12 18, 2013
12 18, 2013

World Cup 2014アウトライトベットを検討する

World Cup 2014アウトライトベットを検討する
Brazil 2014の抽選が終了したので、すべてのWorld Cupアウトライトベットの議論は、7月13日に誰がトロフィーを手にするかということに移りました。。 トーナメントは4年に一度しか開催されないので、過去の実績はPinnacleのWorld Cupアウトライトベッティングマーケットでの最終的な勝者を予想するのに役立つでしょうか? もし役立たないのであれば、何が役に立つのでしょうか?

Pinnacleの2014 World Cupアウトライトベッティングマーケットで勝者を予測しようと考えているベッターなら、過去の成績は最初に検討するべき項目であるのは明らかです。 1930年にウルグアイで最初のトーナメントが開催されてから19回のFIFA World Cupが行われました。したがって各国の過去の実績を分析するのは、彼らの確率を大まかに予想するために妥当な方法であると考えることができます。

開催国主催連盟優勝優勝連盟準優勝参加チーム数
1930 ウルグアイ CONMEBOL ウルグアイ CONMEBOL アルゼンチン 13
1934 イタリア UEFA イタリア UEFA チェコスロバキア 16
1938 フランス UEFA イタリア UEFA ハンガリー 16
1950 ブラジル CONMEBOL ウルグアイ CONMEBOL ブラジル 13
1954 スイス UEFA 西ドイツ UEFA ハンガリー 16
1958 スウェーデン UEFA ブラジル CONMEBOL スウェーデン 16
1962 チリ CONMEBOL ブラジル CONMEBOL チェコスロバキア 16
1966 イギリス UEFA イギリス UEFA 西ドイツ 16
1970 メキシコ CONMEBOL ブラジル CONMEBOL イタリア 16
1974 西ドイツ UEFA 西ドイツ UEFA オランダ 16
1978 アルゼンチン CONMEBOL アルゼンチン CONMEBOL オランダ 16
1982 スペイン UEFA イタリア UEFA 西ドイツ 24
1986 メキシコ CONMEBOL アルゼンチン CONMEBOL 西ドイツ 24
1990 イタリア UEFA 西ドイツ UEFA アルゼンチン 24
1994 米国 CONCACAF ブラジル CONMEBOL イタリア 24
1998 フランス UEFA フランス UEFA ブラジル 32
2002 韓国 & 日本 AFC ブラジル CONMEBOL ドイツ 32
2006 ドイツ UEFA イタリア UEFA フランス 32
2010 南アフリカ CAF スペイン UEFA オランダ 32

大陸の変化

World Cup勝者(最初の5つを含む)の大多数は主催連盟から出ているので(表1)、2014年の勝者を予測する時にこの関係に注目することは、いい考えであると思われます。 トーナメントの進化に関して詳しく分析すると、予想通りであることがわかります。 1930年にウルグアイで開催され同国が優勝した最初のトーナメントを見てみましょう。 競合した13チームの内、4チームのみがヨーロッパから参加しました。その理由は彼らが大西洋を横断するのに3週間かかったからです。

より多くの南アメリカのチームがいたことは別として、そのような遠征をしたヨーロッパチームのパフォーマンスへの影響はかなりのものだったでしょう。乗船している時にトレーニングをする機会はほとんどなく、さらにほとんどのヨーロッパ人プレイヤーは海外でプレイした経験を持っていなかったはずです。

遠征は、1934年および1938年にイタリアおよびフランスで開催された大会でも依然として大きな課題でした。それぞれ16カ国中4カ国および16カ国中3カ国だけがヨーロッパ以外の代表チームでした。 両トーナメントはノックアウト方式で開始したので、参加チームには大会に慣れる時間はありませんでした。 イタリアが両大会で優勝しました。

1950年になっても、優勝チームのイタリアは船でブラジルまで遠征しました。多くのチームは財政的な制約または遠征の困難さによって参加を辞退しました。

1950年になっても、優勝チームのイタリアは船でブラジルまで遠征しました。多くのチームは財政的な制約または遠征の困難さによって参加を辞退しました。 わずか13チームが参加しました(1つのグループは2チームのみで構成されました)。そしてインドは、裸足でプレイはできないと言われたので、辞退しました。 実績に基づいて参加した国はほとんどなかったのは明らかです。 決勝ではウルグアイがブラジルに勝ちました。

開催国の強み

これらの初期のWorld Cupでは、開催大陸チームに偏った参加、遠征の困難さ、計画性のない予選、それらすべてがホームフィールドアドバンテージに貢献しました。

飛行機での旅が普及するにつれて、World Cupに参加しやすくなりましたが、それでもHFA(ホームフィールドアドバンテージ)は、近代的な試合形式の時代(1986年と考えられています)に入るまで、大きな課題でした。 ごく少数のプレイヤーだけが海外を拠点にしており、トーナメント組織は近代的な基準から見てアマチュア的なままでした。 開催国が1966年、1974年および1978年で優勝しました。

現代のゲームにおいてHFAは広く研究されています。例えばハーバードの研究助手Ryan Boyoko氏の研究によると、1万人のファンがその場にいると0.1ゴールのアドバンテージがあると言われています。 HFAは審判の判断に影響を及ぼしたり、ホームプレイヤーに心理的利点を与えたりすると考えられています。

これらの全般的なHFA測定の影響を越えて、World Cup(特に1974年*と1978年*)は、偏見および明らかな不均衡の例として考えられてきました。 1978年および1982年のいずれも、決勝グループゲームは平行してプレイされず、悪名高い「Schande von Gijón」–「ヒホンの不名誉」が発生しました。西ドイツとオーストリアはわざと1-0の結果になるように試合を行い、アルジェリアを犠牲にして、両チームは82年度大会の2回戦に進みました。

1978年以来、8回のトーナメントで開催国が優勝したのは1回だけであることを考えれば、サッカーの試合が世界規模になり、組織はよりプロフェッショナルになり、監視が強化されたと推測できるかもしれません。 例えば、スペインで大っぴらに共謀が行われた後にルールが変更され、すべての決勝グループゲームは平行して開催されるようになりました。

同様に重要なことに、開催国の選択がより政治的になり、サッカーが定着している国が開催国とならなくなりました。 過去8カ国の開催国で、以前に決勝まで進出したことがあるのは2カ国だけです。

パワーシフトとUEFA/CONMEBOLの偏見

開催大陸と最終的な勝者の関係が最初に崩れたのは、1958年にブラジルと10代のペレがスウェーデンで優勝した時でした。 これはブラジルサッカーの黄金時代の始まりでした。ブラジル代表チームは1962年にチリ、1970年にメキシコで再び優勝します。 セレソンの成功は、World Cupの勝者を予測する時に考慮すべき、パワーシフトという別の重要な要因をベッターに示しています。

1977年にペレは、「アフリカの国が2000年までにWorld Cupで優勝するだろう」という今となっては恥ずべき予言をしました。 ペレは優れた能力があっても、評論家になることはできませんでしたが、彼はサッカーにおけるヨーロッパと南アメリカの永続的な強さを過小評価したため、彼の予言の失敗には関連性があります。

FIFAは、ヨーロッパと南アメリカのチームによる試合を、そうでない試合よりも、重要視しています。 ヨーロッパや南アメリカ以外から3つのチーム(米国、コートジボワール、ガーナ)しかFIFAのトップ30に入っていないのは、それが理由です。 すべての大陸が同様に扱われた場合、理論上ではコートジボワールや米国はWorld Cupのシードになり、それらの国が成功する確率に大きな影響を与えることになるでしょう。

ヨーロッパおよび南アメリカの力は持ちこたえてきましたが、その2大陸による独占状況において大きなパワーシフトがありました。 それは1998年のフランスおよび2010年の南アフリカにおいて見られました。フランスおよびスペインの両国はEuropean Championshipで初めて優勝しました。

サッカーの力関係は、世界中にサッカーが受け入れられるのに影響を与えた、その地理的な起源や他の任意の要因を反映しています(例、アルゼンチンの英語の公立学校)。 例えば、人口と成功には直接的な関係はありませんが、社会経済学的な要因は、一般大衆レベルでの改善、および移民への影響に関連性があります。しかし、これらの要因は数年単位ではなく数十年単位の長期間にわたり関連しています。

国際的なサッカーの勢力地図の変化は、後から考えると推測するのは簡単ですが、スペインは2010年に優勝するまでに何度もその実力以上に期待されて多くのベッターを裏切り、その一方でフランスはFIFA世界ランキング18位で1998年の大会に参加しました。

運 - 慎重に考えた予測

1958~70年のブラジルによる3回の優勝は、1966年のイギリスによる単発の勝利によって中断されました。 カナリア(ブラジルのニックネーム)の失敗は、World Cupベッターが考慮しなければならない、運というもう1つの重要な要因を示しています。

Pinnacleは以前に、成功とはスキルと運を足したものであると説明したことがあります。 運が関わってくるスポーツおよび短期間のイベントにおいて、勝者が必ずしも最も才能あるチームまたは最高のサッカーをプレイしたチームでない可能性があることは、驚くべきことではありません。

あらゆる近代のトーナメントは、無作為の抽選に基づく予選トーナメントから始まります。そして決勝トーナメントはその魅力と(また無作為の)抽選の混乱によって盛り上がり、代表チームのコーチは、不安な気持ちで抽選の結果を待ちます。

抽選の前にWorld Cupに賭けていたベッターなら、誰でも同じ様に心配になっていたでしょう。早ければ第2ラウンドでブラジルと対戦することになる厳しいグループBにスペインが抽選で決まったことで、スペインのアウトライトオッズが変動したことでも分かるように、この無作為の方法は大きな影響力を持っているからです。

グループステージでの最長の遠征距離と最短の遠征距離の差は3,047マイルです。

トーナメントが始まったら、運は競技場だけでなく、あらゆる場所に潜んでいる場合があります。 最高の環境を確保するためにチームの本拠地は、何カ月も前から選ばれます。しかし、ブラジルでの抽選の結果、ベースキャンプと試合会場が何千マイルも離れることになりました。グループステージでの最長の遠征距離と最短の遠征距離の差は3,047マイルです。 たとえ準備が順調に進んだとしても、それが競技場での成功につながるとは限りません。

1966 World Cupまで、ガリンシャとペレは負けなしで、合計で40回の国際ゲームをプレイしました。 イギリスでのトーナメントにおいて、2-0で勝利した最初のブルガリア戦で両選手は得点を入れましたが、ペレはブルガリアチームに標的にされて負傷しました。したがってペレはハンガリー戦で欠場することになり、ブラジルは3-1で負けました。そして信じられないことがブラジルに起こりました。ガリンシャが欠場し、ブラジルはポルトガルに負けて敗退しました。World Cupにおけるブラジルの最悪の結果になりました。

2人は2度と一緒にプレイすることはありませんでした。もしペレとガリンシャが負傷しなかったらどうなっていたでしょうか? 予想はできませんが、他のWorld Cupトーナメントにおけるこのような状況や、多数のその他の予測できない出来事が、結果に大きな影響を与えることになります。

何が運を構成するか定義することは困難です。正確さに欠ける審判の判断はその良い例です。 HFAは、審判がホームサポートによって影響を受けると示唆しています。これにより、2002年に韓国が予想に反してベスト・フォーまで進出した事実を説明できます。 しかし、World Cupの大多数の試合では、開催国チームがプレイしていません。したがって「神の手」(1986年準々決勝)、シューマッハー/バチストン***事件(1982年準決勝)、またはパリでの決勝(1998年)直前のロナウドに関するミステリーなどの悪名高いエピソードは、すべて極めて重要ですが、予想することは不可能です。

運は別の次元でも作用しています。例えば、現在のベルギーのように、例外的に、才能あるプレイヤーたちが一世代に集中したりします。

予測不能 - 奇妙なことが発生する

時に運は問題ではなく、純粋に予測不能ということもあります。 38歳のアフリカ人(ロジャー・ミラー)が1990 World Cupで英雄になったり、ほぼ無名だったイタリア人ストライカーのトト・スキラッチが開催国チームで得点王になったりすると誰が予想できたでしょうか?  1994年には、国際レベルで獲得したゴールが6つだけで、その内の5つをカメルーン戦で獲得したロシア人にゴールデンブーツが授与されました。

参加、形式、規制、偏見および運に関して、過去19回のWorld Cupにおいて大きな差があったのは明らかです。しかし、これらのトーナメントに特定した要素以外で、社会経済的および政治的な背景も完全に異なっていました。それらも非常に関連しています。

World Cupの比較可能性 – サンプルがない

多数の重要な要因や変数が持続する一方で、比較的サンプルのサイズが小さい場合に予想をする必要がある困難な状況は、「サンプル外」と呼ばれています。 World Cupは、この顕著な例です。

データにそのような問題がある状態では、ベッターは代わりに、World Cup勝者を選ぶために確率論的なアプローチに重点を置くべきです。

過去のWorld Cupを直接比較するのが難しく、運やさまざまな状況が関与することを考慮すると、勝者を必ず予想すると主張する予想屋には注意するべきです。 データにそのような問題がある場合、ベッターはWorld Cup勝者を選ぶために確率論的なアプローチに重点を置き、ベイズ法(別個に説明します)のようなものを使用する必要があります。そして過去のトーナメントの傾向に基づいて明白な結論を導き出そうとするのではなく、オッズにバリューを求めるようにするべきです。

考慮すべき点:

  • 1986年以来、トーナメントの形式はずっと一貫していることを考慮すると、遠征への障害は取り除かれ、サッカーはより世界規模になりました。したがって、それ以降の結果をもっと重視する必要があります。 例えば、ウルグアイの1930年および1950年のWorld Cup優勝は、2011 Copa Americaの成功よりも関連性が少なくなります。
  • 初期のトーナメントは極端なHFAを提供していましたが、これは近代では弱くなりました。 HFAはいくらか関与していますが、運や不確実性も関与しています。1978年以来、開催国は一度しか優勝していません。
  • アフリカの国が2000年までに優勝するというペレの予想は間違っていましたが、過去の成功は将来の成功を保証するものではありません。同じチームが勝ち続けることはありませんが、ワールドサッカー内の力関係は比較的ゆっくりと変化しており、それらは数多くの要因(いくつかは完全にゲーム以外)の結果です。
  • FIFAのランキングシステムは、本質的にCONMEBOLとUEFAに偏っています。その結果として、トーナメントのシードと勝ち進むチャンスに影響が及びます。

注記

ドイツとオランダとの1974 World Cup決勝までの準備期間に、ドイツのタブロイド紙Bildは「仕組まれた罠」に関与していた。 警備員に賄賂を渡した後に、同タブロイド紙はエスコート(売春婦)の一団にお金を支払って、オランダチームがくつろいでいたプールに服を脱がせた状態でエスコートたちを飛び込ませた。そしてパパラッチが伏せて待機していた。 その話は広まり、クライフの妻は激怒した。クライフは何もなかったと妻を説得するのに夜遅くまでかかった。 しかし、これによってダメージが与えられ、ドイツは2-1で勝った。

** 1978 World Cupに関して論争が起こった。 特にアルゼンチンとペルーとの第2ラウンドの試合が問題だった。 開催国のアルゼンチンは決勝進出のために4得点で勝つ必要があり、6-0で決勝に進んだ。 妨害、アルゼンチンの軍事独裁、インチキ試合をしたアルゼンチン生まれのペルー人ゴールキーパーにいたるまで、共謀説は多岐にわたった。 アルゼンチンはそのWorld Cupで優勝した。共謀説が証明されることはなかった。

*** バチストンはぶつかって気を失い、後ほど昏睡状態に陥った。 後ほどマイケル・プラチナは、「バチストンには脈がなく青ざめていた」ため、バチストンは死んだと思ったと語った。 オランダ人審判のチャーリー・コーバーはその事故でフリーキックさえ与えなかった。

ベッティングリソース - あなたのベッティングをパワーアップ

オンライン最高クラスの充実度を誇るピナクルのベッティングリソースでは、専門家によるベッティングのアドバイスをご覧いただけます。ベッティング経験の長さを問わず、ベッターの皆様がパワーアップできる知識をお伝えすることが目的です。