close
6 14, 2019
6 14, 2019

League of Legendsのライブベッティングの紹介

チームのプレゲームの分析

ピック&バンフェーズ

スケーリングの理解

目標コントロールのインパクト

League of Legendsのライブベッティングの紹介

予想の最も早い段階を識別することが重要です。最初のピック&バンのフェーズでLoLのプレゲームの要素を考えてみましょう。もしチームBがチームAの最も重要なチャンピオンをバンした場合、ゲームには非常に大きなインパクトが生じます。League of Legendsのライブベッティングをするには、ゲームに複数の異なるステージがあることを理解することが重要です。

チームのプレゲームの分析

どんな戦略を取るにしても、試合が始まる前の調査は必要です。最も優れたインサイトの一つは、試合の前に、チームがこれまでに繰り返し犯したミスの履歴を確認することです。

これらのミスは、チャンピオンがピック&バンで犯したミスのパターンと類似しているかもしれません。または、特定のチームに対して繰り返し負ける傾向があるかもしれません。あるいは、従来の繰り返しの負けパターンに陥っている可能性もあります。そのチームがどれだけその試合を重要視しているかは、彼らのソーシャルメディアチャンネルをチェックすることにより判断できます。

ピック&バンフェーズ

League of Legendsのライブベッティングに関しては、ピック&バンのフェーズが非常に重要です。ゲームのこのフェーズでは、正確な予想につながる正しい道を進んでいるかどうかを識別することができます。

ゴールドのリードは重要ですが、どのチャンピオンがゴールドを持っているかが最も重要です。サポートプレイヤーがより多くのゴールドを所持している場合、理論的には、このチームは全体的にゲームで劣勢になります。

これは、League of Legendsにおいて最も確立された手順の一つです。チームの思考パターンは、彼らが対戦チームのリサーチをしているか否かにかかわらず、彼らのピックとジャッジから分析することができます。ほとんどのチームは、常に好成績を挙げているチームのチャンピオンをバンします。

それらのチームは、「オーバーパワー」だと考えられるチャンピオンをアウトライトバンして、どちらのチームもそのような特有なチャンピオンをプレーしないようにもします。両方のチームが、オーバーパワーであると考えられるプレイヤーを放置している場合、チームAが試合でエッジを取るために彼らをピックする可能性が高くなります。

このフェーズが重要である主な理由は、次の20~45分間の試合を決定づけるからです。そこで、役割とプレイヤーによりピックされるチャンピオンは、チームがアーリーゲームとレイトゲームのチーム構成のどちらに注力するかにかかわらず決定されます。

これは、LCSやLECなどの競技トーナメントまでとは言わないまでも、ほとんどの競技トーナメントに当てはまります。

プレマッチの結論

League of Legendsはとても複雑なゲームです。プレマッチの結論により、アウトライトウィンが予想でき、また、その試合がライブベッティングにより適しているだろうということを意識的に決定することができます。

最終的なピック&バンに基づいて、ゲームがどのような方向になるのかを評価して、プレマッチの結論に至る必要があります。これは恐らく最も大変な部分の一つでしょう。しかし、試合が始まる前にリサーチをすれば、根拠のある推測をすることができるようになります。

例えば、チームAがKog’Mawをアタックダメージキャリー(ADC)として使用しても、必ずしも成功するわけではないという見通しを立てることができるでしょう。また、他のチームがこれに気づき、チームとしてその特定のプレイヤーやレーンにより強く注目をしてゲームを有利に運ぶだろうと想定することもできます。

さらに、チャンピオンやプレイヤーのマップ上を移動する能力も考慮する必要があります。チャンピオンのツイステッド・フェイトやデスティニーの能力を使ってマップ内を瞬時にテレポートするような、強力な移動能力を備えたチーム構成(comp)のチームも中にはあります。通常、チャンピオンが高い移動能力を有している場合、そのチームは早くゲームを終了させようとします。これにより、何がわかるのでしょうか。

スケーリングの理解

レイトゲームにおいて、チャンピオンのスケールの良し悪しによる違いを理解することが、ライブベッティングで勝つか負けるかに繋がります。これは、どんな戦略を立てるときも真剣に考えるべきことです。

ゲーム開始時に他のプレイヤーよりも高い基礎ステータスを持つチャンピオンがいる場合があります。数回レベルアップするときに、能力値が向上しますが、その上げ幅が他のプレイヤーよりも大きくなります。通常、タンクチャンピオンはヘルス、フィジカル、魔法防御が多く増加し、それに対し、ADCはフィジカルダメージとアタックスピードが多く増加します。

理論的には、所持しているタワーが少ないと、多くのゴールドを所持していても、対戦チームより不利なポジションになります。

レイトゲームで良いスケールを行うチャンピオンの例として、ヴェイン(ADCの一人)が挙げられます。ヴェインは、アーリーゲームでは、クールダウン性能が高く、機動力はそれほどでもありません。彼女は、パニッシュメント(E)、タンブル(Q)を使用するエスケープのメインフォームに簡単になることができます。また、保持している場合には、究極のファイナルアワー(R)をタンプルと組み合わせて、エスケープすることができます。レイトゲームでは、彼女のシルバーボルト(W)およびタンブルとファイナルアワーを組み合わせたスキルにより、侮れない戦力であると見なされます。

アーリーゲームチャンピオンの例としては、パンテオンを挙げることができます。驚くほどパワフルなトップレーンのチャンピオンであり、ゼオニアの加護(W)、痛恨の槍(Q)、イージスの守護(Passive)のスキルが組み合わされ、トレードするのは非常に難しくなっています。アーリーゲームが進むと、パンテオンの究極スキル、偉大なる空路により、簡単にレーンを奪うことができ、対戦相手のガードを外してキルを取ることができます。

しかし、ゲームが進み、ゲーム内で(アーリーからミッドゲーム、ミッドからレイトへ)段階が進むと、ゲーム全体でのインパクトという意味では、パンテオンは後れを取るようになります。彼は、ワンオンワンの状況では多くのチャンピオンを倒すことができるポテンシャルを秘めていますが、試合にチームプレーの要素が必要になると、より重要なチャンピオンが倒されるまでは、簡単にのけ者にされ、倒されたり無視されたりするようにもなります。

ゴールドが全体のイメージを提供しない理由

チームが所持しているトータルのゴールドは、通常は現状誰が勝者になるかを知るのに有効ですが、完全なイメージが得られるものではありません。ゴールドのリードは重要ですが、どのチャンピオンがゴールドを持っているかが最も重要です。サポートプレイヤーがより多くのゴールドを所持している場合、理論的には、このチームは全体的にゲームで劣勢になります。

LoLのゲームでは、目標はしばしばキルの数よりも重要です。敵のネクサスへ侵攻するためにタワーを破壊する必要があります。

理論的には、所持しているタワーが少ないと、多くのゴールドを所持していても、対戦チームより不利なポジションになります。

仮説の例として、チームAのサポートチャンピオンが、チームBのサポートチャンピオンに対して5,000ゴールドリードしていて、チームBのADCがチームAのADCに対して2,000ゴールドリードしている場合は、チームBの方が良い状況にいます。これは、ADCの方が、(より良い武器の購入、チャンピオンの強化などで)ゴールドを使いやすいことが理由です。

目標コントロールのインパクト

LoLのゲームでは、多くのオブジェクトがあり、それによりチームが対戦チームに対して有利になります。最終目標以外の最も重要なオブジェクトは、ドラゴンとバロンです(5つのタイプのドラゴン、リフトヘラルド、バロン、これらはサモナーズリフトで最もパワフルなクリーチャーです)。

これらを倒したときに得られる大量のゴールドや経験値の他に、バフも得ることができます。バロンバフは、ボーナスアタックダメージ、ボーナスアビリティパワー、パワードリコール(改良リコール)の効果があり、また、周囲のミニオンを強化するオーラの効果もあります。これにより、重要なチーム戦での決定的な勝敗の分かれ目になり得ます。

ドラゴンやバロンとの戦いの直前のチームのビジョンとポジショニングは、これらのクリーチャーを敵に気付かれる前にキルするということになる場合があります。

バロンバフを所持するチームは通常わずかな労力でタワーとインヒビターを制圧することができます。また、ハードなチームファイトを行うことができ、試合の自然な進展をもたらします。バロンからチームに提供される様々なバフにより、試合の流れが変わり、ボーナスステータスも与えられるので、劣勢のチームの助けにもなります。

バロンが時間限定のバフを提供する一方、ゲーム中の様々なドラゴンは独自のバフを提供します。それらのバフは、(エルダードラゴンを除き)時間が限定されず、試合中ずっと効力が持続するバフです。

LoLのゲームでは、次の通り5種類の異なるドラゴンが存在します。クラウドドラゴン、インファーナルドラゴン、マウンテンドラゴン、オーシャンドラゴン、エルダードラゴン。最初の4種のドラゴンは"ドラゴンスレイヤー"を提供し、倒されたドラゴンの種類により、異なるステータスを強化するボーナスが与えられます。 

エルダードラゴンは、一時的なバフを提供し、既に所持しているドラゴンバフの効果を(50%)強化し、同時に炎のダメージも与えます。そのバフがチームにもたらされるのが2回目の場合は、既に所持しているドラゴンバフの効果を100%強化し、追加のダメージも加わります。

クリーチャーが倒されると、両チームはクリーチャーがリスポーンされるまで待つ必要があります。ドラゴンは6分で復活し、バロンの復活には7分かかります。

League of Legendsのゲームでは、バロンとドラゴンは非常に大きな役割を担っています。最初にドラゴンやバロンを倒したチームにベットできるだけでなく、そのチームはゲームのペースも変化させます。劣勢のチームを優位にさせる可能性もあり、優勢のチームをさらに前進させる可能性もあります。

ドラゴンやバロンとの戦いの直前のチームのビジョンとポジショニングは、これらのクリーチャーを敵に気付かれる前にキルするということになる場合があります。敵のチームが気づいたとしても、通常はより多くのビジョンとマップのコントロールができるチームが優位になります。

後の記事では、試合でのビジョンコントロールの重要性に言及します。

必須のオブジェクト

これらの3種類のクリーチャーと同様に、覚えておくべき重要な建物があります。双方のチームは11のタワーと3つのインヒビターでスタートします。タワーは、敵のミニオンとチャンピオンを攻撃し、ビジョンも提供するので、マップコントロールを維持するという意味で重要です。これらのタワーを失うと、後退するタワー無しで攻撃的なプレーをすることが非常に難しくなります。理論的には、所持しているタワーが少ないと、多くのゴールドを所持していても、対戦チームより不利なポジションになります。

アップデートは頻繁に行われるので、最新のアップデートに注目することにより、League of Legendsにベットする際の注意するべきポイントを知ることができます。

インヒビターは、対戦チームがスーパーミニオン(多くのダメージをもたらすパワフルなメレーミニオン)をスポーンするのを邪魔します。一つのインヒビターを失うと、そのインヒビターが位置していたレーンでこれらのミニオンがスポーンされます。インヒビターは、(ミニオンより強いので)敵のミニオンを後退させ、インヒビターをスポーンしたチームに一段と多くのマップコントロールをもたらします。敵のチームがそれらを扱うリソースを割り当てない場合は、彼らはより多くのタワーとインヒビターを破壊することができる可能性があります。

LoLのゲームでは、オブジェクトはキルよりも重要です。タワーは敵のネクサス(試合に勝利するために破壊するべき主要オブジェクト)へ到達するために破壊しなくてはなりません。そして、チャンピオンたちが劣勢になった場合でも、バフにより状況を一変させることができることもあります。

継続されるアップデート

ゲームは常にアップデートされているので、ピナクルが提供するすべてサービスは若干変更される可能性があります。アップデートは頻繁に行われるので、最新のアップデートに注目することにより、League of Legendsにベットする際の注意するべきポイントを知ることができます。

今は異なる使い方をされているワードのように、スケーリングはチャンピオンにおいて変化しています。ゴールドの額のようなものは、変化する可能性があるものから得られます。そのため、ゲームに何が起きていて、今後何が起こり得るかという情報を得ることは常に重要です。

League of Legendsベッティングおよびブックメーカーに対してエッジを得る方法について、より詳しく学びたいですか? ピナクルのeスポーツベッティングハブをご覧ください。

eスポーツ ホーム
League of Legendsオッズ
  • タグ

筆者について

Pinnacle

「ピナクル」は、当社のライターが執筆したeスポーツベッティング記事の包括的なカテゴリです。ピナクルのコンテンツやトレーディングチーム内の豊富なeスポーツ知識を活用した、様々な記事をお読みいただけます。

詳しく見る 閉じる