12月)追加されたばかりの機能です。タレントは各ヒーローに与えられるユニークな特徴です。レベル10から始まり、レベルが5上がるごとにヒーローの属性に対するバフ、追加のゴールド、経験値のいずれかを選んで獲得できます。これでヒーローの能力を高め、ゲームに新たなダイナミズムをもたらすことができるのです。LoLでは今のところ、レベルアップしたときのオプションは能力にポイントを追加することだけです。

ベッティングで大きな賞金を得るには、2つのゲームの具体的な違いを理解することが不可欠です。ここまで詳しく述べて来たように、ただMOBAを総合的に理解するだけではなく、深い知識が必要であり、2つのゲームの違いを理解することが重要なのです。知識がないままDota 2かLoLのいずれかでベットしてもうまくいきません。

Dota 2LoLベッティングについてもっと知りたいですか? ピナクルのeスポーツベッティングハブをご覧ください。

eスポーツ ホーム
最新オッズを見る

筆者について

Pinnacle

「ピナクル」は、当社のライターが執筆したeスポーツベッティング記事の包括的なカテゴリです。ピナクルのコンテンツやトレーディングチーム内の豊富なeスポーツ知識を活用した、様々な記事をお読みいただけます。

詳しく見る 閉じる