close

Puppeyのパワー - 新たなDota 2のレガシー

DendiによるDota 2の記録

1つの組織でプレイしたゲーム数が最も多いDota 2プレイヤー

Puppey - 新たな記録保持者

ArteezyやDJは将来記録を破ることができるか?

Puppeyのパワー - 新たなDota 2のレガシー

1人のプレイヤーが1つの組織でプレイした最多ゲーム数に関して、Dota 2のエキスパートであるBen "Noxville" SteenhuisenがDota 2の最新の記録を見ていきます。この記録保持者は今週までは"Dendi"でしたが、"Puppey"が上回りました。"Noxville"がこの素晴らしい記録を詳しく見ていきます。 

Dota 2の伝説的プレイヤー

最も象徴的で誰もが認めるeスポーツのスターに挙げられるのは、Danil "Dendi" Ishutinです。初開催のThe Internationalで何度も勝利し、次の2大会でも決勝に登場したことは、当然のことながら、プレイヤーとしての名声に影響を与えています。

彼の名前はNatus Vincereの代名詞であり、2010年後半にチームに加わりました。TI4後の大きな再編でClement ”Puppey” IvanovとKuro "KuroKy" Salehi Takhasomiがチームを去り、その後も多くの再編がありましたが、長年チームにとどまりました。

Dota 2のレガシーは誰か?

2018年前半のDotaのイベントで、伝統的なスポーツのレガシーについて、コメンテーターやアナリストたちと議論したことを思い出します。Kobe Bryantと彼のLakersでの20シーズンの話から始まり、他のアメリカのスポーツに関する私には初耳の話に移りました。すると突然、Dotaでレガシーに相当するものについての話題になりました。

Jonathan "Loda" BergとJoakim "Akke" AkterhallのAllianceでの全盛期、Yao "Yao" ZhengzhengのLGD Gamingでの実績、Clinton "Fear" LoomisとSaahil "Universe" AroraのEvil Geniusesでの全盛期など、様々な意見が出ました。Luo "Ferrari_430" FeichiのInvictus Gamingでの全盛期を支持する人さえいました。

その後誰かが“Dendi”の名前を出すと、会話が静かになりました。切り札を出されて、それまでの意見はおそらく間違いだと全員が気付いたため、その沈黙は満場一致を意味しました。

その年の後半に、“Dendi”の挑戦者となりそうなプレイヤーが減り始めました。つまり、“Fear”が2018年5月にEGを去り、“Loda”が2018年半ばに引退しました。その数か月間、彼のプロとしてのゲーム数はわずかしか増えませんでしたが、既に危険なほど高い山の頂上が数メートル高くなったようでした。

しかしパフォーマンスレベルは下がり、TI8で地域のオープン予選を通過できなかったことがとどめとなり、“Dendi”はNAVIの出場メンバーから外れました。チームとの先行きははっきりしませんでしたが、そのような状況でも、彼がNAVIの黄色のパーカーを脱ぐ日が来るとはほぼ考えられませんでした。それにもかかわらず、少しのレンタル移籍期間の後、ついに組織を去ったため、1つのチームでプレイしたゲーム数の記録は1523となりました。

新たな記録保持者

3年かかりましたが、ついに別のプレイヤーが頂点に達し、記録を破ろうとしています。成し遂げようとしているのはもちろん、元チームメイトの“Puppey” (Team Secretを代表するプレイヤー)です。

まもなく開催されるDPC Tour 3でのEntityとのタイブレークマッチで、“Puppey”は1ゲーム目で記録に並び、すぐに2ゲーム目で新記録を達成します。試合前の時点で、“Puppey”はTeam Secretでプレイしたゲーム数が1522にまで達しており、1024勝498敗(67.28%)です。さらに最近、1つの組織で1000勝した初めてのプレイヤーにもなりました。

1つの組織でプレイしたゲーム数が500を超えている82人のプレイヤーの中で、“Puppey”の(Team Secret在籍中の)勝率は2番目に高く、Evil Geniusesでの勝率が66.7%のLudwig "zai" Wahlbergにのみ負けています。

ちなみに“Puppey”は、NAVI在籍中の勝率が63.7%で26位に入っています。また、Team Secretに偉大なプレイヤーが在籍した歴史があることも述べておく価値があります。Dota 2史上最も経験豊富な上位9名のプレイヤーのうち、このチームのプレイヤーになったことがないのは、Xu "fy" Linsen (3位)とHu "kaka" Liangzhi (8位)の2名のみです。

“Puppey”がリーダーシップを発揮して、Team SecretのDota 2チームは約$1,530万相当の賞金を獲得しました(esportsearnings.comによる)。1つの組織が1つのタイトルで獲得した金額としては5番目の高さです。上位4チームはThe Internationalで最近優勝しています。Team Secretはここ数年で追いつきそうなところまできていますが、最終的には届いていません。

Team SecretはThe Internationalの数か月前にパフォーマンスがピークになるという不幸な歴史があり、連続50、75、100、150ゲームの各期間の結果で最高記録を保持し、ELOランキングとGlickoランキングがこれまでのDota 2のどのチームよりも高くなっています。今年は違うかもしれませんが、The Internationalに参戦すれば、かなり修正が加わった、真価を問われていないチーム状態であるため、非常に困難な道のりとなるでしょう。

“Puppey”にとって唯一恐ろしいことは、この記録を達成したため、生意気にもじりじりと追い上げている若いプレイヤーをかわす必要があることです。Evil Geniusesで様々な役割を担当するArtour "Arteezy" Babaevが1460ゲームまで、Djardel Jicko B. "DJ" MampustiはFnaticで1234ゲームに達しています。

eスポーツ ホーム
Dota 2オッズ
  • タグ

筆者について

Ben “Noxville” Steenhuisen

Ben is THE expert in DOTA stats, founding datdota and working as a software architect for an esports data provider. Noxville can often be found at the biggest events in the DOTA esports scene and continues to be fanatical about the game.

詳しく見る 閉じる