7 22, 2021
7 22, 2021

東京2020オリンピック:男子サッカートーナメントのプレビュー

東京2020男子サッカートーナメントの優勝候補は?

東京2020男子サッカー:番狂わせを起こしそうなチームは?

東京2020男子サッカーのプレビューとオッズ

東京2020男子サッカーのメダル候補

東京2020オリンピック:男子サッカートーナメントのプレビュー

世界で最も才能あふれる若手のサッカー選手たちが、東京2020男子サッカートーナメントでオリンピックメダルを狙っています。ブラジルはタイトルを守れるでしょうか、日本は自国の地で金メダルを獲得するでしょうか、それとも表彰台の一番上に立つのは別のチームでしょうか? 東京2020男子サッカートーナメントのプレビューをお読みください。

東京2020男子サッカートーナメント:スケジュール

7月22日(木) - 7月28日(水):グループステージ

7月31日(土):準々決勝

8月3日(火):準決勝

8月6日(金):3位決定戦

8月7日(土):決勝

東京2020男子サッカートーナメント:グループ

グループ

チーム

グループA

フランス、日本、メキシコ、南アフリカ

グループB

ホンジュラス、ニュージーランド、ルーマニア、韓国

グループC

アルゼンチン、オーストラリア、エジプト、スペイン

グループD

ブラジル、ドイツ、コートジボアール、サウジアラビア

各グループの上位2チームが準々決勝に進みます。そこからトーナメントはノックアウト形式となり、準決勝で負けた2チームが3位決定戦にのぞむことになります。各チームは22人の選手を登録でき、その中に1997年1月1日以前に生まれた選手を3人まで含めることができます。

東京2020男子サッカートーナメント:本命は?

チーム

オッズ

スペイン

2.940*

ブラジル

4.040*

日本

6.770*

フランス

7.060*

アルゼンチン

10.090*

ドイツ

11.100*

韓国

16.140*

メキシコ

21.190*

スペインは、2.940*で本命としてかろうじてベッティング市場をリードしています。その主な理由は、才能ある選手がチームにたくさんいるということです。ヘッドコーチのLuis de la Fuenteは、Unai Simon、Pau Torres、Eric Garcia、Pedriなどを招集しました。彼らは全員、それぞれの国の代表としてEuro 2020の準決勝に進んでおり、Pedriは最優秀若手選手賞も受賞しました。

Andre Pierre-Gignacが率いるフランスの攻撃は、経験が頼りです。

他の注目選手には、Real MadridのMarco Asensio、ArsenalのミッドフィルダーDani Ceballos、RB LeipzigのフォワードDani Olmoがいます。Fuenteは数ある選手からメンバーを選ぶことができるため、タイトなトーナメントスケジュール中も余裕を持ってメンバーを入れ替えることができます。この本命チームにとってメダル以外の結果は望ましいものではないでしょう。

オッズでスペインの後を追うのはブラジルです(4.040*)。ディフェンディングチャンピオンは、リオ2016の決勝でドイツとのPK戦で勝利をおさめ、ブラジル初の男子サッカー金メダルを獲得しました。ブラジルチームの顔ぶれから、連覇を狙っていることがうかがえます。チームのキャプテンは、現在Sao Pauloで活躍する38歳のDani Alvesで、このトーナメントで彼の幅広い経験が重要であることが証明されるでしょう。

例によって、ブラジルには攻撃において驚異的な選手が複数います。例えば、Hertha BerlinのMatheus Cunhaは、U-23のブラジル代表として19試合に出場し18ゴールを決めています。他にArsenalのGabriel Martinelli、元BarcelonaのフォワードMalcomなどがいます。ミッドフィールドが手薄になりそうだと言われることもありますが、トーナメントでは生来の才能に頼って、他のほとんどの面で打ち勝つ準備を整えているようです。

日本 (6.770*)は、近年若手の成長で称賛されることが増えており、このトーナメントは日本チームが試される興味深い機会になりそうです。日本チームは、自国を拠点とする選手と欧州のクラブの選手でバランスがとれています。現Sampdoriaで元Southamptonディフェンダーの吉田麻也がキャプテンを務めます。

しかし、最も注目すべき選手はReal Madridのミッドフィルダー久保建英でしょう。彼はまだクラブの一軍のメンバーになっていませんが、最近ではVillarrealとGetafeでのレンタル期間に活躍を見せ、すでに日本代表としてシニアレベルで11試合に出場しています。PSVの堂安律とStuttgartの遠藤航と共に、本トーナメントで最も技術的な才能に優れたミッドフィルダーの1人として日本チームを背負うことでしょう。

フランスチーム(7.060*)は、複数のクラブから本トーナメントに選手を派遣することを拒否されましたが、それでもディフェンスに優れた選手を含む強いチームを作ることができています。実際に、PSGのTimothee Pembele、AC MilanのPierre Kalulu、Real SociedadのModibo Sagnanはクラブレベルで確かな活躍を見せており、ゴールキーパーのPaul Bernardoniには複数の欧州のトップチームが関心を寄せていると言われています。

攻撃面では、元Newcastle UnitedとMarseilleのフォワードFlorian ThauvinとキャプテンのAndre-Pierre Gignacがいるため、経験に頼る傾向があります。Andre-Pierre Gignacは2016年以降、どのレベルでも母国の代表として出場していませんが、Liga MXで常に印象的な活躍を見せ、Tigres UANLの選手として261試合に出場し、149ゴールを積み重ねています。

東京2020男子サッカートーナメント:注目の大穴

韓国 (16.140*)は、アジアのユースレベルで常に実力を証明しており、2014年と2018年のアジア大会、2020年のAFC U-23アジア選手権では金メダルを獲得しています。韓国チームはリオ2016の男子サッカートーナメントで準決勝に進出すべきだったとも言われています。当時、かなり優勢だった準々決勝の試合でホンジュラスに1-0で敗れました。

Kim Hak-bumのチームは韓国を拠点とする選手が多く、BordeauxのHwang Ui-joとValenciaのLee Kang-inだけが例外です。Lee Kang-inは才能にあふれる若手として広く評価されており、同じ試合で2回のゴールをアシストした最も若手の選手となり、昨シーズンのLa Ligaで記録を残しました。

コートジボアール (51.430*)はブラジルとドイツと同組という競争の激しいグループに入りましたが、チームには注目選手がひしめき合っています。Manchester UnitedのディフェンダーであるEric Baillyは、やはり注目に値するTorinoのWilfried SingoとAjaccioのIsmael Dialloと共にバックラインをリードします。AC MilanのFranck Kessieも中盤を支え、チームは守備の固いチームであることを簡単に証明できるでしょう。

攻撃には、BaillyのクラブメイトであるAmad Dialloと経験豊富なフォワードMax Gradelがいます。グループDを突破するために、Soualiho Haidaraはチームに最高のパフォーマンスを求めるでしょう。彼らがグループを何とか突破できれば、トーナメントの後半ステージも射程圏内です。

東京2020女子サッカートーナメントのプレビューのチェックもお忘れなく。Pinnacleによる素晴らしいオッズをご覧いただき、たくさんのオリンピックマーケットにベットしましょう。

オッズは変更される場合があります

ベッティングリソース - あなたのベッティングをパワーアップ

オンライン最高クラスの充実度を誇るピナクルのベッティングリソースでは、専門家によるベッティングのアドバイスをご覧いただけます。ベッティング経験の長さを問わず、ベッターの皆様がパワーアップできる知識をお伝えすることが目的です。