6 16, 2016
6 16, 2016

2016 WTA Wimbledon - 成長途中のスター選手達

2016 WTA Wimbledon - 成長途中のスター選手達
22歳のGabrine MuguruzaがFrench Openの決勝でSerena Williamsを破り初のグランドスラムタイトルを獲得し、女子テニス界の「新勢力」の真の訪れを告げました。Wimbledon 2016を控え、テニス専門家のDan WestonがWTAのトップの若手選手を検討し、ロンドンのグラスコートで衝撃を巻き起こす可能性の最も高い選手を見極めます。

Serena WilliamがWimbledonで優勝の見込みの高い本命ですが、メルボルンとパリでの2度のグランドスラムでの敗退により、WTA Wimbledonは珍しくオープンなアウトライトマーケット(3人のライバルが10.0未満、そして他の8人が50.0未満)となっており、期待の星が衝撃を引き起こす可能性が十分にあります。

WTA French Open決勝の教訓

6月4日のFrench Open決勝でこの若きスペイン人選手が世界ナンバーワンのWilliamsを破るPinnacleのクロージングプライスは、2.42でした。数字から見ればMuguruzaのFrench Open優勝は衝撃的とは言えませんが、ベっティングマーケットに不慣れなテニスファンにとっては非常に驚きの結果となり、若手WTA選手がグランドスラムタイトルを獲得する時代の幕開けとなりました。

WTAの現在のトップ15の選手の内、MuguruzaとBelinda Bencic以外は全員24歳以上です。

2.42のオープニングラインが2.68へと上がり、その後マーケット最低値の2.18に下がり、試合開始前にオープニングプライスに戻るという状況の中、ベッターにとってラインの価値を見極めるのが困難でした。

WTAの現在のトップ15の選手の内、MuguruzaとBelinda Bencic以外は全員24歳以上で、女子ツアーでは従来10代の選手がトップ10に入ったりグランドスラムタイトルを獲得したりすることがありましたが、ここ何年間もの間では今回が初めてです。

下の表は、22歳以下のトップ100のWTA選手の12か月間の記録(2016年6月13日の時点)です。表はホールド/ブレーク率の合計順になっています。

WTAトップ100 - 12か月間の記録(22歳以下)

選手

ランク

年齢

12か月間の記録

12か月間のサービスホールド%

12か月間のブレーク%

12か月間の合計%

Muguruza

2

22

40-18

73.7

39.8

113.5

Bencic

8

19

46-18

73.0

36.4

109.4

Keys

16

21

30-17

75.9

32.6

108.5

Kasatkina

31

19

27-13

68.4

39.9

108.3

Svitolina

18

21

32-24

63.9

42.0

105.9

Puig

43

22

27-21

70.9

34.9

105.8

Beck

44

22

28-23

60.7

45.1

105.8

Gasparyan

57

21

21-16

67.6

36.5

104.1

Garcia

39

22

31-24

69.9

33.8

103.7

Ostapenko

38

19

18-16

62.0

41.6

103.6

Putintseva

36

21

23-20

64.0

39.2

103.2

Osaka

93

18

13-10

69.8

33.2

103.0

Kontaveit

92

20

12-12

65.1

36.6

101.7

Kozlova

98

22

1.39

63.5

37.0

100.5

Bouchard

47

21

24-20

64.8

35.2

100.0

Friedsam

51

22

26-19

68.3

31.7

100.0

Chirico

74

20

14-10

60.7

38.4

99.1

Gavrilova

50

22

24-21

63.3

35.6

98.9

Kovinic

53

21

22-22

65.8

32.1

97.9

Tig

100

21

9-11

64.4

32.4

96.8

Hibino

70

21

21-16

62.1

32.9

95.0

Zheng S

78

22

19-25

57.2

37.8

95.0

Schmiedlova

40

21

23-24

59.9

34.6

94.5

Diyas

95

22

1524

60.3

33.7

94.0

Sasnovich

99

22

9-12

53.9

35.5

89.4

選手別ガイド

世界ランキングが上がる可能性のある数々の選手を検討し、どの選手がMuguruzaやBencicと共にトップ10入りを果たすのか、そしてグランドスラムで競う実力があるのかを見てみましょう。

Madison Keys - 21歳、米国

ビッグサーブのアメリカ人選手には強力なリターンゲームを除き、成功に必要な全てが揃っているように思われます。Keysは非常にパワフルなサーブで、ここ数週間Wimbledonの「第2」人気の1人となっています。 

Keysは既に19歳の時にEastbourneのグラスコートでプレミアタイトルを獲得し、その後2回のプレミアレベルでのクレイコートでの決勝進出から、コートの種類に関わらず安定した実力を発揮できることが見られます。Keysのトップ10入りは時間の問題のようです。 

KeysのWimbledon 2016優勝オッズ:22.94*

Daria Kasatkina - 19歳、ロシア

Kasatkinaは大きな可能性を秘めた選手で、2014年にFrench Openジュニアタイトルを獲得、既に特にクレイでの非常に優秀なメインツアー記録を持っています。

19歳にして現在21歳のElina Svitolinaや22歳のMonica Puigよりも優秀なホールド/ブレーク記録を持っているということは、今後の成長の非常に明白な兆しとなり、Kasatkinaがトップ10入りし、ここ数年以内にグランドスラムタイトルに挑戦していても全く意外なことではありません。

Elina Svitolina - 21歳、ウクライナ

Svitolinaはここ数年間トップ50にランク付けされていますが、WTAの決勝で4-0という記録(但し全てマイナーな国際レベルのイベント)にも関わらず、過去20位以上に上がったことがあまりありません。 

統計から見れば、Svitolinaはブレークポイント(特にサーブ)のパフォーマンスに劣り、この点を解決できればトップ10のランキングに近づけることでしょう。 

SvitolinaのWimbledon 2016優勝オッズ:114.40*

Margarita Gasparyan - 21歳、ロシア

Gasparyanは18か月にわたり大きな可能性を持った選手としてご紹介してきましたが、彼女のWTAツアー開幕直後の成績はやや期待外れでした。 

Gasparyanは21歳にしてトップ50入りを果たせず、今のところたった1つのメインツアータイトル(Baku International、2015年)しか獲得していません。このロシア人の若手選手は他のコートに比べてクレイでの記録が良くなく、彼女にとって今年のWTAのメインのクレイの部分が終了したことは幸いで、ここ数か月間ハードコートで好成績を残せるかが非常に重要となります。

Jelena Ostapenko - 19歳、ラトビア

Ostapenkoは先週19歳の誕生日を迎え、テニスの世界で大きな未来が待っていることが明白なラトビア人選手です。2014年のJunior WimbledonチャンピオンのOstapenkoは、今後数か月間グラスコートでハードとインドアハードコートでの結果に見合ったグラスコートでの好成績が期待されています。 

現在21歳のElina Svitolinaや22歳のMonica Puigよりも優れたホールド/ブレークの記録を持つOstapenko(19)は、今後の非常に大きな将来の可能性を秘めています。

決勝ではるかにランクが上の相手に2敗したところを見ると、Ostapenkoの初WTAタイトルはまだ先になりそうですが、19歳でこのようなホールド/ブレーク記録があれば、初のメインツアータイトル獲得は時間の問題でしょう。

Yulia Putintseva - 21歳、カザフスタン

ここ数か月間で急速に順位を上げてきた選手で、特に得意なクレイコートでは12か月間のメインドローの試合で13-5の記録を持っており、合計ホールド/ブレーク率112.0%と、クレイでは既にトップ10のレベルからさほど遠くありません。 

PutintsevaはFrench OpenでCarla Suarez NavarroとAndrea Petkovicに勝ち素晴らしい実力を見せつけ、準々決勝でSerena Williamsから第1セットを奪いました。しかし、将来の成功はクレイでの好成績を他のコート、特に苦戦しているハードコートでも実現できるかにかかっています。

Naomi Osaka - 18歳、日本

Osakaは、パワフルなサーブを主力に昨年女子テニス界に突如参入しました。しかし、ここ12か月間で勝率たった33.2%と、リターンゲームが最大の弱点であることも明確です。

とは言え、19歳にして103.0%の合計ホールド/ブレーク率は、Osakaの可能性が極めて高いことを意味し、特にツアーがアジアに向かって戻ってくるここ数か月間の彼女の動きには興味深いものがあります。

Anett Kontaveit - 20歳、エストニア

Kontaveitはここしばらく大勢のファンから大きな結果を期待されている選手ですが、12-12の成果に加えここ12か月間でトップ20の選手相手にたった1勝と、まだ課題が多いことは明らかです。

このエストニア人選手はまだWTA決勝進出の経験がなく、過去16回のUS Openポイント攻防戦で8月にランクが下がる可能性があることにも注意が必要です。

しかし、ホールド/ブレークの記録を見れば、彼女にまあまあの可能性があり、ランクが下がったとしても永久的なものではなく一時的である可能性が高いことが明らかです。

Eugenie Bouchard - 21歳、カナダ

この21歳のカナダ人選手が2014年シーズンの終わりに女子テニスのトップレベルに到達することは、大勢が予想していました。彼女は19歳で既にグランドスラムの決勝に進出(2014年にWimbledonでKvitovaに敗北)し、トップ10入りを果たしました。 

その後1年半、Bouchardはトップ50を上下し、怪我や自信の問題を抱え、一貫性に大きな問題がありました。統計から見れば、彼女はリカバリーセットとブレークに非常に弱く、今後も心理的な強さに疑問が感じられます。Bouchardがこれらのエリアを改善できたとすれば、当然トップ10復帰となります。

BouchardのWimbledon 2016優勝オッズ:41.03*

Louisa Chirico - 20歳、米国

詳細に検討すべく最後の選手は、ここ数か月でWTAランキングが急速に上がった20歳のChiricoです。

Chiricoは4月の始めに124位でしたが、素晴らしいクレイシーズンを終え、2か月未満でランクを50位上上げ、74位に上りました。4月のCharleston Premierのイベントでワイルドカードとして16位になり、それに続く5月のMadrid Premierでの準決勝進出等が印象的でした。French Openの第2ラウンドでVenus Williamsとわずかな差(Pinnacleのクロージングプライス2.25)だったのも、実力が上がったことを示しています。 

Putintseva同様、Chiricoもクレイでの好成績を他のコートでも出せるか、興味深いところです。もしそれが可能であれば、今後確実にランクが上がることでしょう。

これらの詳細に検討した選手達には明るい未来が待っています。Ana Konjuh (133.83*)、Elizaveta Kulichkova、Maria Sakkariらはトップ100入り寸前、さらに非常に期待の高いCiCi Bellisはつい最近17歳になったばかりと、女子テニス界の未来は明るく、ベッターは非常に近い未来、数々の新名を目にすることでしょう。

ベットの準備はいいですか?WTA Wimbledon 2016にベットする前に必ずSerena Williamsのオッズの矛盾をご覧ください。

アカウントを開設 

ベッティングリソース - あなたのベッティングをパワーアップ

オンライン最高クラスの充実度を誇るピナクルのベッティングリソースでは、専門家によるベッティングのアドバイスをご覧いただけます。ベッティング経験の長さを問わず、ベッターの皆様がパワーアップできる知識をお伝えすることが目的です。