政治ベッティングがかつてない人気を集めているのはなぜか

ブックメーカーが政治マーケットで苦労する理由とは

政治オッズに影響を与える要素

世論調査は信頼できるか

政治オッズでバリューを享受する方法

政治ベッティングがかつてない人気を集めているのはなぜか

2016年、大半のブックメーカーが、アメリカ大統領選挙でのDonald Trumpの勝利と、イギリスのブレグジット投票の確率を見誤りました。これらのイベントの前から政治ベッティングへの関心は高まってはいたものの、ベッターの政治ベッティングに対する捉え方の転機となりました。なぜ政治マーケットがこうも人気を集めるようになったのでしょうか。詳しくは続きをお読みください。

政治マーケットの仕組み

政治的イベントのオッズは、多くの場合、スポーツベッティングの「珍しいマーケット」に分類されます。このマーケットは今もなお多くのベッターから、あくまで興味本位か、ベットとしては一般的ではないものと考えられています。特に、現在の政治情勢には、あまりにも多くの論点が持ち上がっているからです。ただし、政治マーケットでバリューを見出そうと専念している人たちもいます。中には、ブックメーカーのオッズの非効率性を見きわめ、政治イベントに関するベッティングから安定した利益を得ることができる人もいます。

政治ベッティングに特化したいと考えるベッターにとってトレードオフとなるのが、ブックメーカーの誤りは簡単に見きわめられる可能性があるが、それを利用する機会が従来のスポーツベッティングに比べて少ないという点です。ブックメーカーは、自分の弱点に気付いて、被るダメージを制限するでしょう。ブックメーカーの提示する上限額が低かったり、イベントに対して用意されるマーケットが少なかったり、マーケットが開いている期間が短かったりする(3つすべてが組み合わさる場合も多い)傾向があるのは、このためです。

一般的に、政治イベントへのベッティングを人々が楽しむのは、そうした方がより面白くなるからです。ただし、ここで話題にしているごく一部のベッターは、金銭上の利益を得られる可能性ゆえに、その他のマーケットよりも関心を寄せています。

政治マーケットがブックメーカーにとって弱点であり、そこにベッティングすることでお金を稼げるのだと知ることはできても、ことはそう単純ではありません。ブックメーカーがなぜ苦労するのか、また、ブックメーカーや同じことをしようとする人たちよりも優位に立つには何ができるのかを知る必要があります。

質の高いデータへのアクセス制限

データは、あらゆるベッティングマーケットに欠かせない部分です。データにより、ブックメーカーはオッズを設定でき、ベッターの判断材料となります(行われたベットもデータであり、ブックメーカーはこれを利用してマーケットの取引を行い、オッズを調整します)。お客様がベットという形で提供するデータの他にも、ブックメーカーには、オッズをできる限り効率的にするのに役立つさまざまなデータソースがあります。

スポーツベッティングでは、ブックメーカーへのデータの提供のみに特化した会社があります。そういった会社は、すべてのプレイヤー、チーム、リーグ、スポーツの何千というデータポイントを監視し、さまざまなイベントのあらゆる結果の可能性を推定するのに十分な材料をブックメーカーに提供しています。ただし、政治の場合は利用できるデータがかなり少なくなります。さらに重要な点として、利用できるデータの質に問題があります。

4年ごとに開催されるサッカーの試合があると考えてみましょう。どちらのチームのプレイも見たことがなく、他チームとの過去の対戦成績について利用できるデータもありません。この試合のプライス設定をどう始めたらよいでしょうか。ブックメーカーは、Trump対Clintonの2016年の選挙で、この状態になりました。

下のグラフは、2016年のアメリカ大統領選挙で想定された確率を追跡しています。投票の集計が開始されるまで、発生する可能性の一番高いものがオッズに反映されていなかったことは、明らかです。

In-article-1-Bookmakers-struggling-with-political-predictions-update-V3.jpg

データの不足によって、政治ベッティングは、むしろベッターとブックメーカーにとって「平等な勝負の場」となります。ただし、ベッティングマーケットにおける他者との競争は依然として厳しく、注意が重要です。ブックメーカーには、正しい予測に役立つデータはないかもしれません。しかし、そこでベットを行う人たちが即座に自分たちの誤りを浮き彫りにします。つまり、政治マーケットでバリューを見出す争いは、従来のスポーツベッティングよりさらに厳しいということです。

世論調査は信頼できるか

ブックメーカー側でデータが足りないとなると、何が起こるかを予測するには、必然的に世論の分析に頼らざるを得ません。そこで登場するのが世論調査です。以前は政治投票の信頼できる指標と考えられていた世論調査ですが、ここ10年ほどは、世論調査と実際の結果の差を見ると、こうしたアンケート結果の信頼度は低くなってきています。

政治ベッティングの情報源として世論調査を利用するなら、「社会的望ましさによるバイアス」を認識しなければなりません。

前述のTrump勝利とイギリスのEU離脱は、ブックメーカーが直面している政治マーケットの難しさを際立たせましたが、これは人々の言行不一致を示すものでもありました。2016年のアメリカ大統領選挙とイギリス国民投票の世論調査はどちらも、クリントン勝利とBritain Stronger in Europe (イギリスのEU国民投票における残留派)の大勝を示唆するものでした。今では、これは国民の投票の傾向を実際に反映したものではなかったことがわかります。

Mark Twainの言葉をもじれば「この世には3つの嘘がある。普通の嘘、大きな嘘、そして世論だ」ということになります。統計が嘘をつくのではなく、人々が嘘をつくのです。ある社会調査によれば、人がアンケートで嘘をつくのは「社会的望ましさによるバイアス」が作用した結果であるということ。これは嘘に関するひとつの真実でしょう。わかりやすく言うと、人は答えにくい事柄について意見を求められると、真実を言った場合にどう思われるかを恐れ、本心を語らない傾向を持っているということ。

統計学者たちは「社会的望ましさによるバイアス」を熟知しており、なるべくその影響を受けないようあらゆる手段を講じています。ただし、過去のアンケートにおける虚偽の回答率を基に、人々が嘘をつく確率をどうにか予測できたとしても、政治マーケットでベッティングをする場合には、まだ他にも考えるべきことがあります。

浮動票はあまりにも予測不能

政治イベントの結果を予測できるようになるには、明らかに多くの課題があり、世論調査の回答がどの程度正直なものかを判断するだけでは済みません。投票結果を予想するだけではなく、ベッティングで勝とうとするのであれば、どちらに投票するかを決めておらず、気持ちが変わるかもしれない人々の趨勢がカギになります。

最後の最後まで勝者がわからない1対1の僅差の選挙戦において勝者を決めるのは、まだ最終的な決断ができていない人たちです。こうした人たちにより、結果のモデリングが困難になり、ベッティングオッズは結果の可能性を示す指標として信頼できなくなります。

これが、他のスポーツでのイベントに比べて、政治マーケットでの動きが大きくなる理由です。不確実性が高まるほど、オッズは大きく上下します。そしてプライスの変動が大きいほど、ベッターにとっては旨みのあるベッティングの機会も増えるわけです。

ブックメーカーの優位性を理解する

前述のとおり、ブックメーカーには、政治マーケットへのベットを検討する誰よりも大きなアドバンテージとなるものがあります。他のベッターがいるということです。ブックメーカーはオープニングオッズを決定した後、常にマーケットからの情報を取り入れて、オッズの調整に役立てます。Pinnacleの取引部門責任者であるMarco Blumeは、ベッターの一部を、有益な情報を提供してくれる「コンサルタント」と考えているとさえ述べています。彼らの報酬は、そのオッズにベットできることです(Pinnacleはこの情報を得た後にオッズを修正するので、その後のオッズでは利益は出ません)。

政治マーケットは、最初に行われる一連のベットによって序盤に変動することがよくあります。

世論調査とアンケートが示すのは有権者の見解の差異ですが、オッズが反映するのはベッティングの動き(お金を儲けたい人たちが考えていること)です。両者はまったくの別物です。自らの政治的信念に基づいて望む結果にベットするという、偏った賭けをするベッターもいくらかはいるでしょうが、それ以外のベッターはもっと客観的です。ブックメーカーが興味を持つのは、こうした人たちです。

人々がベットする理由をブックメーカーが読み解けなければ、そしてその見解の有益性を判断できなければ、その情報も役には立ちません。大抵のマーケットがそうであるように、ブックメーカーにとって役立つベッターは、情報から確実に最も高いバリューを引き出す必要があります。このバリューはよく、ベット可能な上限額の形で現れます。バリューのあるオッズを得ることと、やるだけの価値がある、十分な金額を賭けられること。多くの場合、この2つのバランスを取ることは困難です。そしてこれこそが、政治ベッティングに最大上限額を求めないベッターが早々に参加して賭けることを可能にしているのです。

スキャンダルの可能性

Cristiano Ronaldoがサッカーのピッチに立つとき、彼がゴールを決めるオッズを劇的に変化させるのは「怪我」だけです。しかし、政界の候補者たちは、性的スキャンダルがツイッター上で拡散してしまえば、その評価は天から地へと急降下します。

冷戦時代のイギリス政権を震撼させ、1964年の保守党敗北を導いたProfumo事件でも、最近の話であればClintonとMonica Lewinskyの不倫スキャンダルでも、政界での性的スキャンダルは、ベッティングマーケットを根底から覆してしまう爆弾なのです。

繰り返しになりますが、これは政治ベッティングマーケットがいかに予測不能であるかを示すものであり、また、ベッターがブックメーカーやマーケットの他の人よりも優位に立つ方法の一例でもあります。政治ベッティングに特化するなら、時間をかけてニュースやソーシャルメディアプラットフォームでスキャンダルの初期の兆候を監視することが、ベットするオッズに関しては有益であると証明できるかもしれません。ブックメーカーがオッズを調整する前に、そしてマーケットの他の人がベットするよりも早く反応することが、利益を挙げるための大きな1歩となるのです。

ベッティングリソース - あなたのベッティングをパワーアップ

オンライン最高クラスの充実度を誇るピナクルのベッティングリソースでは、専門家によるベッティングのアドバイスをご覧いただけます。ベッティング経験の長さを問わず、ベッターの皆様がパワーアップできる知識をお伝えすることが目的です。