close
10 29, 2020
10 29, 2020

Flashpointシーズン2 プレビュー

Flashpointシーズン2の形式

Flashpointの創設チーム

挑戦者たち:招待チームと予選突破チーム

Flashpointシーズン2 プレビュー

Flashpointの第2シーズンが11月に開幕します。独自の試合形式で、12チームが優勝賞金$500,000を目指して競います。

Flashpointシーズン2の形式

一見、Flashpointは他の多くのトーナメントと形式が似ているように見えます。12チームが各4チームのグループ3つに分けられ、標準的なGSL形式のブラケットで勝負します。しかし、それだけではありません。

すべてのチームにシード権があり、チームがグループを選択するのです。トップのシードチームは各グループに無作為に割り当てられ、それらのチームがそれぞれのグループに追加するチームを1つ選択します。選ばれたチームは、3つのグループにチームがそろうまで、残ったチームから追加するチームを1つ選ぶことができます。最後に選ばれた3チームは、各グループのチーム交換を提案することができます。

このトーナメントの期間は短いうえにオンライン上で開催されるため、今シーズンのFlashpointは、優勝者を決めるダブルエリミネーションのプレーオフブラケットに移行する前に、以前提案されていた3つのフェーズではなく、グループステージのフェーズ1のみを行います。

Flashpointの創設チーム

今シーズンのFlashpointには、7つの創設チーム(Cloud9、c0ntact、Dignitas、Envy、Gen.G、MIBR、そして現チャンピオンのMAD Lions)が参加します。7チームのうち、初開催のシーズンと同じ登録メンバーのチームはなく、Envy、Gen.G、MAD Lionsのみ、以前のプレイヤーが3人残っています。

創設メンバーでない招待チームの3チームはすべて、今シーズンの有力な優勝候補として多くの人から大きく期待されています。

中でもCloud9は、新しいゼネラルマネージャーのHenry “HenryG” Greer氏のもとで「強大な」再構築を経験し、プレイヤー1名のみを残した徹底的な改革を行ってイベントに臨みます。このプレビューを執筆している時点では、チームはまだトーナメントでプレイしておらず、5回目となるNine to Five Cupのプレーオフステージでデビューを飾ることになっています。

しかし、彼らは本命チームの1つであり、In-Game Leader (IGL)のAlex "ALEX" McMeekin (元Vitalityで、2019年はS-tier大会の決勝戦に4回チームを導き、そのうち2回は勝利をおさめた)を中心に強いチームを作っています。最近、このチームにはPatrick "es3tag" Hansenが加わりました。彼は最近までAstralisの一員として活躍し、ESL Pro League Europeで優勝したことで希望の星として注目を集めました。

MIBRはちょっとした混乱がありましたが、Flashpointに戻ってきます。このチームは、Gabriel "FalleN" Toledoが率いたこれまでのコアメンバーをベンチ入りさせ、2人のプレイヤーだけを残しました。Vito "kNgV-" Giuseppeを事実上のチームキャプテンとして残し、Alencar “trk” Rossatoがいるチームを維持しています。

MIBRはFlashpointのために急いで新しいプレイヤーを3人獲得しました。ImperialからLucas "LUCAS1" Telesを獲得し、SharksとDETONAからそれぞれLeonardo "leo_drk" OliveiraとVinicius "v$m" Moreiraをレンタル移籍で獲得しました。彼らがこのトーナメントで厳しい試合相手になる可能性は低いでしょう。

Gen.Gでは、Damian “daps” SteeleとSam “s0m” Ohの両者がチームを離れてNRGでVALORANTのキャリアをスタートさせましたが、執筆時点ではまだ登録メンバーの最後の2人が確定していません(前回のイベント以降、強豪チームの1つであるにもかかわらず)。前回のFlashpointイベント後、一時的に調子を上げて、2つのRMRイベントで1位と2位を獲得したにもかかわらず、チームはその調子を維持しようとせず、変更を行いました。

Dignitasとc0ntactも多くの変化があり、最近のオンラインでのパフォーマンスは物足りない点が多く、前回のFlashpointシーズン以降、両者とも注目すべき点はあまりありません。これは言うまでもなく、変化が少なかったにもかかわらず、6月以降、公式のオンライン試合でプレイしていないEnvyも同じです。

MAD Lionsは、Flashpointでタイトルを獲得してから下降傾向にあり、トーナメントでの最高の結果はBLASTのSpring Showdownで獲得した4位です。しかし、彼らは下り調子を食い止めるために、IGLをAsger “AcilioN” LarsenからRasmus “HooXi” Nielsenに変えました。

挑戦者たち:招待チームと予選突破チーム

創設7チームがトーナメントエントリーの大部分を占めていますが、トーナメントを埋めるためにさらに5チームが必要でした。その5チームのうち、BIG、Fnatic、OGの3チームが招待チームとして招かれました。これらの招待チームはすべて、今シーズンの有力な優勝候補として多くの人から大きく期待されています。

中でもCloud9は最も大きな変化があり、先シーズンから残っているプレイヤーは1人だけです。

BIGはパンデミック中にCS:GOオンライン時代の勝者うちの1チームとなり、このドイツのチームはDreamHack Masters Spring、cs_summit 6 online RMRイベント、DreamHack Open Summerで勝利した後、6月、7月の両方でHLTV.orgのランキングトップに輝きました。ピークは過ぎましたが、ESL Pro League、IEM New York、DreamHack Open Fallで続けてトップ5入りを成し遂げました。

Fnaticは今年、それほど盛り上がりを見せていません。2月のIEM Katowiceでトップ4にランクインした後、3月のESL Pro Leagueで優勝したのがピークでした。それ以降は、2度のイベントでトップ10に入ることができず、1番良かったのはIEM New Yorkイベントでのトップ4でした。

OGは、今年多数のイベントに参加していますが、CS:GOではまだワイルドカード参加のままです。今年は、BLAST Spring Regular Season、cs_summit 6、DreamHack Open Summer、IEM New Yorkでトップ4に入るなど、イベントで何度も上位にランクインしています。特に最近開催されたIEM New Yorkでは2位になっています。しかしながら全体ではばらつきが見られ、それ以外の順位であることもたくさんありましたが、ほとんどがトップ10に入っています。

最後の2チームは予選から勝ち上がってきたVirtus.proとforZeです。両チームともCIS地域からでてきており、Flashpointで唯一のCIS代表です。彼らは毎週行われる小規模のイベントでは良いパフォーマンスを見せています。これはVirtus.proで特に言えることで、IEM New York Online CISの勝者としてFlashpointに参戦します。

Flashpointの第2シーズンは11月10日に開幕します。グループステージのフェーズ1から始まり、2020年12月6日まで開催されます。FlashpointのTwitchまたはYoutubeチャンネルではライブ配信ですべての対戦を楽しむことができます。Pinnacleのeスポーツ専門ページでイベントのオッズをすべてご覧いただけます。

eスポーツ ホーム
最新オッズを見る
  • タグ

筆者について

Michael Moriarty

Michael has previously worked as an award winning freelance writer in the world of Esports for over 5 years, specialising in CS:GO and Rocket League. Outside of Esports and gaming, Michael is a supporter of AFC Wimbledon in football and occasionally watches a bit of snooker.

詳しく見る 閉じる