close
6 25, 2021
6 25, 2021

VALORANTでの役割ガイド

VALORANTでの異なる役割とは?

VALORANTでのエージェントのタイプ

VALORANTでの役割の仕組みとは?

VALORANTでのエージェント選択の重要性

VALORANTでの役割ガイド

アビリティが重要となる新しい戦略ファーストパーソンシューティングゲームとして、VALORANT のプレイヤーは、ゲーム内の役割を説明するために独自の用語を組み合わせて使用します。このガイドでは、そうした役割とゲーム内で役割がどのように機能するのかを見ていきます。

VALORANTは、ゲーム内でプレイされる役割において、広く人気を博しているCounter-Strike: Global Offensive (CS:GO)と多くの共通点があります。VALORANTにはゲーム内の役割を定義できるほど長い歴史はありませんが、CS:GOの役割を当てはめることで、トピックを明確にしやすくなります。

すべてのeスポーツタイトルと同様に、効果的かつ細やかなコミュニケーションをとれることが競技にとって重要です。試合内での役割を知っておくことで、プレイヤーは自分またはチームメイトがゲームの展開に沿ってどうプレイすべきか、チームが勝つためにどんな情報を伝える必要があるのかを知ることができます。

VALORANTでの異なる役割とは?

ゲーム内で、エージェントは4つの一般的な役割に分けられます。それがセンチネル、コントローラー、イニシエーター、デュエリストです。これらの役割はさらに、サポート、インゲームリーダー、エントリーフラッガー、ラーカー、リコン、クラウドコントロールなど、より具体的なポジションに分けられます。各役割は、エージェントが試合で使用するアビリティによって定義されます。

センチネル - サポートおよびインゲームリーダー

センチネルは、戦場を操り、衝突エリアを封鎖し、自分や仲間を治癒するアビリティを持つ防御のエキスパートです。VALORANTには、現在3人のセンチネル(サイファー、キルジョイ、セージ)がいます。

センチネルは通常、CS:GOのサポートロールのようにチームメイトのサポートを担当します。

センチネルはマップ上を動き回って情報を集めるか、防衛の際には、チームメイトがアシストする十分な時間を得られるよう、ボムサイトに留まり敵を足止めします。

そのアビリティの受動的な性質から、センチネルエージェントを使用するプレイヤーはよくインゲームリーダー(IGL)を務めます。IGLは、チームの戦略全体をまとめ、マップ上のチームの動きを調整し、チームメイトが敵地で効果的にコミュニケーションできるようにします。

センチネルは、コントローラーやデュエリストのようにスコアボードでの結果は求められませんが、見えないところで静かに動き、チームメイトが輝けるようにすることが1番の目的となります。

コントローラー - 第2のエントリーフラッガーおよびラーカー

コントローラーは、スモークスクリーンを使って戦場を操るエキスパートです。彼らのアビリティは敵の視界を遮り、その場を操り、味方をカバーします。VALORANTには、現在4人のコントローラー(アストラ、ブリムストーン、オーメン、ヴァイパー)がいます。

先ほど述べたように、コントローラーの1番の仕事は、マップ上での視界をコントロールすることで、敵が有利な位置からチームメイトに攻撃を仕掛ける機会を減らすことができるので、VALORANTでは重要なアビリティになります。

ヴァイパーとブリムストーンなどのコントローラーは通常、ボムサイトでチームが作戦を実行する前にアビリティを使います。スモークスクリーンを使った後は、第2のエントリーフラッガーとしてチームのデュエリストをフォローします。

もしくは、敵の背後からの攻撃を防いだり、敵を背後から攻撃したりするラーカーとして行動することもできます。「オーメン」として知られるエージェントは、マップ上のどこにでもテレポートできる究極のアビリティを持つ熟練のラーカーで、敵のバックラインに潜入したときは特に敵にとって致命的な存在となります。

デュエリスト - エントリーフラッガー

デュエリストは、攻撃のチャンスが生まれた時に攻撃的で自己完結的なアタッカーになれるアビリティを持つ、VALORANTの攻撃エキスパートです。ゲームには現在5人のデュエリスト(ジェット、フェニックス、レイズ、レイナ、ヨル)がいます。

役割のタイプによって、レイズのようなデュエリストは、アビリティの組み合わせ方で敵に最も大きなダメージを与えられるはずです。

デュエリストは、積極的に行動し、最も多くのキル数を獲得するチームのスターであることをチームメイトから期待されます。彼らは通常エントリーフラッガーの役割を遂行します。誰よりも先にマップの戦場エリアに入り、優勢になるためにハイリスクハイリターンの行動をとります。デュエリストの役割は特に不安定で、波乱に富んだ状況に出くわすことが多くなるため、チームは狙撃に優れたチームメイトにこの役割を与える必要があります。

VALORANTのデュエリストは、CS:GOに比べるとチームにフォーカスしたゲームプレイが多く、センチネル、コントローラー、イニシエーターのサポートアビリティを活かして最大限に能力を引き出し、敵より優位に立つ必要があります。

イニシエーター - リコンおよびクラウドコントロール

イニシエーターは、アビリティを使って情報を収集し、敵の動きをコントロールすることに優れています。

VALORANTには4人のイニシエーター(ソーヴァ、スカイ、ブリーチ、ケイ・オー)がいます。ソーヴァとスカイは、エリアの偵察を行うアビリティを駆使し、ブリーチとケイ・オーはクラウドコントロール能力を使用して敵の行く手を阻むことを得意としています。

ソーヴァとスカイは、そのアビリティにより敵と闘うことになりそうなマップのエリアを偵察し、その情報をチームに伝えることができます。一方で、ブリーチとケイ・オーはアビリティを使い、比較的安全な場所からフラッシュを使用して、敵の邪魔をします。

イニシエーターは自分の役割はもちろん、センチネルやコントローラーの防衛的な役割を簡単にこなしたり、デュエリストのような積極的な役割も果たすことができます。

エージェント選択の重要性

試合開始前に、プレイヤーはプレイするエージェントを選択する機会があり、これをゲームではエージェント選択と呼ばれています。バランスのとれたエージェントを揃えると、試合に勝てる可能性が大きくアップすることがあります。

セージはVALORANTの非公開ベータ版で一番選ばれていたエージェントで、試合で欠かせないエージェントとなっています。

現在のVALORANTでは、2人のセンチネル(セージとサイファー)がチームに必須だと考えられています。セージは、キルされたチームメイトを生き返らせることができる究極のアビリティと治癒能力を持つため、特に重要です。サイファーのトリップワイヤーとスパイカメラでは敵の動きについて有力な情報を得ることができ、低いリスクでエリアを支配できる可能性があります。

バランスのとれたチームは一般的に、センチネル2人、コントローラー1人、イニシエーター1人、デュエリスト1人で構成されています。バランスのとれたチームにデュエリストが1人しかいないのは逆効果に見えるかもしれませんが、もう1人のデュエリストを追加するよりも、他の役割が持つ様々なアビリティと組み合わせた方が、チームのポテンシャル全体へのアドバンテージがあります。

eスポーツ ホーム
最新のeスポーツオッズを見る
  • タグ

筆者について

Kristian Medina
デモントフォート大学で英語とメディアを学んだ、Pinnacle eスポーツのライター兼ビデオグラファー。League of Legendsに関して頼りになる人物です。
詳しく見る 閉じる