スポーツヘッジファンドの内部事情

ライブサッカー「ウォッチャー」へのインタビュー

質問:スポーツヘッジファンドとは?

スポーツヘッジファンドに資金を投資するのはどんな人ですか?

スポーツヘッジファンドの内部事情
ベッターにとって究極の目標は、ベッティング活動で定期的に利益を生み出すことです。プロフェッショナルベッターは少数の排他的集団であり、その見識を公開することに消極的なのは無理もありません。このような事情にもかかわらず、ピナクルは彼らがブックメーカーよりどれくらい有利な立場にいるかを探るため、 ニッチなビジネスである スポーツベッティングヘッジファンドの内部事情に詳しい人物から話を聞くことに成功しました。
ヘッジファンドは投資手段として浸透していますが、顧客の資金を使ってベットし、儲けを還元し、さらには株式市場さえ利用してみせるスポーツベッティングの実体はそれほど多く知られていません。しかし、10年近く低金利が続く中で投資による最適な利益を求めた結果、多くのトレーダーがスポーツベッティングをポートフォリオに加えることに魅力を感じるようになりました。

ピナクルはスポーツベッティングヘッジファンドというニッチなビジネスの事情通に話を聞き、彼らがどのように活動しているかや、スポーツトレーディングで優位を保つ実践的方法を探りました。

質問:スポーツヘッジファンドとは?

答え:スポーツヘッジファンドは、スポーツマーケットを株式や通貨といった従来の資産とまったく同じように扱い、ベットして利益を出す会社のことです。社内のトレーダーのほとんどは、スポーツに対して興味を持ったり、実践的な面を理解しているわけではありませんが(これについては以前「緑の木材の誤信」で紹介しました)、スポーツベッティングマーケットで運用するためのアルゴリズムを確立し、それを使って利益を生むことに長けています。

質問:どうやって優位に立つか、具体的な方法を挙げるなら?

答え:あらゆる手段を講じて、見識を集めることです。たとえば「ウォッチャー」のチームを雇って、客観・主観の両面からライブマッチデータを収集します。ウォッチャーという名の通り、サッカーの試合を毎日観て、試合中のレポートを10分ごとに提出する作業などを行います。コーナーキックやハーフチャンスなどの重要なデータ以外にも、天候、監督の機嫌、観衆の反応など、結果に影響を与えそうなあらゆる要素を観察します。

スポーツヘッジファンドは口コミのネットワークで活動する、少数ながら非常に力のある投資家集団なのです。

質問:ヒエラルキーはどうなっていますか?

答え:主に4つの部門に分かれています。ウォッチャーはライブデータを提供します。アナリストはトレーダーと連携しながら、入手データの解析やベットの実行を担います。そして、計量アナリストの頂点に位置するのが、モデル構築者です。ウォールストリートやロンドンのスクエアマイルの人々と同様、彼らは数学や物理学で博士号を取得しています。ほとんどは、スポーツに関心を持っていません。彼らが関心を注ぐのは、優位な立場を維持し、会社に利益をもたらすための優れたアルゴリズムを構築することです。

質問:どんな環境で働いているのですか?

質問:私が働いていたのは、スタッフが25人にも満たない開放的なオフィスでした。モニターに囲まれた、静かな環境です。全員がヘッドフォンを着用していました。1試合で数百万単位の利益や損失が出るのは日常茶飯事でした。

質問:スポーツヘッジファンドに資金を投資するのはどんな人ですか?

答え:スポーツヘッジファンドはカウンター業務や従来型のマーケティングキャンペーンといった活動はしません。スポーツヘッジファンドは口コミのネットワークで活動します。たいていは少数ですが、非常に力のある投資家集団なのです。優位に立つために多くの資金を投じるのであれば、自らの手法を守ることや、投資家集団に参加する人を決定することに同じくらいのエネルギーを使う必要があります。

ベッティングリソース - あなたのベッティングをパワーアップ

オンライン最高クラスの充実度を誇るピナクルのベッティングリソースでは、専門家によるベッティングのアドバイスをご覧いただけます。ベッティング経験の長さを問わず、ベッターの皆様がパワーアップできる知識をお伝えすることが目的です。