5 20, 2016
5 20, 2016

Euro 2016: グループAベットプレビュー

Euro 2016: グループAベットプレビュー
UEFA Euro Championship 2016が近づく中、6月10日から7月10日まで誰もがフランスで1つのトロフィーを目指す6つのグループ、24チームに注目しています。プレビューのシリーズで、スポーツジャーナリスト、Alex Kebleが、各グループを個別に検討し、最高のベットチャンスを探ります。グループAの大本命は、そして大穴となる可能性はどのチームかご覧ください。

Aからは大きなショックはほぼなさそうですが、このグループにはこの大会で最も興味深いチームのフランスとスイスがいます。フランスには多くの人々が楽なグループと見ている中予選を余裕で突破しなければならないという、開催国のプレッシャーがあります。また、スイスはノックアウトステージ前にマイナーな国相手に勢いをつける貴重なチャンスを手にしました。

しかし、ルーマニアの素晴らしいディフェンスの記録は、フランスとスイスを0-0の引き分けに抑える可能性を意味しており、意外なトップ2を生む可能性があります。ルーマニアはグループAの複占となると見られている2チームに興味深いチャレンジを与え、少なくとも上位3位のトップランクのチームの1つとして予選を突破すると見られています。

フランス

Didier Deschampsは、ポゼッション中心のセントラルミッドフィールダーとウィンガーのカウンターアタックのスピードを組み合わせた、スムーズな4-3-3フォーメーションでのプレイを好みます。これは短い試合で革新的な戦術や洗練された攻撃ラインがチームワークに悪影響を与える可能性のある、国際レベルで目指すべきバランスです。

フランスは比較的シンプルに、世界クラスのボックストゥボックスのセントラルミッドフィールダー3人(Blaise Matuidi、N’Golo Kante、Paul Pogba)がボールをファイナルサードに送り、インテリジェントで強力なウィンガーのAntoine GriezmannとAnthony Martialが魔法のようにサイドから入り込みOlivier Giroudにつなげることに期待することでしょう。

この期待の高まる若いチームにはヨーロッパ中のクラブで活躍している選手がおり、多文化であることが国際ステージでは有利となることでしょう。しかし、フランスはKarim Benzemaのいないことは非常に大きな打撃となる可能性があり、フルバックポジションが弱点となります。Backary SagnaとPatrice Evraは他のチームメートよりもずっと年上で、特にXherdan Shaqiriとスイスにサイドでのスピードが足りずに追いつかれたりと、両選手共に今シーズン年齢による影響が見られています。

フランスがホームアドバンテージを活かし余裕でグループのトップとなることが非常に重要です。さもなければ若いチームが国の期待に圧倒されてしまう可能性があります。ルーマニアとアルバニアを負かしグループトップとなることが期待できるでしょう。

フランスのグループAの勝利: 1.357*

スイス

スイスはすさまじいスピードでフォワードを破る4-2-3-1フォーメーションでプレイします。このチームはここ2回のEuropean Championshipsで予選突破できず、グループステージからの進出経験がありません。しかし、世界第14位のチームであるスイスイは、このFIFAランキングにふさわしい国です。Vladimir Petkovicはフランスで大きな衝撃となる可能性のある、若き才能あるチームを編成しました。

ルーマニアが何試合か無失点を達成すれば、スイスが3位になり第2ラウンドがより難しくなります。

予選でイングランドに2-0で2回負けているのに関わらず、スイスは10試合中7試合に勝利し余裕の2位で予選突破しました。これは主に、Norwich Cityのコマンディングセンターバック、Timm Klose(1試合ごとの平均クリアランスが10.2と他のPremier League選手よりも優秀)と、Ricardo RodriguezとStephan Lichtsteinerの強力なフルバックコンによるしぶといディフェンスによるものです。この2人のスター選手のフォワードの動きはスイスの攻撃の最も重要な局面となり、豊富なディフェンスの経験でこの夏あまり多くのゴールを入れられることはないでしょう。

他にはGokhan InlerとGranit Xhakaがセントラルミッドフィールドに実戦経験と若々しい活気をもたらし、StokeのShaqiriがクリエイティブな中心力として活躍することでしょう。スイスで主に心配なのはゴールを決めるフォワードに欠けていることですが、2009年にワールドカップで優勝した17才未満のチームの一員であるHaris Seferovicは予選で5つのゴールを決めています。

フルバックの襲撃的な活躍を見れば、スイスの稲妻カウンターはグループAでのルーマニアとアルバニアへの勝利に導けることでしょう。

スイスのグループAからの進出: 1.306*

ルーマニア

このチームにはスター選手がほとんどいませんが、それでもこの夏のEuroに1試合も負けることなく、10試合での失点数たったの2点で予選を突破しました。実は、Anghel Iordanescuは非常にしっかりとした、強力なディフェンスのチームを作りました。ルーマニアの最近の22試合での合計失点数はたった7点で、アルゼンチンやスペインのようなチームを相手にいい記録を残しています。

フランスでは試合中長時間にわたって相手側になかなかボールを進めることができず、ポゼッションとテリトリーの多くを失い苦戦することでしょう。元Tottenhamのディフェンダー、Vlad Chichiresがディフェンスで主に活躍する選手で、経験豊富なレフトバックのRazvan Ratが大きな助けとなります。スイスやフランス相手に引き分けで終えることができれば、このグループの最終結果に大きな影響を及ぼし、最終試合でアルバニアに勝てれば2位で終わる可能性も十分あります。ルーマニアを甘く見ては危険です。

ルーマニアのグループAからの進出: 1.819*

アルバニア

アルバニアは運よく楽な予選グループから進出したため、フランスやスイスの脅威にはならないでしょう。このチームの最も注目すべき選手はNantesのディフェンダー、Lorik CanaとNapoliのElseid Hysajで、2015年6月にフランスに1-0、2014年9月にPortugalに1-0で勝っているものの、この期間にピークに達したように思われます。最近の試合結果を見ると、FIFAランキング世界世界45位、イロレーティング59位のこの国にとって非常に厳しい大会となることがうかがわれます。

アルバニアによるグループAでの0.5点獲得:1.273*

グループA:注目すべき点

グループA最終試合のフランス対スイスは、直接のトップ争いとなることでしょう。この2つの国は1位と2位で予選突破の大本命の強い国ですが、ルーマニアの強力なディフェンスが予想を狂わせるかもしれません。ルーマニアが何試合かを無失点で終えるとスイスが3位になり、第2ラウンドがより難しいものとなります。

 Alex KebleのEuro 2016グループベットプレビュー

 

グループ本命

Euro 2016優勝オッズ*

グループAプレビュー

フランス

4.06

グループBプレビュー

イングランド

7.44

グループCプレビュー

ドイツ

4.22

グループDプレビュー

スペイン

5.67

グループEプレビュー

ベルギー

10.00

グループFプレビュー

ポルトガル

18.00

最多得点チーム、準決勝進出チーム、得点のオーバー/アンダー、その他多くの最新のEuro 2016オッズをご覧ください!

*オッズは変更される場合があります

アカウントを開設 

ベッティングリソース - あなたのベッティングをパワーアップ

オンライン最高クラスの充実度を誇るピナクルのベッティングリソースでは、専門家によるベッティングのアドバイスをご覧いただけます。ベッティング経験の長さを問わず、ベッターの皆様がパワーアップできる知識をお伝えすることが目的です。