ハウスフリップして、ベットしよう:不動産vsベッティング

ハウスフリッピングとは?

ハウスフリッピングとベッティングの関係性は?

不合理な行動

公開市場は公開市場

ハウスフリップして、ベットしよう:不動産vsベッティング

世界中の何百万人もの人が不動産で生計を立てています。あなた自身がそうでないとしても、不動産の専門家に関するテレビ番組は見ていることでしょう。住宅を「フリップ」することでお金を稼ぐコンセプトは、多くの人に知れわたっていますが、その考え方はスポーツベッティングにも適用できるでしょうか? 詳しくは続きをお読みください。

ハウスフリッピングとは?

ハウスフリッピングとは、不動産を低価格で購入し、リノベーションや修繕を施して、より高額で市場に売り戻すことで利益を得ることです。ハウスフリッピングの専門家は、購入する前に特定の市場状況で一定のプロファイルに合致する不動産を探します。

市場価格、修繕することのメリット、見積価格、投資利益率は、住宅をフリップする際に考慮される要素の一部です。

ハウスフリッピングとベッティングの関係性は?

ハウスフリッピングとスポーツベッティングには多くの類似点があります。たとえば多くのプロフェッショナルスポーツベッターは、チームが割安な状態にある市場で、基準に合致するチームを探します。試合内のマッチアップを考慮する価格設定モデルでは推定確率が計算され、投資利益率によってエッジが決定されます。

ハウスフリッピングの専門家は、ベッターがマッチアップ形式や怪我の状況を確認する一方で、周辺地域や基盤修理などの項目を確認してメリットとデメリットを評価します。あらゆる要素がエントリー価格やリターンに対するリスクに落とし込まれます。

不合理な行動

多くのベッターは、住宅のフリップや不動産の購入に関する原理を理解していますが、ほとんどの人は、考え方は同様でありながら、同じロジックをスポーツベッティングに応用することができません。ベッティングの一般的な方法としては、多くの人が選ぶ答えの逆を行くやり方が挙げられます。これは、スポーツブックで合計ベットが低い割合であるチームにベットする方法です。

これをハウスフリッピングに当てはめれば、見知らぬ人に対して、住宅を購入するかどうかをイエスかノーで尋ね、多いほうの答えの逆を張る方法になります。単純に、多いほうの結果と逆のことを行うのです。

基本原理は同じであるのに、この一般と逆を行く方法は、通常のベッティングでは賢明なものとみなされる一方、ハウスフリッピングの場合には誰もが馬鹿げた方法だと考えます。

低いスポットで購入する

住宅をフリップする最も一般的な方法の1つは、将来有望な地域で過小評価されている不動産を購入することです。市場が周辺地域の歴史に基づいて住宅を過小評価していることが理想です。そうであれば、不動産は極端に安くなり、周辺地域が発展することでリターンが高くなる可能性があります。

これをスポーツベッティングに置き換えると、複数の試合で平均を上回る結果を出しているチームと対戦する、複数の試合で平均を下回る結果を出しているチームに、割安価格でベッティングするのと同様です。不動産の場合は、何百万人もの人が、住宅を低価格で購入して利益を上げていますが、スポーツベッティングでは、安く購入するという考えはほとんど無視されています。多くのベッターは、価格は結果によってのみ決まると間違って信じています。

公開市場は公開市場

同じ原理がどの公開市場にも当てはまります。不動産、靴、電化製品、車の売買、あるいはチームに対するベッティングでも同様です。

目的は常に、市場の残りの人が喜んで支払う額よりも有利な価格で投資することです。ベッターが市場価値よりも有利な価格を得ることに集中できれば、特にピナクルの場合、長期間ウィナーで居続けることができるでしょう。

ベッティングリソース - あなたのベッティングをパワーアップ

オンライン最高クラスの充実度を誇るピナクルのベッティングリソースでは、専門家によるベッティングのアドバイスをご覧いただけます。ベッティング経験の長さを問わず、ベッターの皆様がパワーアップできる知識をお伝えすることが目的です。