close
6 28, 2019
6 28, 2019

チームファイト・タクティクス(TFT)のビギナーズガイド

チームファイト・タクティクス(TFT)とは?

TFTのビギナーズガイド

レベルアップとチャンピオンのドラフト

チームファイト・タクティクスの最善の戦略

チームファイト・タクティクス(TFT)のビギナーズガイド
チームファイト・タクティクスとはどういったもので、どのようにプレイするのでしょうか? TFTのオリジン、クラス、ゴールド、最善の戦略を扱うTFTのビギナーズガイドで確認しましょう。詳しくは、この記事をお読みください。

チームファイト・タクティクスとは?

チームファイト・タクティクスは、TFTとも呼ばれるもので、8人のプレイヤーがチェスに着想を得たボードでラウンドロビン方式で争うオートバトルゲームです。プレイヤーには、ゲーム開始時に最初のチャンピオンセットを購入するための一定のゴールドが与えられます。そして、ゲームが進むと、見事に対戦相手を打ち破って生き残ったプレイヤーは収入としてゴールドを獲得し、チャンピオンのラインアップを強化できるようになります。ゲームの目的は、ラウンドロビンで生き残るチャンピオンのラインナップを打ち破ることで、他7人の対戦相手の体力(HP)を削り尽くすことです。

TFTのビギナーズガイド:ゲームの構造

TFTは、複数のステージに分かれています。戦闘準備フェーズ、ドラフトピック、戦闘フェーズ(PvP)、戦闘フェーズ(PvE)があります。その名の通り、戦闘準備フェーズは、自分のチャンピオンラインナップをボード上に選抜し、ゴールドで買い物をするゲーム中の期間です。ドラフトピックは、ゲームの最初に行います。また、数ラウンドごとにチャンピオンを1体選ぶことができます。PvPフェーズでは、2体のチャンピオンラインナップが互いに争い、PvEフェーズでは、自分のラインナップと、倒せばアイテムを落とすAI制御モンスターが争います。

チームファイト・タクティクスでのゴールドの使用

ゴールドはTFTにおける重要なリソースで、これにより、チャンピオンを購入したり、ストアをリフレッシュしたり、レベルアップ速度を上げたりすることが可能になります。ゴールドは、プレイした各ラウンドごとに自動的に獲得できます。インベントリにあるゴールドの額に対する利息も獲得できます。また、PvPラウンドでの勝敗に対するボーナスが与えられます。チャンピオンを売却した場合にもゴールドが入ります。

ゴールドの経済マネジメントは、オートバトルにおける極めて重要な部分であり、現在のラウンドならびに今後のラウンドでラインナップの購入やアップグレードに必要となるゴールドの額を評価して、TFTでどの程度勝てそうかを判断できます。

レベルアップとチャンピオンのドラフト

レベル1から最高レベル9までの各レベルで、チャンピオンを1体ずつボードに追加し、進行に応じてより適切なチャンピオンを利用することができるようになります。プレイしたラウンドごとに経験値(XP)を2XP獲得しますが、4ゴールドを4XPと交換することができます。XPのためにゴールドを使用するかどうかは、ゲームの早い段階で選出した最初のチャンピオンセットにかかる全体的な戦略によって決定します。

適切なチャンピオンラインナップを見定めるにあたっては、ゴールドで購入できるチャンピオンは完全にランダムであるため、プレイヤーが1つの戦略にこだわるのは困難であり、即興で判断できるプレイヤーには有利です。各チャンピオンには、合計13種のオリジンと10種のクラスから、それぞれに固有のオリジンとクラスがあります。類似のオリジンとクラスを特色とするラインナップを選出することで、組み合わせるチャンピオンに対応する強化をかけ、次のラウンドでの直接対決の勝率を上げるのに利用できます。

チャンピオンの強化:アイテム、星レベル、チャンピオンコスト

選抜したチャンピオンは、アイテムと星レベルという2つの主要手段で強化できます。

アイテムを特定のチャンピオンにアタッチすると、与えるダメージ量を多くしたり、攻撃に固有の特性を持たせたりできます。アイテムは、ドラフトラウンドおよびPvEフェーズ中に入手できます。

一方、星レベルは、同一チャンピオンの合成を伴うもので、基本能力値全般が強化されます。1レベルのチャンピオンを3体合体させると、2レベルのチャンピオン1体を作成できます。2レベルのチャンピオンを3体合体させると、3レベルのチャンピオン1体を作成できます。

チャンピオンはティアシステムにより値段が決まり、ティア1のチャンピオンには1ゴールド、ティア2のチャンピオンには2ゴールドかかるといった具合に、ティア5まで続きます。一般的に、チャンピオンのティアが高いほど強くなりますが、ボードをティア5のチャンピオンで埋めたいと思っても、入手は極めてまれなことだと知ることになります。

チームファイト・タクティクスのオリジンとクラス

前述のとおり、TFTには10種のオリジンと13種のクラスがあり、それぞれがチャンピオンの固有の特性を形作ります。類似のオリジンやクラスをもつチャンピオンを組み合わせると、強化特性が解放され、対応するチャンピオンの強さを大きく向上させることができます。

10種のオリジンは次のとおりです。デーモン、ドラゴン、エグザイル、グレイシャル、ロボット、インペリアル、ノーブル、ニンジャ、パイレーツ、ファントム、ワイルド、ヴォイド、ヨードル。

13種のクラスは次のとおりです。アサシン、ブレードマスター、ブローラー、エレメンタリスト、ガーディアン、ガンスリンガー、ナイト、レンジャー、シェイプシフター、ソーサラー。

オリジンとクラスの詳細については、Riot Gamesがプレイヤーの参照用にチャンピオンの便覧を提供しています。

チームファイト・タクティクスの最善の戦略

TFTのメタゲームはまだ開発されていませんが、最善の戦略は、共通のクラスとオリジンを理想的に共有する初期チャンピオンのセットを選択してアップグレードすることを中心に展開します。

構成としては、レベル6になるまでに、高いダメージを与えられるパワーと攻撃ダメージ処理の両方を備えたフロントラインのタンクまたはブローラー3体を含めるべきです。このレベルを過ぎると、プレイヤーは、「超成長」や「ソーラーフレア」のような敵ラインナップの混乱を招く能力を提供可能な、ルルやレオナなどのサポートチャンピオンの追加を検討する必要が出てきます。レベル2やレベル3にアップグレード済みのチャンピオンを手にすることは、ラインアップの生存率を向上させることにおいて大いに役立ちます。それゆえ、機会があるごとに、ゴールドを使って星レベルを上げるのに必要な関連チャンピオンを得ることを強くお勧めします。

プレイヤーは、対戦相手のHPが自分より高かったり、対戦相手が脱落し始めたりすることから、ゲーム中盤までに自分のラインナップが強いかどうかが完全にわかります。この状況ではゲームから敗退させられる恐れがあると気付いた場合は、違う方法でチャンピオンを配置することを検討します。あるいは、ラインナップの中で動きが悪いと考えるチャンピオンを急いで売却し、より適切なチャンピオンと交換します。

TFTのゲームで初めて勝利を上げるのは、簡単ではないかもしれません。新しく作られたオートバトルというジャンルでは、多くの人が同じ境遇にあります。ゲームの黎明期には、メタが時間経過とともに移行し進化するので、チャンピオンのラインナップについて創造性のあるプレイヤーが、最も成功を収められる可能性があります。

eスポーツ ホーム
ぜひ、Eスポーツブログをご確認ください。
  • タグ

筆者について

Kristian Medina
Kristian is a writer & videographer for Pinnacle Esports having studied English Language & Media at De Montfort University. He's the go-to guy when it comes to League of Legends.
詳しく見る 閉じる