close
1 20, 2023
1 20, 2023

LCSスプリングスプリットプレビュー

LCSに参戦するチームは?

登録メンバーの変更でLCSに激震が走る?

本命のチームはどこでしょうか?

LCSの台風の目となりそうなチームは?

LCSスプリングスプリットプレビュー

ついにオフシーズンが終わり、LCSがスクリーンに帰ってきます。熱狂と大混乱のアクションに満ちた1年がまた始まります。木曜、金曜、土曜の開催に移行し、前進するリーグがどうなるか誰にもまったくわかりません。

新しい顔ぶれでわからないことだらけの登録メンバーについても同じことが言えます。今年のリーグはまったく予想がつかなそうです。そこで、この混戦模様を調べて、10チームそれぞれについて予想のヒントをお届けしたいと思います。

100 Thieves

まずは誰もが気になっている話題を取り上げましょう。100 Thievesは、LCS最大のレジェンドと呼ばれる2人、Søren "Bjergsen" BjergYiliang "Doublelift" Pengと契約しました。“Bjergsen”は昨年Team Liquidで復帰を果たし(チーム自体は残念な結果に終わりましたが)、“Doublelift”は最近復帰したばかりです。当然、2人が今もどれほどの実力を維持しているのかわかりません。

少なくとも、彼らの経験は間違いなくルーキーのMilan "Tenacity" OleksijAlan "Busio" Cwalinaに良い影響を与えるでしょう。特に“Tenacity”は極めて有望なプレイヤーですが、他のルーキーと同じく時間が必要です。

プレーオフになったら手ごわいチームになりそうですが、間違いなくその途中でつまずくことがあるでしょう。

Cloud9

現王者のCloud9はスタートから好調でしょう。チームのキャリーがどれほど素晴らしいか、皆よく知っているはずです。

Cloud9に新しく加入したのは1人だけです。ドイツのミッドレーナーでヨーロッパの有望選手であるDimitri "Diplex" PonomarevはVitality.Beeで活躍していました。Cloud9のスカウト部門はいつも素晴らしい才能を見つけてくるので、彼の可能性に間違いはないでしょう。しかし、それだけで上手くいくとは限りません。

そして、Jesper “Zven” Svenningsenはサポートとしてスプリットに参加するのがまだ2回目なので、どうなるかわかりません。リーグ最強のチームの1つであることは間違いありませんが、すぐに頂点に立てるかは未知数です。

Counter Logic Gaming

CLGはメンバー変更を行っていない唯一のチームです。期待以上の活躍を見せるメンバーを引き続き貫くようです。

リーグの他チームの変化が未知数であるということは今後の課題ですが、前回のスプリットで上位3チームに挑んだチームであることに変わりありません。

Niship "Dhokla" Doshiに注目してください。可能性を大いに感じるプレイヤーです。伝説的なトップレーナーであり、CLGの新しいポジションコーチであるPaul “sOAZ” Boyerのサポートで、彼はモンスターに化ける可能性があります。

現実的に、今年このチームが上位チームに食い込むかわかりませんが、これまでも予想を裏切っています。

Dignitas

Dignitasは影響力のあるプレイヤーと契約を結んできました。これはチームが切実に必要としていたものでした。

常にリーグ最高レベルのジャングラーであるDaneが加わったため、Lucas "Santorin" Tao Kilmer Larsenはオフシーズンの契約になるかもしれません。Daneは多くの才能を抱えながらも不安定なチームに、念願のリーダーシップと安定力をもたらすでしょう。

İrfan Berk "Armut" Tükek Nicolaj "Jensen" JensenLee "IgNar" Dong-geunは、両方の意味でゲームチェンジャーとなる可能性があります。奇跡的なカムバックを成功させるかもしれないし、思わぬ敗北を味わうかもしれません。

特にプレーオフについては、“Armut”が心配です。“Armut”のチャンピオンプールが極めて限られていることは有名なので、他のチームはそこを狙ってくるでしょう。

Evil Geniuses

初期の頃から推しているチームであり、ここの登録メンバーは非常に強そうに見えます。

Jeong "Impact" Eon-youngを失ったことは痛手ですが、彼に代わるKim "Ssumday" Chan-hoは非常に優れたプレイヤーです。2人ともウィークサイドのプレイを得意としていますが、“Ssumday”はキャリーの役割を担うことを好んでおり、EGはそれに合わせる必要があるでしょう。

また、彼らはIan Victor "FBI" Huangとのプレイに慣れる必要もあります。"FBI"はとても優秀なボットレーナーで安定感があり、問題なくチームになじむでしょうが、昨年のKyle “Danny” Sakamakiのようなポテンシャルはそれほどありません。

プラグアンドプレイ式の変更で、EGは良いスタートを切るはずですが、昨年と同じ高みには届かないかもしれません。

FlyQuest

ここの登録メンバーはとても興味深く、エキサイティングな可能性を秘めています。

“Impact”とMingyi "Spica" Luとの契約は、ビジネス的に非常に良い決断だったと言えるでしょう。若手のサポートプレイヤーBill "Eyla" Nguyenは、プレイヤーの多いTeam Liquidで、昨年は控えながらも注目のプレイヤーでした。今回スターターメンバーの彼は、サポートロールのLCSベストプレイヤーの1人として頭角を現すでしょう。

しかし、本当に取り上げるべきは、ミッドレーナーLee "VicLa" Dae-kwangボットレーナーLee "Prince" Chae-hwanの2人のLCKプレイヤーの加入です。特に“Prince”は、昨年の夏にLCKのボットレーナーの統計でPark "Ruler" Jae-hyukに次いで2位に入っており、注目を集めている有望プレイヤーです。

2人がアメリカの生活にどう適応し、今まで一緒にプレイしたことのないこの5人のプレイヤーがどう打ち解けるか、FlyQuestは今まさに未知のチームです。彼らは大失敗する可能性もありますが、リーグを盛り上げ、手中に収めるかもしれません。

Golden Guardians

Golden Guardiansは安定していて、才能のあるプレイヤーが何人かいますが、最終的に上位に入るかどうかはわかりません。

Choi "huhi" Jae-hyunはとても優秀なサポートプレイヤーであり、天性のリーダーでもあります。彼はチームへの指示出しで、大きな影響を与えるかもしれません。しかし、それにはJungler Kim "River" Dong-wooがDignitasで見せた調子を取り戻し、新しいミッドレーナーのKim "Gori" Tae-wooがスクリムで見せるという噂の方法で他チームを撃破する必要があります。

Immortals

Immortalsは昨年末、調子を出し始めましたが、大きな影響を生むには力不足でした。今年もおそらく同じようになるでしょう。

Shane "Kenvi" Espinozaは間違いなく素晴らしい才能を持っており、Nicholas Antonio "Ablazeolive" Abbottはミッドレーンの優秀な契約選手です。しかし、このチームが今シーズン他のトップチームを大きくかき回すかはわかりません。

Team Liquid

Team Liquidは例年通り、登録メンバーがとんでもない活躍を見せてくれるでしょう。

DRXでWorldsを制したジャングラーのHong "Pyosik" Chang-hyeonは、大物契約選手です。また、トップレーナーのPark "Summit" Woo-taeもCloud9での活躍で、どれほど優秀かは折り紙付きです。

ですが、主要選手と言えば、オーストラリアのミッドレーナー Harry "Haeri" KangとアメリカのボットレーナーSean "Yeon" Sungです。2人はTeam Liquidのアカデミーから昇格してきたプレイヤーで、大きなプレッシャーを感じているでしょう。

面白いことに、2人とも韓国語を少し話すので、チーム全員での会話は韓国語でできるはずです。しかし、シナジーを見せるかはまだわかりません。

2人の昇格プレイヤーがステップアップすれば、年末にTeam Liquidは侮れないチームになっているはずです。

TSM

最後に、TSMです。この伝説的なチームが今年多くを成し遂げられるか、特に昨年の舞台裏での騒動を考えるとわかりません。

“Spica”を失ったことは大きな痛手で、Lee "Bugi" Seong-yeopがラテンアメリカのリーグでのプレイ後、どのような活躍を見せるか、予想が難しいところです。このメンバーには、ゲームを支配できるような注目プレイヤーがいません。名高いミッドレーナーHuang "Maple" Yi-Tangも、昨年は圧倒的な活躍がそれほど見られませんでした。

チームのシナジーとコーチングが物を言うでしょう。確かな要素もありますが、リーグに参入してくる他チームの才能あるプレイヤーのことを考えると、彼らが上位に入るには苦労しそうです。

eスポーツ ホーム
最新のリーグ・オブ・レジェンドのオッズをご覧ください。
  • タグ

筆者について

Jack Stewart

スポーツジャーナリズムで経験を積んだJackは、数年前、イギリスの新聞で初のeスポーツ常勤ジャーナリストとなったのを機にeスポーツ分野でのキャリアをスタート。ここ数年はLeague of Legendsを徹底的に追い求め、Pinnacleで専門的な見識を伝えています。

詳しく見る 閉じる