11 22, 2022
11 22, 2022

ジャパンカップ2022のプレビュー

ジャパンカップ2022のプレビュー

今週末、競馬カレンダーで最も権威ある芝レースの1つが開催されます。日曜日のレースの前に、Pinnacleの洞察と分析を利用してジャパンカップを予想しましょう。

ジャパンカップは日本で最も権威あるレースの1つで、伝統的に11月の最終日曜日に東京で開催されます。2400メートル(1マイル半)を走るレースで、賞金は864,000,000 JPY強($700万超)です。 

このレースは日曜日の午前7時40分(CET)にスタートし、優勝馬は400,000,000 JPY ($350万弱)の驚くべき賞金を獲得します。2005年からは毎年、日本調教馬が優勝しており、日本人調教師たちはこの独占状態が続くことに賭けるでしょう。

ジャパンカップ2022:シャフリヤールが本命

今年のジャパンカップは、出走馬掲示前の本命として藤原英昭のシャフリヤールが挙げられます。今年の夏にロイヤルアスコットで開催され、ジョセフ・オブライエンのステイトオブレストが優勝したプリンスオブウェールズステークスで4着に入ったことで注目されました。

直近のレースでは、10月下旬に東京で開催された2000メートルのG1天皇賞で5着でした。12か月前に初参戦したジャパンカップはコントレイルが優勝して3着に終わりましたが、今回はチャンスがあると予想されています。

ベッティングで最も近いライバルは、好調な堀宣行調教師のダノンベルーガです。3歳馬でレース回数が少なく、まだ4戦しか出ていません。東京で既に2勝を挙げていますが、このトラックでジャパンカップの距離を走った5月の日本ダービーで1敗しています。

ジャパンカップ2022:ヨーロッパ勢が多数挑戦

2005年にフランキー・デットーリ騎手とルカ・クマーニ調教師のアルカセットが優勝して以来、ジャパンカップで入賞した欧州馬は2006年に3着だったウィジャボードだけですが、ドゥーナデン(2013年)、アイダホ (2017年)、グランドグローリー(2021年)がどれも5着で、立派な成績を残しています。

今年のジャパンカップに挑む欧州馬は4頭

2022年は、この10年で最大となる4頭の欧州馬が挑むことが決定しています。筆頭は、フランスを拠点とするイタリア出身のジャンルカ・ビエトリーニ調教師のグラングローリーです。最近では、10月上旬に ロンシャンで開催された凱旋門賞で後方から5着に入って注目されました。東京では再びマキシム・ギュイヨンが騎乗します。

凱旋門賞ではロンシャンの深い馬場に対処できませんでしたが、その前のアイリッシュチャンピオンステークスでルクセンブルグに僅差で負けていることから実力が高いことは明らかです。鞍上は日本での騎乗経験が豊富なクリストフ・ルメールが務めるため、巻き返しの可能性があります。

ステファン・ワッテル調教師のシムカミルは、G1のパリ大賞典で地元のオネストに次ぐ2着に入った後、凱旋門賞の前哨戦であるニエル賞で優勝しました。フランス馬はこの3頭がジャパンカップに出場します。

あと1頭の欧州馬はドイツからです。テュネスは、2021年凱旋門賞に優勝したトルカータータッソの半弟で、G1のバイエルン大賞を制してやって来ます。

ペーター・シールゲン調教師は、2011年に1番人気とされたものの6着に終わったデインドリームを送り出した経験があります。

大賞を獲得するのどの馬か? ジャパンカップの前に、Pinnacleで最新の競馬オッズを見つけましょう。
ベッティングリソース - あなたのベッティングをパワーアップ

オンライン最高クラスの充実度を誇るピナクルのベッティングリソースでは、専門家によるベッティングのアドバイスをご覧いただけます。ベッティング経験の長さを問わず、ベッターの皆様がパワーアップできる知識をお伝えすることが目的です。