サー・アレックス・ファーガソンから学ぶべッティングの4つの教え

ファーガソン監督の成功の秘訣は?

彼が最も悔やんだ失敗とは?

べッティングにおいて規律が意味するものとは?

サー・アレックス・ファーガソンから学ぶべッティングの4つの教え
サー・アレックス・ファーガソンは、近著『Leading(人を動かす)』の発売により、サッカーの思い出を客観的に見つめ直して、マンチェスター・ユナイテッドとアバディーンを率いた38年間の常勝街道の秘訣を明らかにしました。彼の成功の秘訣は? そこからベッターが学べることは? 答えを知りたければ、ぜひこの記事をお読みください。

サー・アレックス・ファーガソンは、スコットランドとイングランドのトップレベルのサッカーで49個のトロフィーを獲得し、史上最も成功した監督の1人としてサッカー史に名を残しています。彼の名前は、成功、リーダーシップ、そしてもちろんトロフィーを象徴しています。

サー・アレックス・ファーガソンの『Leading』は勇気を与えてくれる指導書であり、そこには、勝利を目指すあらゆる環境に適用できる教えが満載です。

では、賭けに勝ってお金を儲けたいと望むベッダーは、『Leading』から何を学ぶことができるでしょうか。お客様に代わって当社がこの本を読み、キーとなる4つの教えにまとめました。

1. 勝つことへのこだわり

サー・アレックス・ファーガソンは勝つことだけを望んでいたわけではありませんが、勝利にこだわっていました。この著名な監督は、自分は26年間マンチェスター・ユナイテッドと結婚していたと語っています。

「私の妻は犠牲を受け入れる覚悟ができていました。彼女は素晴らしかった。誰にでもできることではないとわかっていましたが、彼女は私のこだわりを理解しました」と彼は認めています。

このスコットランド人の監督にとって、2位で終わるという選択肢はありませんでした。

「人生のある時点で、勝利への願望と欲求が失敗の恐怖を上回ったのです。勝つこととはプライドの問題でした」と彼は書いています。

その結果は? ファーガソンがManchester Unitedの監督を務めた期間中に「Red Devils」(Manchester Unitedの愛称)が準優勝に終わったシーズンは5回ありましたが、その翌年はいずれも、チャンピオンとしてシーズンを終えています。つまり、ファーガソン監督は負けることをそれほどまでに嫌っていたということです。 

これがどのようにべッティングに当てはまるか見ていきましょう。べッティングでお金を稼ごうとするなら、それにこだわる必要があります。しかし、普通、金儲けを望まないベッダーなどいるのでしょうか? 実は、望むこととこだわることには、大きな違いがあります。

行動学の研究では、ほとんどのベッターが娯楽、社会的受容、退屈しのぎのために賭けをしていることが示されています。その場合、勝つことは、明確に定義された目標ではなく、希望的観測の一環なのです。賭けでお金を稼ぐことにこだわる人というのは、ベッティングモデルを作成したり、継続的な儲けにつながるリスク管理のテクニックや適切な賭け方を適用したりするような人々のことを言うのです。

2. 失敗を認める

暴君のようなイメージがあるにもかかわらず、ファーガソン監督は自分の後悔を隠すことはありません。自分の息子をWolvesに移籍させたこと、1983年のUEFAカップウィナーズカップ決勝でAberdeenがReal Madridに勝ったことを祝うためにマーク・マギーをものすごい剣幕で叱ったこと、ヤープ・スタムのLazioへの移籍を本人にはガソリンスタンドで伝えたことなど、本の中ではいくつもの例が引用されています。

成功するためには失敗はすべきでないと考えがちですが、ファーガソン監督は、ほとんどの教えは自身の失敗から学んだということをはっきりと述べています。

成功するためには失敗はすべきでないと考えがちですが、ファーガソン監督は、ほとんどの教えは自身のミスや失敗から学んだということをはっきりと述べています。お金を稼ごうと覚悟を決めたベッターにとって、これは何を意味しているでしょうか? 

How to build a betting model(べッティングモデルの作成方法)の記事では、戦略を試して結果を監視することの重要性を強調しています。利益を出すモデルは、時間の経過に伴ってメンテナンスの必要が生じます。これを可能にするためには、ベッターは起こりうる失敗から目をそらさないことが必要です。これを覚えておくことが重要です。

3. 長期的な思考

ファーガソン監督は、『Leading』において、サッカークラブで監督が頻繁に交代される傾向が広がっていることを強く批判しています。  

彼がManchester Unitedを引き継いだとき、イングランドのサッカー界の王者はLiverpoolでした。ファーガソン監督は、目前のゲームにも、長期的な基盤の育成にも、重点を置いていました。彼は、ヨーロッパで最も強いチームを作るためには、長期的なビジョンに貢献する信念を犠牲にするぐらいなら、選手を放出するほうを選ぶであろうと認めています。

同じことがべッティングにも当てはまります。この週末の金儲けのみに集中していると、ベットで負けが続いている場合、負けを取り戻そうとして、より大きい賭けをしたくなるものです。しかし、ベットの負けをランダムな結果の正常な変動範囲内ととらえていれば、一連の不幸な結果が戦略に与える影響はゼロになり、従って、総合的な勝ちへの影響もなくなります。

短期的な思考に陥らないようにする方法を学ぶには、How does luck influences short-term betting(短期間のベットに及ぼされる運の影響)の記事を今すぐお読みください。

4. 規律の重要性

最後に重要なことを言います。ファーガソン監督は、自分が成功したのは規律のおかげと考えています。

「私は常に、我々の勝利は規律を守り続けたことの表われであると感じていました」と彼は書いています。

彼は著書の中で、自分が選手に厳しい態度をとったことでUnitedの貴重な財産が損なわれたかもしれないと認めています。その最も顕著な例は、よく知られているように、デヴィッド・ベッカム、ロイ・キーン、ルート・ファンニステルローイなどの選手たちとの間に不和があったことです。

「私は何よりも規律を重視しています。このことが原因でいくつかのタイトルを逃す結果を招いてしまったかもしれませんが、もしやり直すとしても、私はまさに同じことをするでしょう」とManchester Unitedのボスは付け加えています。

ところで、べッティングにおいて規律が意味するものとは何でしょう?The dangers of weighting probability from intuition(直観によって重み付けされた確率の危険性)の記事では、べッティングで安定した勝ちを続けるためのキーとなるのは期待値(つまり、ベット1回あたりに期待できる平均的な勝ちの額)であることを説明しています。

ほとんどのベッターは、見返りの可能性を意識してベットの価値を見積もっています。ファーガソン監督の本から学ぶべきことを1つだけ選ぶとしたら、当社では、ベットの期待値の計算における規律の重要性を選ぶよう強くお勧めします。

しかし、すべての良きアドバイスと同様、難しいのは知ることではなく実践することにあります。ファーガソン監督のアドバイスをベットに適用する決意をするかどうかは、あなた次第です。1つ確かであるのは、Leadingはすべてのサッカーファンの必読書であるということです。ファーガソン監督の近くにいるような気分を味わえるのは、絶対に楽しいはずです。 

ベッティングリソース - あなたのベッティングをパワーアップ

オンライン最高クラスの充実度を誇るピナクルのベッティングリソースでは、専門家によるベッティングのアドバイスをご覧いただけます。ベッティング経験の長さを問わず、ベッターの皆様がパワーアップできる知識をお伝えすることが目的です。