ベッティングリソース執筆者たちの横顔

ベッティングリソースを執筆しているライター陣について、詳しく知りましょう。

ピナクルの多彩な記事がどういった関心事や専門知識から生まれているのか学びましょう。

ベッティングリソース執筆者たちの横顔
ピナクルでは 編集者とライターたちのメインチームに加え、 大学講師や著名な作家、元トレーダー、定評あるスポーツ専門家など、多彩な顔触れの社外寄稿者たちも大勢抱えています。ピナクルのチームと外部の寄稿者たちが一丸となって、ベッティングリソースの役に立つコンテンツを生み出しているのです。ピナクルのチームについて詳しく知りたい方は、ぜひ最後までお読みください。

ピナクルのライターたちは、元プロフェッショナル*の主観的意見に頼らない、ピナクルのベッティングに対する統計的、分析的アプローチを盛り込んだ記事を執筆しています。こうした様々なスポーツに関する専門的知識と、ベッティングへの真の理解を強みに、ピナクルのベッティングリソースでは、インターネット上でもっとも為になるベッティングに関する助言や情報を読者の皆様にお届けしています。それでは、ピナクルの記事を執筆しているライターたちを紹介していきましょう。

Mirio Mella

コピーライターとしてピナクルに加わったMirioは、以来10年以上にわたって、存在感のあるコンテンツを作り上げるという使命に取り組んできました。そうする中でソーシャルメディアやSEO、CRMを担当するようになりましたが、ベッティングリソースは彼にとって大切な子供のようなもの。今でも時間を見つけては、主に行動心理学やそのベッティングとの関連性について、独創的な記事を執筆しています。空想上の晩餐会に呼びたいゲストは、Daniel Kahneman、Nicholas Nasseem Taleb、Edgar Allen Poeだそうです。

Dafni Serdari

会議通訳の修士号を持ちながら、世の中を数学的に理解したいという欲求に駆り立てられ、Dafniは金融取引やスポーツベッティングの世界でキャリアを積んできました。神経言語プログラミングに魅了されており、「ランダム性による錯誤」がベッティングに与える影響について光を当てた記事を数多く手がけています。

Benjamin Cronin

英語のクリエイティブライティングの学士号を取得したのち、Benjaminは自身のスポーツ愛と、ベッティングへの強い興味がひとつになったキャリアを追い求めました。様々なスポーツの熱心なファンとして、今では主要なスポーツ大会の詳細なプレビューから、ベッティングの傾向やテクニックの検証まで、多方面にわたる記事を執筆しています。

Chris McCarthy

リーズ大学でメディア論とスポーツジャーナリズムを学んだのち、Chrisはソーシャルメディアへの愛着と、スポーツベッティングへの興味を同時に生かせる仕事に巡り合いました。長年のボクシングファンとして、これまで数え切れないほどのメディアに記事を寄稿し、いくつかの名勝負に関するコンテンツを生み出しています。Matchroom Sportsの「Prizefighter」シリーズではベッティング特派員も務めました。

Joseph Buchdahl

サッカーの試合結果やマッチ統計、ベッティングオッズデータなどを提供するウェブサイト、www.football-data.co.ukを管理するベッティングアナリスト。また、『Fixed Odds Sports Betting: Statistical Forecasting & Risk Management』(2003年)、『How to Find a Black Cat in a Coal Cellar: The Truth about Sports Tipsters』(2013年)、『Squares & Sharps, Suckers & Sharks: The Science, Psychology & Philosophy of Gambling』(2016年)といった本の著者でもあります。

Dominic Cortis

Dominicはレスター大学数学科の講師で、マルタ大学の助講師も務めています。アクチュアリーの準会員であり、その研究対象はスポーツ分析だけでなく、金融やベッティングのデリバティブにも及びます。特定のスポーツにおいては彼の数学的戦略の応用が、ベッターにとって極めて有益なツールであることが証明されています。

Dan Weston

テニスが専門のアナリスト兼トレーダー。統計的分析を用いてリサーチを行い、テニスのプレマッチやインプレーのベッティング市場について記事を書いています。経理と財務の学位(学士)を生かして独自のプレマッチ値付けモデルを考案し、自身のウェブサイトwww.tennisratings.co.uk向けに日々、試合のプレビューやベッティング記事をしたためています。

Mark Taylor

大学で化学を専攻後、Markは英国の大手ビール会社に就職しました。しかし、スポーツと数字への愛着は常に頭の片隅にありました。スポーツ全般、中でもサッカーやNFLの統計的側面について20年以上執筆しており、数字が内包するランダム性や不確実性に強い関心を持っています。

Alex Keble

戦術分析を得意とするフリーのスポーツジャーナリストで、Independent、The Blizzard、Yahoo、FourFourTwoといったメディアでも執筆しています。サッカー全般に精通しており、専門的意見に裏付けられたベッティングアドバイスを提供することも少なくありません。また、年間最優秀若手スポーツライターにノミネートされた経験もあります。

Joe Peta

元ウォール街のトレーダーで、ベストセラーにもなったノンフィクション回想録『Trading Bases, A Story About Wall Street, Gambling, and Baseball』の著者。自著の中では金融業界とスポーツベッティング、そして「マネーボール」で有名になった、野球のメジャーリーグとの間で重複する、データ分析の手法について検証しています。同書は批評家の絶賛を浴び、2013年にはAmazon.comのビジネス書トップ10、Publisher’s Weeklyのスポーツ書トップ10、Fortuneのノンフィクショントップ10に選ばれるなど、一見すると無関係な複数のジャンルでベストセラーに輝きました。

ベッティングリソースがベッティングに関する多彩なトピックを網羅できるのは、幅広い経験と専門知識を有するピナクルのチームがあってこそ。様々なベッティング戦略の解説や評価に加えて、ピナクルのベッティングリソースでは私見ではなく事実に支えられた、興味深い特集記事やスポーツイベントのプレビューを読者の皆さまに提供しています。

ピナクルへ寄稿したい?

ベッティングリソース記事の網羅的なアーカイブを有するピナクルは、高品質なベッティング関連コンテンツを読者の皆さまへ提供しているという事実に、大きな誇りを持っています。それでも、もっと内容は充実させられるはず。

800ワードの記事を書いて、ベッティングリソースに新たな価値を付け加えませんか?ピナクルへツイートするメールにて、あなたの記事を氏名や連絡先情報と併せてご提出ください。ピナクルの編集者が承認すれば、その記事があなたの名義で公開され、さらにピナクルのお楽しみ袋も受け取ることができます。

ベッティングリソース - あなたのベッティングをパワーアップ

オンライン最高クラスの充実度を誇るピナクルのベッティングリソースでは、専門家によるベッティングのアドバイスをご覧いただけます。ベッティング経験の長さを問わず、ベッターの皆様がパワーアップできる知識をお伝えすることが目的です。