7 19, 2021
7 19, 2021

東京2020オリンピック:注目の日本人アスリート

東京2020の日本のメダル候補は?

日本の活躍が予想される競技は?

東京2020での日本のメダル獲得数予想は?

東京2020オリンピック:注目の日本人アスリート

今年のオリンピックが自国で開催される日本の有名アスリートたちは、東京2020で日本のヒーローになることを目指しています。報道によると、リオ2016のメダル獲得数表で6位に入った日本は、今大会で5位以内を狙っています。日本で最も有力なメダル候補、そして東京2020で注目すべき日本のアスリートは誰でしょうか?

大坂なおみはオリンピック金メダリストになれるか?

世界ランキング2位の大坂なおみは、テニスの女子シングルスで最も有力な金メダル候補の1人とされています。23歳の大坂はこれまでのところ波のある2021年を過ごしており、全豪オープンで優勝した後、記者会見に参加しないことを決めて議論を呼ぶ中、全仏オープンを棄権し、東京2020に集中するためにウィンブルドンも欠場しました。

2回のグランドスラムチャンピオンである大坂は、今大会で誰もが知る日本代表の選手であり、開催国で最も有力な金メダル候補の1人となるでしょう。しかし、Ashleigh BartyやAryna Sabalenkaといったライバルの存在など、競争は厳しく、無観客開催のためホームアドバンテージも減ってしまい、大坂が表彰台に立つには最高のパフォーマンスをすることが求められます。

日本は野球で金メダルを獲得できるか?

野球がオリンピック競技に採用されるのは北京2008以来となります。Pinnacleのベッティング市場は、日本のホームアドバンテージが今大会最初の金メダル確保に重要な役割を果たす可能性があることを示唆しています。日本は、アメリカ(4.120*)と韓国(6.090*)よりも優位で、金メダルの本命(2.220*)であり、最近の調子も良さそうです。

実際、日本は現在WBSC世界ランキングの1位で、21世紀に入ってからアジア野球選手権では常に上位で、オリンピックの野球トーナメントでは必ず準決勝に進出しています。また、野球は今日本で最も人気のある観戦スポーツなので、開催国にとっては野球の金メダルを狙う確かなモチベーションになるでしょう。

川井がレスリングのタイトルを防衛

レスリングは、最近のオリンピックで日本のメダルの豊富な獲得源になっていて、リオ2016では12個の金メダルのうち4個をレスリングで獲得しました。

川井梨紗子は、リオ2016で制したレスリングフリースタイルのタイトルを防衛することになるでしょう。

中でも川井梨紗子はリオ決勝でベラルーシのMaria Mamashukを相手に3-0で圧勝し、女子63キロ級フリースタイルで表彰台の頂点に立ちました。それから26歳の川井は世界選手権で3回、アジア選手権で3回優勝しており、自国の地で新たなオリンピックメダルを手にすることが有力視されています。

東京2020の女子57キロ級フリースタイルの優勝オッズは、現在川井が1.833*で、Rong Ningning (2.650*)、およびIryna KurachkinaとOdunayo Adekuoroye (ともに5.300*)を引き離し、優勝候補の大本命となっています。2020年のアジア選手権では金メダルを獲得しており、調子が良いときの川井がどれほど手ごわい相手となるか、記憶に刻み込まれています。

豊富な水泳のメダル候補

日本は、東京2020で選りすぐりの注目すべきメダル候補を抱える、強い水泳チームを送りこんでくることが確実視されています。その中には、ロンドン2012とリオ2016で獲得した4つのメダルに新たなメダルコレクションを追加しようとしている萩野公介がいます。彼は、男子の個人メドレーと200m自由形で注目の選手です。

彼は200m自由形で松元克央と競うことになります。24歳の松元は、2018年アジア大会と2019年の世界選手権で銀メダルを獲得しており、Pinnacleでは東京五輪金メダルのオッズが5.880*となっています。

他には、大橋悠依が女子200mと400mの個人メドレー両方で最有力候補の1人として考えられています。各種目での彼女のオッズは4.460*と3.810*になっています。彦根出身の水泳選手である大橋は、2018年のパンパシフィック選手権の両種目で優勝し、初のオリンピックメダル獲得に自信を持つことは当然と言えます。

桃田がバドミントンの栄光を狙う

桃田賢斗は、バドミントン男子シングルスで日本初のオリンピックチャンピオンを目指しており、本命であることを証明したいと望むでしょう。26歳の桃田は世界ランク1位として今大会に臨み、Pinnacleでは2.290*のオッズでベッティング市場をリードしています。

今年は怪我の問題がありましたが、最近の実績は変わらず圧倒的で、特に2019年シーズンには11勝してギネス世界記録に認定されました。日本のバドミントン界はこれまでオリンピックでは3つのメダルしか獲得しておらず、今年、桃田が新たなメダルをもたらしてくれることを願っています。

「形の女王」はメダルを獲得できるか?

日本武道館で演武する最も注目の空手スターは「形の女王」こと清水希容です。彼女は、間違いなく表彰台の1番高いところを狙ってくるでしょう。2014年以降、彼女はアジア選手権で3回、アジア競技大会で2回、世界選手権で2回優勝しており、オリンピックの金メダルのオッズは2.090*となっています。

印象的な経歴にもかかわらず、清水はスペインのSandra Sanchezと熾烈な争いを繰り広げることでしょう。ベッティング市場でSandraのオッズは1.671*となっており、今大会の欧州勢では卓越しています。もし清水がSandraとの対決を制すれば、オリンピックの金メダルは彼女のものになりそうです。

日本は東京2020オリンピックで何個メダルを獲得できるか?

2016年のリオ大会で、日本は金メダル12個を含む41個のメダルを獲得し、メダル獲得数の表で6位に入りました。報道によると東京大会では最低でもトップ5に入ることを目指しています。過去5回のオリンピックでは、メダル獲得数の表で5位になった国は、平均で金メダル15個、合わせて41.2個のメダルを獲得しました。

東京大会では339種目が予定されていて、リオ大会での306種目から大幅に増えています。さらに、野球、ソフトボール、スケートボードなど、日本の活躍が予想される種目が復活したり新たに追加されたりしています。Pinnacleのメダルマーケットでは、日本の金メダルの数は27.5に設定され、オーバー27.5のオッズは2.220*、アンダーでは1.617*となっています。

東京2020オリンピックが楽しみですか? Pinnacleによる素晴らしいオッズをご覧いただき、たくさんのオリンピックマーケットにベットしましょう。

オッズは変更される場合があります

ベッティングリソース - あなたのベッティングをパワーアップ

オンライン最高クラスの充実度を誇るピナクルのベッティングリソースでは、専門家によるベッティングのアドバイスをご覧いただけます。ベッティング経験の長さを問わず、ベッターの皆様がパワーアップできる知識をお伝えすることが目的です。