12 15, 2015
12 15, 2015

ベッティングに最適な3つの職業

ベッティングに最適な3つの職業
ある3つの職業には、ベッティングの成功に必要な特性が備わっていると言われます。あなたがこの3つのうちいずれかの仕事をしていれば、空き時間にベッティングで利益を出すのに有利なのです。ベッティング力を強化し、レベルアップしたいと切望するベッターなら、転職してこの仕事をしたいと思うかもしれません。

アクチュアリー – 仮面をかぶったブックメーカー

「お仕事は何を?」と聞かれて「アクチュアリー」と答えたら、ちょっと怪訝な顔をされるかもしれません。アクチュアリーという職業について知っている人は多くないでしょう。しかし、アクチュアリーはあなたという人間のすべてを知っています。

あなたの今後の人生の予測から、車の運転の腕前に至るまで。アクチュアリーとは、統計データをまとめて分析することで、保険(家、車、生命、医療など)のリスクを算出する仕事です。保険のビジネスで利益を生み出すために、必要な保険料の額をはじき出すわけです。背景こそ違えど、こうした仕事内容はブックメーカーでオッズを決定する人と非常に似て見えるでしょう。

ブックメーカーはスポーツイベントの統計データをまとめて分析し、隠れたリスクや可能性を算出して、そこに利益を出すためのマージン(=保険料)を加えます。

この2つの業界の類似性は、 消費者が商品の価値を比較するときの方法にも表れています。違うのは、比較サイトで見比べるのがオッズか保険かという点だけです。しかし、こうした類似点は消費者にはあまり伝わっていません。多くの場合、保険を選ぶ際は最も得する商品を慎重に見極めようとするのに、賭けのオッズは低くても受け入れてしまいます。

どちらの業界でも、たいてい成功のカギを握るのは正確なリスク予測です。アクチュアリーの場合は潜在的な責任がより複雑で不安定なため、ベッティングで成功するのに適した職業だと言えるでしょう。

金融業者 – ベッティングを資産として見る

業者(トレーダー)という肩書きは商業と同じくらい昔からあり、物を売り買いして利益を得る人全般に当てはまります。物理的な商品を扱う従来の市場取引は廃れましたが、今はトレーダーと言えば金融商品を扱う人のことを指します。

トレーダーが扱う分野は多岐にわたります。株式、通貨、金融商品、債務担保証券などのパッケージされた債券など、例を挙げればきりがありません。ただし目的はどれも同じで、売り買いして利益を出すことです。これはベッティングの本質とまったく同じです。オッズを買って売る、それがベッティングです。 

当社のオッズメーカーには自分たちがトレーダーと同じだという自覚があり、その専門用語にもトレーディングとの類似性が見られます。オッズが縮小すると、「値上がりした」と表現します(同じ利益を得るために必要な賭け金が増えたという意味)。オッズが増加すれば「値下がり」です。

「トレーディング」とは、フルタイムで賭けに参加するベッターが著しく増え、彼らの間で定着した用語です。このベッターたちは、賭けで優位に立つ技を洗練させていることが特徴です。また、金融業界で両極にあるトレーダー(機関投資家と独立した投資家)もまったく同じです。

もしあなたが金融業者で、新しく投資する資産を探しているなら、スポーツベッティング は普段の仕事とそれほどかけ離れていないことに気づくでしょう。

2008年の金融危機の後は投資の見返りが得にくい環境になり、その結果、都市のトレーダーはベッティングへとシフトしました。理由はこれまで述べて来たとおりです。ベッティングではハイリターンが期待できますが、その良い例が裁定取引です。また、税制上のメリットもあります。

この傾向を受けて一部の評論家は、そう遠くない将来にスポーツベッティングは娯楽としてのベッティングとは別に、資産として認識されると予想しました。ベッティングとトレーディングはこの点でも完全に一致します。

Pinnacleでは他のどのブックメーカーにも引けを取らないくらい、真剣にベッティングを扱っています。お客様も同様に真剣だからこそ、当社を選んでくださいます。最高のペイアウト、高い流動性の保証、無制限の利益獲得によって、プロフェッショナルの方々のニーズに応えているからです。

もしあなたが金融業者で、新しく投資する資産を探しているなら、スポーツベッティング は普段の仕事とそれほどかけ離れていないことに気づくでしょう。

プロゲーマー – 一歩先へ

先に述べたように、リスクの分析・管理を重要視する職種は、優れたベッターやトレーダーを生み出す土壌になるとはっきり言えます。しかしここで重要なのは、もっと広い意味で言うと、不確実性の中で合理的な意思決定をするのに適したマインドセットなのです。これが成功の鍵となる職種が、もう一つあります。すなわち、プロゲーマーです。

Pinnacleのトレーディングチームは、その多くがプロの「マジック・ザ・ギャザリング」プレーヤーをしていた経験があります。MTGは、簡単に言えば非常に人気のあるトレーディングカードゲームです。従来のゲームと同様にカードのコレクション、トレーディング、戦略、ゲーム理論といった要素を合わせ持ち、さらにロールプレイングゲームのようなダイナミクスをも楽しむことができます。

およそ2千万人のプレイヤーが活動する巨大なジャンルであり、プロMTGプレイヤーとして成功するために必要な特質は、トレーディングのそれと一致します。プロという肩書も名ばかりではなく、数十万ドル規模の賞金が出るトーナメントもあります。

MTGの本質はカードゲームなので、プレイヤーに必要な特質はブリッジやポーカーなど身近な形のカードゲームと同じです。勝負が平等にスキルで決まるのはバックギャモンなどの戦略的なボードゲームと同様です。これらのゲームの専門知識はベッティングに通じるマインドセットを内包しており、ダンジョンズ&ドラゴンズのようにファンタジー系のボードゲームからデジタルに発展したものも同様と見なされます。

MTG出身のトレーダーはDotaやLeague of LegendsのようなEスポーツにも参入しており、これらは繊細なドライビングスキル、プレッシャーに打ち勝つ冷静さ、一瞬の戦略的思考が必要となるゲームです。後の2つの要素はトレーダーにも必ず求められますし、ベッターとして成功するためにもやはり理想的な性質です。

プロスポーツベッティングについてもっと詳しく知りたいですか?当社のスポーツブック部門のリーダーが推薦する本のリストはこちらです。ベッター必読の本

ベッティングリソース - あなたのベッティングをパワーアップ

オンライン最高クラスの充実度を誇るピナクルのベッティングリソースでは、専門家によるベッティングのアドバイスをご覧いただけます。ベッティング経験の長さを問わず、ベッターの皆様がパワーアップできる知識をお伝えすることが目的です。