close
6 21, 2019
6 21, 2019

CS:GOベッティングのビギナーズガイド

Counter-Strike: Global Offensiveとは?

CS:GOにベットするには?

CS:GOベッティング:注目すべきポイント

CS:GOベッティングのビギナーズガイド

Counter-Strike: Global Offensiveは、過去10年の最も重要なeスポーツゲームの1つとして、フランチャイズの地位を強化してきました。その人気はCS:GOベッティングでも大きな成長を示してきましたが、もし読者の皆さんがそういったCS:GOへのベッティングを検討し始めたばかりのeスポーツファンなら、この入門ガイドが一歩目を踏み出す役に立つでしょう。

CS:GOとは?

Counter-Strike: Global Offensiveは、マルチプレイヤーでプレーするFPS(ファーストパーソン・シューティング)であり、テロリストとカウンターテロリストの2チームによる戦いが中心です。マッチは前半・後半が各15ラウンドで構成され、16ラウンド先取したチーム(時間切れになった場合を除く)がマッチの勝者となります。

ラウンドで勝利する(ポイントを稼ぐ)には、チームは相手チームのメンバー全員を倒すか、マップの目的を達成しなければなりません。

テロリストは、爆発物を仕掛け、時間切れになる前に確実に爆発させなければいけません。対して、カウンターテロリストは、爆発物が仕掛けられるのを阻止し、仕掛けられた場合にはこれを処理し、テロリストが目的を達成する前に時間切れとなるようにしなければなりません。

CS:GOの大まかな歴史

Counter-Strikeは1999年に、FPSゲームとして人気を博したHalf-LifeのModとして作られました。開発したのはMinh LeとJess Cliffeという二人の学生です。無料ダウンロードでリリースした当初は、それほど人気になるとは二人とも思っていませんでした。しかし二人の予想に反し、このMod(モッド)はたちまちヒット作となります。それから間もなく、Valveがこのゲームの知的財産権を買い取りました。

その後、シリーズは続き、2004年にはTurtle Rock StudiosがCounter-Strike: Condition Zeroを開発しましたが、対戦コミュニティの大多数は、同年後半まで、オリジナルタイトル(バージョン1.6)に残りました。Counter-Strike: Sourceのリリースにより、プレイヤーベースの大部分が物理エンジンの更新を目玉とする新しいゲームに移動したことで、8年近く続く分裂が生じました。最初のうちはCS:Sで大きなイベントがありましたが、対戦コミュニティのかなりの部分がCS 1.6に残りました。

マップは多様で、それぞれチームが特定のマップを他のチームより得意としています。CS:GOのマップに対するベッティングのオッズは、試合全体での勝率を反映しているとは限りません。

2012年、CS:GOがリリースされました。開発者はHidden Path Entertainmentという、以前Counter-Strike: Sourceのポストリリースに参加していた企業でした。目的は両方の対戦シーンを統一することであり、その最初のステップとして、1.6とSourceの両方のプレイヤーをテストプロセスに招待しました。このゲームは、リリース時には控え目な期待を持たれていて、コミュニティの一部に受け入れられるまでは少々時間がかかったものの、Valveが定期的に更新を続けたことから人気が高まりました。

ゲームの人気が大きく跳ね上がった時期の1つが、2013年8月のArms Dealアップデートの後です。ここでプレイヤーが武器装飾に使えるスキンが追加されました。このアップデートで驚くほど人気は高まり、Steamのプラットフォームでスキンのトレードやベットが可能になると、多数のプレイヤーが新たにこのゲームに参入しました。

トーナメント主催者がゲームのオープンサーキットに参入し、大きな大会が数多く登場したことで、eスポーツシーンは成長を続けました。最も栄誉あるトーナメントは、年2回のCS:GO Majorです。この大会はValveがスポンサーを務め、第三者が主催するもので、決まってTwitchの視聴者数記録を更新しており、100万ドルの賞金総額が呼び物です。Majorを1度でも開催したことのある主催者としては、ESL、DreamHack、MLG、ELEAGUE、PGL、FACEIT、StarLadderなどが挙げられます。

最強のチームは?

ご想像の通り、トッププレイヤーやトップチームはゲーム内で大きく変動します。執筆時点では、1年半にわたり世界のトップチームとして君臨し続けていた、かつての偉大なデンマークの大手チームAstralisが最近その地位を失い、王座をTeam Liquidに渡しました。トーナメントへの出場不足も一因ではあります。Liquidは、2018年早々のCloud9の敗退以来、北米最強チームの地位を守り、2019年に参加した各トーナメント(1つは出場禁止)で決勝に残り続け、CS:GOの世界の頂点を取りました。

上位10チームには、フィンランドのチームENCE、ゆっくり再構築されたフランスのチームVitality、成り上がってきたブラジルのFURIAなどがあり、首位を目指してジェットコースター級の動きを見せています。現在の上位5チームは、去年のこの時期のチームとは全く異なります。AstralisとLiquidに並び、去年とは別のFaZe、Na`Vi、mousesports rostersが、誰もが欲しがる上位の座を占拠しました。

CS:GOにベットするには?

ゲームの構造上、CS:GOベッティングは本質的にメジャーなチームスポーツのベッティングと変わりありません。チームAとチームBが対戦し、勝利・敗北・引き分けのいずれかで終わるという意味で、ベッティングの仕組みは同じです。

結果(誰がマッチアップに勝利するのか)へのベットはマネーラインと呼ばれます。提供されるオッズは、チームの勝敗記録や状況的要因に基づき、そのチームが持っていると思われる強さを反映しています。賭け金にオッズを掛け合わせたものが、あなたが受け取る払戻金です。

マッチは個別のマップから構成されているので、各マップの勝者とマッチ全体の勝者の両方に賭けることもできます。マップにはバリエーションがあり、チームによって得意なマップが異なるので、CS:GOマップでのベッティングオッズは、必ずしもマッチ全体の勝利オッズを反映しているとは限りません。

ピナクルではマッチアップ勝者のベッティングと並んで、ハンディキャップベッティングも提供しています。ハンディキャップでは、不均衡だと思われる能力に関して、オッズを調整します。調整のため、弱い方のチームに一定数のマップまたはラウンドを先に付け、優勢と思われるチームに同じマップ数またはラウンド数のハンディキャップを付けます。そのため、ハンディキャップは次のいずれかになります。

CS:GOハンディキャップオッズの例

チーム

ハンディキャップ

オッズ

NRG

+1.5

2.429

Astralis

-1.5

1.571

CS:GOの大会で提供されるベットとは?

ピナクルでは、ECS、ESL Pro League、ESL One、IEM、BLAST Pro Seriesに加え、これから始まるStarLadder Berlin Majorなど、すべての主要CS:GOトーナメントでベッティングを提供しています。オンラインとオフライン両方の定期イベントにもベットでき、このレベルでは本格的なCS:GOファンがベッティングで優位に立つことができます。

ピナクルのeスポーツイベントスケジュールでは、イベントの最新情報を確認できます。

CS:GOベッティング:注目すべきポイント

たいていのマルチプレイヤータイトルがそうであるように、CS:GOで成功できるかどうかは、個人のスキルとチームプレイの組み合わせにかかっています。ほとんどのトップチームが個人の才能という観点で強いメンバーを抱えていますが、最強レベルのチームはコミュニケーションに優れており、これがチームプレイの強化に繋がっています。

年2回のCS:GO Majorでは、決まってTwitchの視聴者数記録が更新されています。

CS:GOには、他の有名eスポーツのタイトルではあまり見られないユニークな特徴が数多くあります。例えば、様々なマップとそのマップに対するチームの熟達度です。試合全体では勝ち目の薄い(オッズに反映される)アンダードッグだとしても、特定のマップでの強さが証明されているなら、そのマップについてのベッティングでは本命になる可能性もあります。

2勝先取のベストオブスリー形式では、相手チームがマップを選ぶ前に、各チームが1つだけマップを拒否することができるので、チームの苦手なマップを知っていれば、とりわけ有利になります。

このCS:GOベッティングの入門ガイドを読み、ゲームの知識を使ってお金を稼ぎたい気持ちが高まってきたなら、ピナクルのオンラインで最高のCS:GOオッズにベットしてみてください。

eスポーツ ホーム
最新のCS:GOオッズを確認
  • タグ

筆者について

Michael Moriarty

Michael has previously worked as an award winning freelance writer in the world of Esports for over 4 years, specialising in CS:GO and Rocket League. Outside of Esports and gaming, Michael is a supporter of AFC Wimbledon in football and occasionally watches a bit of snooker.

詳しく見る 閉じる