1 16, 2013
1 16, 2013

Betfairの制限された全豪オープンの流動性を調べる

Betfairの制限された全豪オープンの流動性を調べる
制限された流動性は、全豪オープンのアーリーラウンドでの取引所テニスベッターにとって大きな問題です。Betfairのテニスの流動性が不十分な理由、そしてPinnacleがどれくらい優れた選択肢を提供しているかを検討します。

インターネットの掲示板は、全豪オープンの流動性が低すぎる理由に関する理論であふれかえっています。そして提言は、イベント特定の問題および取引所ベッティングコンディションの変化の2つのカテゴリーに分類されます。

衰退するテニス流動性――イベント特定の要因

Betfairは、英国に偏った顧客ベースを持つ、取引高に関して最大手のベッティング取引所です。多くの全豪オープンの試合は1:00 AMから5:00 PM(GMT)の間にプレーされるので、Betfairの中核のプレイヤーベースにとって都合の悪いタイミングにより有効な流動性が影響を受けるのはほぼ確実でしょう。これは、重要でないコートでスター選手のいないゲームでプレー中にベットを行おうとしているベッターにとって特に深刻です。

時間帯の問題に加えて、全豪オープンの英国でのテレビ放映は、すべてのグランドスラムの中で最も不規則です。大手テレビ局のBBCまたはSkyのどちらもアーリーラウンドの試合をライブで放映していません。取引所では、イベントの実況中継と取引高/流動性には直接的相関関係があります。

事態をさらに悪化させているのは、Betfairもオーストラリアの賭博当局と特別な取り決めを結んでおり、オーストラリアで発生したイベントに賭ける顧客は指定されたオーストラリアのウォレットに資金を送金する必要があります。また、この実用的でないステップは、一部のベッターの意欲をなくさせるのに十分かもしれません。

衰退するテニス流動性 - 取引所の要因

イベント特定の問題と並んで、衰退する取引所の流動性に関する議論は、掲示板で毎日交わされるトピックであり、全豪オープンの問題に関連しています。以下のポイントは、多くのベッターが感じている流動性に影響を与えている構造的な問題です:

2008年に、Betfairは、ベッターが支払っている手数料に比べて不釣り合いなほど大きな賞金を受け取っているベッターに対してプレミアムチャージを導入しました。2011年に、このプレミアムチャージは60%まで増えました。多くの人たちは、この過酷な措置が流動性が減少した原因だと考えています。大きく賭けるプレイヤーは、賭け金を少なくしてプレミアムチャージの負担を軽減しようとするかもしれません。それは市場のアクションを激減させます。

流動性は取引所で少なくなっているように見えますが、Pinnacleでは全く逆のことが起こっています。

ある大手オンラインベッティング掲示板のスレッドでよく見かけるのは、たくさんのいわゆる「値付け業者」が活動を減少または停止してしまったことです。これは特に全豪オープンのアーリーラウンドの関連試合に言えることです。そのような試合の流動性の欠如は極めて顕著です。

Betfairのような取引所で流動性は少なくなっているように見えますが、Pinnacleでは全く逆のことが起こっています。

衰退するテニスの流動性 – 不十分な流動性とバリュー

理論的には、取引所はあらゆる特定のイベントへのベットについて自由市場を提供するはずです。そして自由市場の経済では、オッズは「真の値」の位置にすばやく移動するはずです。賭ける人および胴元のどちらも最適なリターンを求めており、両者の差は減少するはずです。そしてこれは100%市場(マージンがない市場)に近いものを生み出すはずです。

十分な取引高があり、市場が効率的であれば、これは真実であるかもしれません。しかし、残念ながら、成功している取引所のベッターは、最高7%まで上昇する賞金に対する手数料を課されることになります。残念ながら全豪オープンベッターにとって、この手数料は、取引高が十分にない時など、市場が非効率であっても適用されます。

不十分な流動性がもたらすバリューの減少に加えて、この状況は取引所の最大の魅力のひとつである、利益を確定するためにポジションをヘッジする自由を制限します。売りに出されているお金がなければ、ベッターは提供されているオッズを取るか、ハンドを伏せておくことになります。

衰退するテニスの流動性 – Pinnacleは関係ありません

Betfairのような取引所で流動性は少なくなっているように見えますが、Pinnacleでは全く逆のことが起こっています。当社はオンラインで最高の固定オッズ上限金額トを提供していると、以前から評価されています。しかし、これらの上限金額は2015シーズンにさらに引き上げられました。ベッターは最大上限金額を再度賭けることができるので、Pinnacleはほぼ無制限の流動性とポジションを構築する能力を提供しています。

高い上限金額だけが、取引所よりもPinnacleの方がテニスベッターにとって優れた選択肢である理由ではありません。手数料を考慮すると当社のマージンは非常に低くなっており、はるかに優れたバリューを提供し、もっと賞金を獲得するチャンスがあります。これは、マージンが最小2%であるテニスには、特に言えることです。全豪オープンを祝して、当社は準決勝および決勝のマネーライン、スプレッド、トータル市場で、最小1.5、2、2.5のマージンを提供しています。Pinnacleの業界最高のテニスバリューに関する詳細はこちらからご覧になれます。

取引所とは異なり、Pinnacleでは隠れた手数料はありません。当社は勝っているプレイヤーにコミッションや請求を課したりしません。また勝っているプレイヤーのアカウントを閉じたり、制限したりすることもありません。当社の高い取引高/低マージンのビジネスモデルは、賢明なプレイヤーを必要としています。

全豪オープンで優れたテニスの流動性、手数料やプレミアムチャージの免除を探しているなら、Pinnacleをお試しください。

ベッティングリソース - あなたのベッティングをパワーアップ

オンライン最高クラスの充実度を誇るピナクルのベッティングリソースでは、専門家によるベッティングのアドバイスをご覧いただけます。ベッティング経験の長さを問わず、ベッターの皆様がパワーアップできる知識をお伝えすることが目的です。