5 5, 2016
5 5, 2016

Euro 2016のゴールデンブーツは誰の手に?

Euro 2016のゴールデンブーツは誰の手に?
Euro 2016で華々しい活躍を見せるストライカーは誰か。それを予測するマーケットは、今夏のフランス大会を前にとりわけ盛り上がりを見せています。大会形式の変更が、シュート成功率にどこまで影響するのでしょうか?Alex Kebleが、Euro 2016の得点王ベッティング市場で人気を集める7人のプレイヤーを寸評していきます。Euro 2016の全ベッターは必見でしょう。

1996年以降の欧州選手権において、優勝チームのプレイヤーがゴールデンブーツ賞に輝いたケースは2度しかありません。しかし、参加チームが増えた今夏の大会では、ヨーロッパの名うての点取り屋たちが、弱小国と対戦する回数も増えることに。Thomas MullerやCristiano Ronaldoのようなストライカーにとっては、グループステージでゴールを量産するチャンスと言えるでしょう。

Thomas Muller

2014年ワールドカップで5ゴールを決め、惜しくもゴールデンブーツ賞は逃したものの大活躍した、ドイツのトップストライカー。世界王者ドイツの上位進出は極めて有力であり、しかも今季18アシストを挙げているMesut Ozilのサポートも得られるMullerが、誰よりも多くのゴールを決める本命と目されるのは当然かもしれません。

しかし、Joachim Lowe率いるチームでのMullerの主な役回りは“ゼロトップ”。少し下がってプレーをつなぎ、Marco Reusのオーバーラップを呼び込むスタイルです。そのためMullerのゴールチャンスは予想されるほど巡ってこないと思われますが、それでも国際マッチ70試合で31得点という記録が、抜きんでた得点能力を物語っています。

Mullerの現在のEuro 2016アウトライト得点王オッズ: 7.55*

Cristiano Ronaldo

Real Madridの“タリスマン”は、近年のポルトガルが国際試合で目立った活躍を示せていないせいで、大舞台では安定した成績を残せていません。2010年ワールドカップではわずか1ゴール、Euro 2012でも3ゴールに終わり、ブラジルワールドカップでも一次リーグ敗退。それだけにフランスでは必死で挽回しようとしてくるはず。今大会が国際舞台でインパクトを残す、最後のチャンスかもしれないのです。

たとえポルトガルが準々決勝を突破できなくても、Ronaldoなら最初の3戦だけで、得点王争いのトップに立つことは可能。

Euro 2016のポルトガルの下馬評は低い(優勝オッズは18.00*)ものの、Ronaldoにはグループステージで複数のゴールを決める能力があります。オーストリア、ハンガリー、アイスランドはいずれも守備に穴があり、Ronaldoの突破力をもってすれば十分攻略できるはず。仮にチームが準々決勝を突破できなくても、 Ronaldoなら最初の3戦だけで、得点王争いのトップに立つことは可能でしょう。

Ronaldoの現在のEuro 2016アウトライト得点王オッズ: 9.05*

Antoine Greizmann

Atletico Madridで圧巻のシーズン(27得点、6アシスト)を送ったAntoine Griezmann。その自信を支えに、今大会ではKarim Benzemaのいないフランスのラインを引っ張っていくことでしょう。優勝候補の一角を占める開催国フランスは多くのタレントを抱えており、Griezmannには何度もゴールチャンスが訪れるはず。

最大のネックは監督のDidier Deschampsが、Olivier Giroudを最前線に配備する可能性があるということでしょうか。頭脳的なポジショニングと華麗なパスが魅力のGriezmannは、つなぎ役のミッドフィルダーとして申し分ない選手。そのため、より深いポジションでの創造的なプレーが求められ、必然的にシュートのチャンスも減少します。それでもこの25歳が、今大会もっとも好調なフォワードであることは確か。自国での優勝のためにプレーを続ける限り、少額ベットの対象としては十分魅力的と言えます。

Griezmannの現在のEuro 2016アウトライト得点王オッズ: 14.50*

Olivier Giroud

Arsenalに所属する29歳のフォワードは今季、チャンピオンズリーグでの5得点を含む、17ゴールを記録。先のドイツやオランダとの親善試合の結果から、Deschamps監督はGiroudを主力センターフォワードに起用してくると思われますが、代表戦での過去スタメン3試合で、4得点を決めていることを考えれば、驚くには値しません。

開催国フランスはグループAで、アルバニアとルーマニアという弱小国と対戦。両チームともマルセイユやパリでは惨敗を喫する可能性があります。これらの2チームとの対戦はGiroudにとって、ゴールを量産するチャンスですが、僚友Griezmannよりも多くのシュートを決めることは考えにくいのもまた事実です。

Giroudの現在のEuro 2016アウトライト得点王オッズ: 16.10*

Robert Lewandowski

世界ランク27位のポーランドは、ドイツ、ウクライナ、アイルランドとの対戦が待つ、極めて苦しいグループに振り分けられました。Robert Lewandowskiはおそらく、ヨーロッパ最強のストライカーですが、Bayern Munichのスタープレイヤーにとってチャンスは少ないと言わざるを得ません。

国際マッチ75戦で34得点という記録がその卓越した得点能力を示している一方、ポーランド代表として出場した主要6大会では1ゴールしか挙げられていない。こうした不安要素をかんがみ、さらに今回のように長丁場の大会で、自国のグループステージ敗退が濃厚である場合には、Lewandowskiのゴールデンブーツ賞に賭けるのはリスキーな選択であるかもしれません。

Lewandowskiの現在のEuro 2016アウトライト得点王オッズ: 14.09*

Romelu Lukaku

ブラジルで苦杯を舐めたベルギーは、今大会でも二番手グループの評価(優勝オッズは9.59*)ながら、Marc Wilmots率いるチームを侮ってはいけません。才能豊かなチームメイトがRomelu Lukakuに多くのシュート機会を与えてくれるだけでなく、今季Liverpoolで低迷したChristian Bentekに代わって、毎試合先発のチャンスが巡ってくると思われます。

今季のプレミアリーグで11位に相当する18得点を記録するなど、素晴らしい成績を残しているLukakuですが、それでも短いパスをつなげていくベルギーのサッカーが、Lukakuの体を張ったプレースタイルにフィットするのか疑問は残ります。実際、代表チームでは43試合で12得点しか挙げられておらず、ブラジルワールドカップでは1得点に終わりました。

Lukakuの現在のEuro 2016アウトライト得点王オッズ: 17.61*

Harry Kane

今大会のイングランドへの期待値は低い(優勝オッズは8.54*)ものの、実際には最強チームの一角を占めています。Raheem SterlingとDele Alliのコンビが、欧州一のシュート成功率(6回に1回ゴール)を誇るHarry Kaneに多くのゴールチャンスを与えてくれるはず。

Tottenhamに所属するこの若きストライカーは度胸満点で、“スパーズ”のチームメイトも多い代表チームでは、大舞台での強さが発揮されるに違いありません。イングランドが今夏の下馬評を覆すとすれば、そのときはKaneが躍進の原動力となることはほぼ間違いないでしょう。

Kaneの現在のEuro 2016アウトライト得点王オッズ: 21.11*

ベッティングリソース - あなたのベッティングをパワーアップ

オンライン最高クラスの充実度を誇るピナクルのベッティングリソースでは、専門家によるベッティングのアドバイスをご覧いただけます。ベッティング経験の長さを問わず、ベッターの皆様がパワーアップできる知識をお伝えすることが目的です。