4 6, 2020
4 6, 2020

バカラのバリエーションについて

シェマンドフェールの遊び方

バカラバンクの遊び方

マカオの遊び方

シェマンドフェール、バカラバンク、マカオのルール

バカラのバリエーションについて

バカラにはよく知られたバリエーションがいくつかあります。それぞれゲームのルールや形式にわずかながらも重要な違いがあるのが特徴で、遊び方も異なります。一般的なプントバンコとは違うゲームを楽しみたい方向けに、人気の高い各種バカラゲームの遊び方と、覚えておくべき違いをわかりやすいガイドにまとめました。

シェマンドフェール(シェミー)

シェマンドフェールでは、6つのデッキを使用し、プレイヤーは楕円形に座って、自身が勝つ方に賭けます。各カードの点数および手札の合計点の決め方は、通常のバカラと同じです。

ゲームの初めに、プレイヤーの1人がバンカーに指名されます。各ラウンドで、バンカーは賭ける金額をベットします。続いて、他のプレイヤーがバンカーから左回りに順にバンカーと同等の金額をベットする(これを「バンクになる」という)かどうかを宣言します。バンクになれるプレイヤーは1名のみで、誰かが宣言した場合には、そのラウンドでは他のベットは行われません。

誰もバンクにならない場合は、同じ順番でプレイヤーが個々にベットしていきます。プレイヤーの賭け金の合計がバンカーよりも大きい場合、バンカーは自分の賭け金を増やしてプレイヤーの合計と同等にするか、プレイヤーの賭け金からベットしたのと逆の順序で金額を減らすかのいずれかを選択できます。

次にバンカーは自分にカードを裏向きに2枚配り、賭け金が最も高いプレイヤーにカードを裏向きに2枚配ります。このプレイヤーが他のプレイヤー全員に代わってプレイします。続いてバンカーとプレイヤーは自分のカードを見ます。手札の一方または両方がナチュラル(8か9)なら、すぐにこれを宣言する必要があります。互いに手札を表にして比べ、どちらがラウンドの勝者か、タイかを判断します。

どちらの手札の合計も8点または9点でない場合、プレイヤーは3枚目のカードを受け取るか、受け取らないかを決める必要があります。受け取る場合、カードは表向きで配られます。伝統的にシェマンドフェールでは、プレイヤーは自分の最初の手札の点数が0~4点なら3枚目のカードを受け取り、6点または7点ならスタンドし、5点なら任意で判断します。

プレイヤーがスタンドした場合、バンカーは自分の最初の手札の点数が0~5点ならカードを引き、6点または7点ならスタンドします。プレイヤーが3枚目のカードを引いた場合、バンカーは次の表に基づいて判断する必要があります。

バカラでバンカーが3枚目のカードを引くべきケース

Baccarat-Variants-In-article-image-3.jpg

プレイヤーとバンカーがそれぞれのターンを終えたら、両者の手札を表にして比較します。

プレイヤーが勝つと、そのラウンドでベットした各プレイヤーに2:1の割合で配当が支払われます。このときの利益は、バンカーが初めにベットした金額から支払います。続いて、バンカーの左隣のプレイヤーがバンカーの役を引き受けます。バンカーが勝つと、バンカーが賭け金全額を獲得し、次のラウンドも引き続きバンカーとなります。そのラウンドがタイだった場合は、役割および賭け金はそのままで、もう1ラウンド行います。

バンカーが次のラウンドでもバンカーとしてプレイする必要があるのにゲームを降りることを希望する場合、左回りの順で、現在のバンカーの最後の賭け金と同額をベットする最初のプレイヤーが次のバンカーになります。該当するプレイヤーが誰もいない場合は、左隣のプレイヤーがバンカーとなり、新たなバンカーの賭け金を自由に設定できます。

シェマンドフェールのラウンドの例

4人のプレイヤーが参加するゲームを想定した、シェマンドフェールのラウンドを例に説明します。

  • プレイヤー1がバンカーに指名され、最初のラウンドの賭け金として€100をベットします。プレイヤー2、3、4が順にバンクになることを希望しないと表明し、続いて個々の賭け金として€50、€30、€20をそれぞれベットします。プレイヤー1 (バンカー)は、自分とプレイヤー2にそれぞれカードを2枚ずつ裏向きに配ります。
  • プレイヤー2に配られたカードは2枚とも7 (14)で、最初の点数は4となります。そこでプレイヤー2は3枚目のカードを引くことにし、3枚目が5だったため、最終的な点数は9になります。
  • プレイヤー1 (バンカー)に配られたカードはクイーンと3で、最初の点数は3となります。最初のカードの点数とプレイヤー2の3枚目のカードが5だったことから、3枚目のカードを引くことにします。3枚目は5だったため、最終的な点数は8になります。
  • したがってプレイヤー2の勝ちとなります。プレイヤー2、3、4には元の賭け金が返金され、さらにプレイヤー1 (バンカー)の元の賭け金€100からプレイヤー2は€50、プレイヤー3は€30、プレイヤー4は€20を獲得します。
  • 続いてプレイヤー2が次のラウンドのバンカーとなり、プレイヤー3が最初にベットするプレイヤーとなります。

Baccarat-Variants-In-article-image-1.JPG

バカラバンク(アドゥタブロー)

バカラバンクでは3つのデッキを使用し、プレイヤーは自分が勝つ方にベットします。各カードの点数および手札の合計点の決め方は、通常のバカラと同じです。

バンカーの役割は基本的に、ゲームの初めに行われるオークションで決まります。ベットする金額が最も高いプレイヤーがバンカーとなります。バンカーはテーブルの中央に座り、他のプレイヤーはバンカーの左側と右側に半々に分かれて座ります。バンカーの役割はすべてのカードが出終わるまで続きます。

ラウンドの初めにプレイヤーがベットしていきます。最初はバンカーのすぐ右隣のプレイヤー、次はバンカーのすぐ左隣のプレイヤー、次はバンカーから右方向に2番目のプレイヤーという順番で左右交互にベットします。シェマンドフェールとは違い、プレイヤーのベットの合計がバンカーのベット額を超えても構いません。

すべてのプレイヤーがベットでき、誰かがバンクになってもベットがキャンセルされることはありません。テーブルの両サイドで1名のプレイヤーがバンクになることができ、両方のサイドから1名ずつがバンクになった場合、該当するプレイヤーはそれぞれバンカーの賭け金の半額をベットします。各プレイヤーは、バンクになった場合、最大3ラウンドまで賭け金を減らすことができますが、この時点以降の金額の変更は認められません。

続いてバンカーは3組の手札を裏向きで配ります。1つはバンカーのすぐ左隣のプレイヤーに、1つはバンカーのすぐ右隣のプレイヤーに、そして1つは自分に配ります。カードが配られたプレイヤーは、テーブルの各サイドのすべてのプレイヤーの代表としてプレイします。ラウンドの勝者の決め方は、シェマンドフェールと同じです。

プレイヤーが座っているサイドが勝つと、そのサイドのプレイヤーは賭け金に対して2:1の割合で配当を受け取ります。バンカーは、自分がテーブルの各サイドに勝ったか、負けたかによって、プレイヤーの賭け金を獲得するか、自分の賭け金を支払う必要があります。

テーブルのいずれかのサイドの代表としてプレイしたプレイヤーが勝つと、次のラウンドも引き続きその役割を担います。このプレイヤーが負けた場合、同じサイドのテーブルの次のプレイヤーが代表者となります。また、新しい代表者には次のラウンドで最初にベットする権利が与えられ、元の代表者は最後にベットします。

ラウンドの勝者の賭け金がバンカーの手持ちの金額を超えた場合、バンカーには2つの選択肢があります。1つはゲームを降りるという選択肢で、こちらを選択すると、勝者の配当がベットした順に可能な限り支払われます。もう1つはバイインによって必要な資金を補充するという選択肢で、こちらを選択すると、以降バンカーを務める間は勝者の賭け金をすべて支払う必要があります。

バンカーが所定の期間を終える前にバンカーとしての役割から降りることを希望する場合、その旨と現在の手元の金額を明言する必要があります。この場合、ベットするのと同じ順序で、他のすべてのプレイヤーにバンカーの役割がオファーされます。バンカーになることを希望するプレイヤーは、現在のバンカーと少なくとも同等の金額を手元に持っている必要があります。バンカーを降りたプレイヤーは、後任のバンカーが座っていた席に着きます。

バカラバンクのラウンドの例

5人のプレイヤーが参加するゲームを想定した、バカラバンクのラウンドを例に説明します。

  • プレイヤー1がバンカーに指名され、最初のラウンドの賭け金として€100をベットします。プレイヤー2と3がテーブルの右側に、プレイヤー4と5が左側に座ります。
  • プレイヤー2はバンクになることにし、€100をベットします。プレイヤー4が次に€50をベットし、続いてプレイヤー3が€20、プレイヤー5が€80をベットします。プレイヤー1 (バンカー)は、プレイヤー2プレイヤー4と自分自身に2枚のカードを裏向きで配ります。
  • プレイヤー2に配られたカードは8と6 (14)で、最初の点数は4となります。そこでプレイヤー2は3枚目のカードを引くことにし、3枚目が3だったため、最終的な点数は7になります。
  • プレイヤー4に配られたカードは2枚とも5 (10)で、最初の点数は0となります。そこでプレイヤー4は3枚目のカードを引くことにし、3枚目が9だったため、最終的な点数は9になります。
  • プレイヤー1 (バンカー)に配られたカードは10と4で、最初の点数は4となります。最初のカードの点数とプレイヤー2の3枚目のカードが4だったことから、3枚目のカードを引く必要があります。3枚目も4だったため、最終的な点数は8になります。
  • プレイヤー2はこのラウンドは負けとなり、プレイヤー2プレイヤー3はそれぞれの賭け金である€100と€20を失います。プレイヤー4はこのラウンドは勝ちとなり、プレイヤー4は€100、プレイヤー5は€160を獲得します。プレイヤー1 (バンカー)は€220を獲得し、€260を失ったので、このラウンドの結果は合計€40の負けとなります。
  • 次のラウンドでは、プレイヤー3が最初にベットすることができ、右サイドの代表としてプレイします。左サイドについては、プレイヤー4が引き続きその役割を担います。

Baccarat-Variants-In-article-Image-4.png

マカオ

マカオは広くバカラの前身と考えられていて、バカラゲームはマカオが進化したものだと言われています。マカオでは2つのデッキを使用し、プレイヤーは自分が勝つ方にベットします。各カードの点数および手札の合計点の決め方は、通常のバカラと同じです。

ゲームの初めに、プレイヤーの1人がバンカーに指名されます。プレイヤーは各ラウンドの初めに、あらかじめ取り決めた金額内でベットします。この金額はゲームの最初に各バンカーが任意に決めるか、プレイヤー間の合意によって決まるもので、ゲームの期間を通して有効となります。

各ラウンドのプレイヤーのターンは、バンカーから右回りに順に進みます。プレイヤーにはそれぞれ1枚のカードが裏向きで配られ、カードの確認を終えたら、追加で2枚目のカード(2枚目のカードが0点の場合には3枚目のカード)を表向きで配ってもらうかどうかを選択します。すべてのプレイヤーのターンが終了したら、バンカーも同じようにカードを受け取り、それから全員のカードを表にします。

プレイヤーとバンカーの中で最も高い点数を獲得した人が勝ちとなります。同点の場合、カードの枚数が少ない方が勝ちとなります。プレイヤーとバンカーが同点で、カードの枚数も同じ場合には、バンカーの勝ちとなります。

マカオでは、9のナチュラルでラウンドを勝利すると4:1、8のナチュラルで勝利すると3:1、その他の方法で勝利すると2:1の配当が支払われます。すべてのカードが出終わったら、バンカーの左隣のプレイヤーが次のバンカーとなります。

マカオの例

4人のプレイヤーが参加するゲームを想定した、マカオのラウンドを例に説明します。

  • プレイヤー1がバンカーに指名されます。プレイヤー2はこのラウンドで€20、プレイヤー3は€30、プレイヤー4は€40をベットします。
  • プレイヤー2に配られたカードは9で、ナチュラルとなりスタンドします。
  • プレイヤー3に配られたカードは4です。そこでプレイヤー3は2枚目のカードを受け取ることにし、2枚目も4だったため、最終的な点数は8になります。
  • プレイヤー4に配られたカードはエースです。プレイヤー4は2枚目のカードを受け取ることにし、2枚目はジャックでした。そこで3枚目のカード受け取り、6が出ました。つまり、最終的な点数は7になります。
  • プレイヤー1 (バンカー)に配られたカードは8で、ナチュラルとなりスタンドします。
  • プレイヤー2の勝ちとなり、このラウンドでは€20の賭け金に対する4:1の配当で€80を獲得します。プレイヤー3プレイヤー1 (バンカー)はどちらも最終的な点数は8ですが、プレイヤー1 (バンカー)の勝ちとなります。バンカーのカードの枚数は1枚なのに対し、プレイヤー3は2枚だからです。その結果、プレイヤー3は賭け金€30を失います。プレイヤー4は、バンカーよりも点数が低いため、賭け金€40を失います。

Baccarat-Variants-In-article-image-2.jpg

バカラについてさらに学ぶ

バカラのプレイ方法についてお知りになりたい方は、Pinnacleのバカラガイドバカラのサイドベットの記事をご覧ください。ゲームのプレイ方法以外に、バカラについてさらに学びたい場合はバカラの歴史をお読みください。

Pinnacleカジノでバカラをプレイ

Pinnacleでは、Live Baccarat3D Baccaratプントバンコなどのさまざまなバカラゲームをお楽しみいただけます!

ベッティングリソース - あなたのベッティングをパワーアップ

オンライン最高クラスの充実度を誇るピナクルのベッティングリソースでは、専門家によるベッティングのアドバイスをご覧いただけます。ベッティング経験の長さを問わず、ベッターの皆様がパワーアップできる知識をお伝えすることが目的です。