close
10 25, 2017
10 25, 2017

LoLベッティング入門

League of Legendsの仕組みとは?

LoLベッティング入門: 最高のチームまたはプレイヤーは誰か?

LoLオッズ: 利用可能な市場は?

LoLベッティング入門

現在、League of Legendsは世界最大のオンラインゲームとして公認されています。その需要に応えて、ピナクルは高い評価を得るeSportsベッティング範囲に加えて、LoLベッティング市場を継続的に拡大しています。初心者向けガイドを読んで、League of Legendsでのベッティング方法を学びましょう。

League of Legendsは、リアルタイム戦略(RTS)のスピードと激しさにロールプレイングゲーム(RPG)の要素を織り交ぜた、スピード感にあふれた競争オンラインゲームです。5人のプレイヤーがいる2チームが、様々なスキルや能力を持つチャンピオンを使って対決します。現在134のチャンピオンから選ぶことができ、あらゆる人の好みに合うようになっています。

League of Legendsの仕組みとは?

League of Legendsのゲームは、Nexusが近くにあるマップの両側の、Spawning Poolと呼ばれるエリアから開始します。相手チームのNexusを破壊するとマッチで勝ちになります。

Nexusを破壊するために、各チームはレーンと呼ばれた道に沿って配置されている塔(Turret)を破壊しながら進む必要があります。途中で、各プレイヤーは敵チームのチャンピオンやMinionを倒したり、中立のモンスターを倒したりすることでレベルを上げていきます。目標を達成するとプレイヤーはゴールドを手に入れることができ、そのゴールドでアイテムを購入できます。アイテムを使用すると、チャンピオンの統計を増やすことができます。

League of Legends: 概略

League of Legends(LoL)は2008年10月7日に正式に発表され、その1年後にリリースされました。実際にはベータ版が2009年4月にリリースされ、コミュニティがフィードバックを提供できるように十分な期間が設けられました。 

選択できるチャンピオンが豊富にいますが、特定のラインナップは相手に対して不利になることがあります。LoLオッズを分析するときは、これらを考慮すべきです。

Warcraft IIIのDefence of the Ancientsに基づいた独立型のゲームというアイデアから、2005年末にLoLの開発が始まりました。2人のDotaプレイヤーは、そのゲームが非常に多くの可能性を持ち、革新的だったため、独立型ゲームにする価値があると感じました。このときRiot Gamesが関わることになります。

Riot Gamesは2006年9月に正式に1つ目のオフィスを開設し、現在LoLだけで1000人以上の従業員を抱えています。LoLはリリース時に広く受け入れられ、以来安定して人気を伸ばしています。2012年7月までには、プレイ時間の面で、北米および欧州で最もプレイされているゲームになりました。

2014年1月の時点では、毎月LoLをプレイするプレーヤーの数が6700万人以上になりました。2016年9月までには、Riot Gamesが1億近い数字を見積もり、世界で最も人気のあるeSportsゲームになりました。 

LoLベッティング入門: 最高のチームまたはプレイヤーは誰か?

LoLでベットを行う方法を学ぶとき、最初に気づくのは韓国に優れたチームやプレイヤーが多いことです。現時点で世界最高のチームはSK Telecom T1で、世界最高のプレイヤーFakerも所属しています。過去5年間で彼に一番迫ったライバルといえばSmebですが、これまでFakerは王座を追われたことがありません。 

他のベストチームには北米のTSM、ヨーロッパのG2がいますが、足りないところがあります。韓国人以外のベストプレイヤーとして挙げられるのは、TSMチームのデンマーク人メンバー、Bjergsenといって間違いありません。彼の熟練した技術は世界に並ぶ者がいませんが、Fakerのレベルに到達するにはチャンピオンの多様性を改善する必要があります。 

LoLオッズ: 利用可能な市場は? 

League of Legendsでのベット方法の学習は、Dota 2またはSmiteと同様です。 最も人気のあるベットタイプはマッチの結果に基づくもの、つまりマネーラインです。オッズは各チームの認識されているレベルを反映し、最近の勝敗記録に基づいています。あなたがベットしたチームが勝てば、あなたの勝ち、それだけです。

LoLはSummoners Riftという1つのマップでプレイされます。つまり、(CS:GOベッティングと違って)他のマップのことを心配しなくていいということです。ただし、連続してマップまたはゲームをドロップしないチームに賭けることができます。これは通常3セットですが、イベントによっては5セット勝負のこともあります。

ピナクルはマッチアップの勝者へのベッティングだけでなく、ハンディキャップベッティングも提供しています。前述のように、連続して1つのマップで勝ちそうな方にベットするか、マップをドロップせずに勝ちそうな本命にベットすることができます。さらに、マッチでの合計キル数、一般的に50.5以上またはそれ以下に賭けることになります。

LoLベッティングで提供されているトーナメントは?

LoLベッティングは、IGN Pro League、Major League Gaming、Intel Extreme Mastersイベントなど、年間を通じて開催されるすべての主要プロゲーミングトーナメントを対象としています。

特定のプレイヤーがプレイしたがるヒーロー、どのチャンピオンが現在圧倒的か、前半のチームか後半のチームかといったゲームの知識はLoLのベッティングに影響します。

Riot Gamesによる巨額の投資のおかげで、2014年のLeague of Legends Championship Seriesが開催されました。巨額の賞金、プロとしての報酬、そして最高のアクションを呼び物にしているLeague of Legends Championship Seriesは、World Championship、LoL Pro League、LoL Master Seriesとともに、LoLシーズンのハイライトになるでしょう。 

OGN The ChampionsやNiceGameTVなど、他の試合も放映されます。最新のイベントの予定を表示するには、eSportsスケジュールをご覧ください。

LoLベッティング戦略

League of Legendsでのベット方法を効果的に理解するには、他のeSportsとは異なる要素が関係してきます。各プレイヤーのパフォーマンスがとても重要なだけでなく、ラインナップも重要です。選択できるチャンピオンが豊富にいますが、特定のラインナップは相手に対して不利になることがあります。LoLオッズを分析するときは、これらを考慮すべきです。

特定のプレイヤーがプレイしたがるヒーロー、どのチャンピオンが現在圧倒的か、前半のチームか後半のチームかといったゲームの知識はLoLのベッティングに影響します。実際に、成長とともにゲームで活躍するようになるチャンピオンがいます。最初はとても弱くても、能力は成長していきます。一方、最初は強くても、ゲームが進むにつれ消えていくチャンピオンもいます。

League of Legendsでチームが成功するために最も重要な2つが、ローテーションとコミュニケーションです。チーム内の国籍が様々だと、コミュニケーションが万全でなく、これが全体のパフォーマンスに影響することがあります。敵レーンで攻撃や待ち伏せを仕掛けるためにマップでチームメイトを交代させることがゲームを支配するために最も必要なことです。上位チームの強さに秘密はありません。

以上でLoLベッティング入門は終わりです。これで、オンラインのLeague of Legendsオッズで利益を得ることができるはずです。

eスポーツ ホーム
最新のLoLオッズを見る
  • タグ

筆者について

Pinnacle

「ピナクル」は、当社のライターが執筆したeスポーツベッティング記事の包括的なカテゴリです。ピナクルのコンテンツやトレーディングチーム内の豊富なeスポーツ知識を活用した、様々な記事をお読みいただけます。

詳しく見る 閉じる