close
10 5, 2021
10 5, 2021

Worlds 2021 - AbbedaggeとUpsetが失意からの復活

AbbedaggeとUpsetがWorlds 2021出場へ

League of Legends World Championship 2021の注目選手

Worlds 2021 - Fnatic "Upset"

Worlds 2021 - 100 Thieves "Abbeddagge"

Worlds 2021 - AbbedaggeとUpsetが失意からの復活

世界中から最高の選手たちがLeague of Legends World Championshipに集結します。注目選手として、Jack Stewartが、思いがけない参戦者、"Upset"と"Abbedagge"の2人の道のりにスポットライトを当てます。

5年間で6度のプレイオフ進出と1度のEuropean決勝進出。ドイツのサッカークラブのEスポーツチーム、Schalke 04は国際舞台に立ったことはないかもしれません。しかし、ほとんどのEスポーツ組織が夢見ることしかできないLeague of Legendsで競争力を持っていた時期があったと言っても間違いないでしょう。

Schalke 04は究極のアンダードッグでした。チームのLoLの旅はヨーロッパのChallenger Seriesに降格するところから始まりましたが、そこでくじけずに頑張り、1年で復帰することができました。大きな予算を割り当てられることはなくとも、スター選手を失うたびに強力な選手名簿を作り直してきました。

inarticle-esports-pinnacle-promo-worlds21-en.jpg

PinnacleのWorlds 2021ベッティングプレビューを読む。

そして、そう、あのミラクルランが起きたのです。League of Legends European Championship (LEC)がこれまで目撃した中で、最高の瞬間であり、心地よいストーリーの1つです。2020年は、Schalke 04にとって散々な年でした。チームは春のプレイオフの出場権を獲得できず、夏を7連敗でスタートさせました。

失うものが何もないSchalke 04は、恐れることなくプレイしてポイントを積み重ね、プレイオフ進出に望みをつなげました。ただし、その可能性はわずか4%というものでした。それが何としたことか、チームはその驚くべきオッズを克服し、地域の最強チームのいくつかを下して、奇跡的にトップ6入りを果たしたのです。

Schalke 04の真の遺産は、チームが育成したエリート選手、つまりElias "Upset" LippとFelix "Abbedagge" Braun"です。

悲しいことに、奇跡の立役者たちはWorld Championshipsの出場権をわずかの差で逃してしまいました。ここ何年も、このチームが繰り返し味わってきたことです。これにより彼らのLECはいっそう悲痛な幕切れとなりました。

しかし、ある人生が終わると、別の人生が始まると言うではありませんか。

Schalke 04の真の遺産は、チームが育成したエリート選手です。まさにそのとおりのことが起こります。Schalke 04のLECステージ最終ゲーム終了からわずか数週間後、このチームが生み出した最も優れた2人の選手、Elias “Upset” LippとFelix “Abbedagge” Braunが、揃ってWorlds Championshipsへの出場資格を初めて獲得しました。

この2人のドイツ人のスーパースターは、比喩的に表現すると、Schalke 04の旗を最後にもう一度掲げて、全Eスポーツで最大のステージの1つにそれを持ち込むのです。まさに、Schalke 04の象徴を詩的に体現する頂点への旅です。

動揺(Upset)しない

"Upset"は常に才能にあふれていました。2018年の夏にLECデビューを果たしたときでさえ、昇格を勝ち取ったChallenger Seriesチームの中からSchalke 04が保持した唯一のプレイヤーとして高い評価を獲得しました。

"Upset"がSchalke 04を史上初めてEuropean決勝に導くのはそのシーズンでした。それは残念な結果に終わり、Regional Gauntletもうまくいきませんでしたが、その時点ですでに、"Upset"はその地域で最強のボットレーナ―の1人としての地位を確立していました。

しかし、その後も数年間Worlds出場を果たせなかったことで、彼は懐疑論者からの批判の矢面に立たされることになりました。"Upset"は、2018年に再び地域予選でWorldsへの切符をつかみ損ねました。その後、Origenに移籍を果たしますが、悲惨な結果に終わるのです。

クレジット:Tim Sevenhuysen (Travis Gafford Youtubeチャンネルより)。

それでも、センセーショナルなADキャリーとしての彼の名声は揺らぎませんでした。この年、彼はライフラインだけでなく、キャリアを決定づけるチャンスを手にしました。2020年のオフシーズンにFnaticの伝説的なボットレーナ―、Martin “Rekkles” Larssonの後任に指名されたのです。

"Upset"はその年、年間を通して見事な働きを見せましたが、再び目標を達成できないのではないかと危惧されていました。春のプレイオフからの悲惨な早期敗退が疑いの種をまきました。そのときFnaticはシーズン途中にGabriel "Bwipo" Rauの役割をジャングラーに替え、新人のAdam "Adam" Maananeと契約するという大きなリスクを冒していました。

出場資格を逃す寸前だったにもかかわらず、Fnaticはプレイオフを勝ち切りました。Fnaticは、Team Vitalityおよび驚くほど強力なMisfitsチームとのスリリングな5本勝負を含む敗者復活の山を上り詰めました。ただし、本当のチャレンジはこのすぐ後にやってきました。

この年、彼はライフラインだけでなく、伝説的なボットレーナ―、Martin “Rekkles” Larssonの後任という、キャリアを決定づけるチャンスを手にします。

"Upset"がWorldsのスポット獲得まであと少しに迫ったとき、彼の前にG2 Esportsと彼の前任者の"Rekkles"が立ちはだかりました。それはFnaticと最古のライバルとの対戦であり、"Upset"と長年の比較に耐えてきた選手との対戦でした。すべてはヨーロッパの最後のWorldsのシードのためです。

この元Schalke 04の選手がついにその瞬間を迎えるために、これ以上の機会もこれ以上ふさわしい方法もありませんでした。過酷な5試合の後、"Upset"は恐怖に打ち勝ち、伝説のライバルに勝利して、ついにワールドクラスのボットレーヤーであることを証明したのです。彼は一連の試合を一心不乱に戦い、ゲーム2で13キルを達成しました。これはその夏のLECプレイオフゲームの最多記録です。

そしてそれは、"Upset"が一貫して維持したレベルでした。Fnaticは、他のどのチームよりはるかに多い22試合をプレイしましたが、それでも"Upset"はKills Deaths Assists (KDA)の最高値(9)を確保し、1試合あたりのデス数はわずか1.2という驚異的なものでした。

"Upset"はついに潜在能力を開花させたのです。中国と韓国のチームと対決することにより、さらに進化するのは間違いありません。

ある日突然

"Upset"と比べれば遅咲きでしたが、"Abbedagge"は一気にスターダムに駆け上がりました。このドイツ人のミッドレーナ―は、Schalke 04で驚異的なパフォーマンスを見せた後、今年前半のミッドシーズンブレーク中に北米のLeague of Legends Championship Series (LCS)の100 Thievesへの移籍を決めました。

"Abbedagge"は、2019年シーズンに先立ち"Upset"のいるSchalke 04に加入し、初めてメジャーリーグでプレイすることになりました。チームは夏のプレイオフで3位に入りましたが、"Abbedagge"は目立つことができませんでした。ミッドレーンはもちろん非常に重要で影響力のある役割ですが、このドイツ人は新たな環境で迷子になったようでした。彼は試合中も試合外でもシャイだったのです。

2020年に入ると、キャスター陣は"Abbedagge"がスクリムで異彩を放っているという噂に言及し始めましたが、そのパフォーマンスが公式戦に反映されることはありませんでした。

クレジット:"The Heist" (100 Thieves Esports Youtubeチャンネルより)

"Abbedagge"が前述のミラクルランで主役を演じたのは、その夏の後半のことでした。突然、彼はステップアップして、驚愕のプレイで試合を支配したのです。ついに"Abbedagge"は自信をみなぎらせ、真のポテンシャルを爆発させました。

1年後、その爆発力が、彼にLCSへの巨額の移籍をもたらしました。移籍金は€100万($120万)と噂されています。"Abbeddage"はすぐに全力で取り組み、そして100 Thievesは突然、順位表のトップに立ったのでした。"Abbedagge"は、トルコでチームメートだったジャングラーのCan "Closer" Celikと見事に連携し、スーパースターのトップレーナーKim "Ssumday" Chan-hoの活躍もヘルプすることで、難なくチームになじむことができました。

100 Thievesはついに、求めてやまなかった才能あふれるミッドレーナ―を手に入れました...。"Abbedagge"はその夏、全LCSミッドレーナ―の中で最高KDA (4.5)を記録しました。

春にTanner “Damonte” DamonteとTommy "Ryoma" Leの両者に失望した後、100 Thievesはついに、求めてやまなかった才能あふれるミッドレーナ―を手に入れたのです。"Abbedagge"はその夏、全LCSミッドレーナ―の中で最高のKDA (4.5)を記録し、その後、LCS Championshipsの間、非サポートプレイヤーとして最高平均アシスト(7.1)を記録しました。

チームはレギュラーシーズンの終わりに向けて調子を落としましたが、100 ThievesはLCS Championshipsまでに持ち直して、チーム史上初めてトロフィーを掲げることができました。"Abbedagge"は、役立たずとか本番に弱いなどの批判を一蹴しました。最初のLCSスプリットで、彼は初めての決勝進出を果たし、最初のメジャートロフィーを獲得しました。

"Abbedagge"と"Upset"はどちらもシーズンを通して素晴らしい活躍を見せましたが、最大のチャレンジはこれからです。

Worldsのステージで成功し、精鋭チームに所属していることを証明することが、Schalke 04に対する最高の感謝と別れの言葉となります。それによりSchalke 04はついにこう言えるのです。すべてのEスポーツで最も名誉あるトーナメントにわずかでも影響を与えることができたと。

最新のLeague of Legends Worldsのオッズをご覧ください。

eスポーツ ホーム
Worlds 2021の最新オッズを見る
  • タグ

筆者について

Jack Stewart

スポーツジャーナリズムで経験を積んだJackは、数年前、イギリスの新聞で初のeスポーツ常勤ジャーナリストとなったのを機にeスポーツ分野でのキャリアをスタート。ここ数年はLeague of Legendsを徹底的に追い求め、Pinnacleで専門的な見識を伝えています。

詳しく見る 閉じる