9 12, 2016
9 12, 2016

UEFA Europa League 2016/17 ベッティング予想

UEFA Europa League 2016/17 ベッティング予想
Man UnitedとInterがEuropa Leagueの序盤戦にあり、Champions Leagueで敗退した8チームが2月の決勝トーナメントから参戦するという今の段階で、今年のトーナメント優勝者を予想するには、各クラブが何を手に入れ、あるいは失いたくないのか、徹底的に分析する必要があります。Mourinhoが優勝を狙うのに消極的になるのはなぜなのか、そしてなぜAthletic Clubが今年の台風の目になり得るのか、この記事で明らかにしていきましょう。

過去13回のEuropa Leagueのうち、スペインのチームが8回優勝しているという事実はおそらく、La Ligaが強豪ぞろいであることを物語っていますが、これは逆に言えば、国内タイトルを制覇できる実力を持っているスペインのチームは3チームしかいないという証でもあります。国内で優勝争いを繰り広げながら、Europa Leagueを制覇したチームは、2003年のPortoを最後に現れていません。木曜の夜に試合が組まれるEuropa Leagueのスケジュールがネックとなっているのは明らかでしょう。

今年度のイギリスチームの中ではSouthamptonとManchester Unitedの下馬評が高く、後者は大会の優勝候補にも数えられる一方、チームがPremier Leagueの優勝争いを続ける限りは、Jose MourinhoがEuropa Leagueに全力を注ぐことは考えにくいように思われます。過去30大会のうち、決勝に残ったイギリスのクラブは4チームしかありません。

Man United

Unitedの戦力は大会出場チーム中、最強であり、たとえMourinhoがグループステージでは主力を温存する決断を下したとしても、同組のFenerbahce、Feyenoord、Zoryaを撃破し、余裕のステージ突破を決めることは間違いないように思われます。

Unitedが3月になってもPremier Leagueの優勝戦線に留まっていた場合、MourinhoがEuropa Leagueに最強の布陣を投入してくることは考えにくいはず。

このポルトガル人監督はヨーロッパで抜群の成績を残しており、2003年にはPortoを率いてEuropa Leagueと、翌年のChampions Leagueを制覇してみせました。彼はまた、監督として、過去4年間の主要な欧州大会において、記録となる9回の出場を果たしています。

しかしながら、Man Unitedが3月になってもPremier Leagueの優勝戦線に留まっていた場合、MourinhoがEuropa Leagueの優勝に全力を投じることは考えにくいはず。現実的には、決勝トーナメント1、2回戦のドローの厳しさに大きく左右されるでしょう。Mourinhoがそこを勝ち上がり、ベスト8に残ったとすれば、優勝トロフィーはすぐそこ。無視するにはあまりに魅力的な機会となるでしょう。

Roma

1999年のParmaを最後に、イタリアのクラブがEuropa Leagueの決勝へ残ったことはありませんが、Luciano Spalletti率いる強力なRomaチームが、この連敗記録に終止符を打つ可能性は大いにあります。1月のチーム復帰後、Spallettiは驚異的な成功を収めてきました。監督就任後最初の2試合こそ苦戦しましたが、それ以降、Romaはリーグ戦の最後の17試合を14勝3分けの好成績でフィニッシュ。彼が監督になってからの得点率は1試合平均2.42と目を見張ります。

Miralem PjanicがJuventusに移籍したことで、タイトル奪取の確率は激減。その上、Gonzalo Higuainが“老貴婦人”たちに加入した今、Romaのようなチームが太刀打ちするのは事実上、不可能な状況に。そうした現状を踏まえれば、Spallettiがシーズン後半にかけて、Europa Leagueに力を注いでくる公算は極めて高いと言えます。

怪我で2015/16年シーズンを棒に振ったKevin Strootmanは、心機一転して復活。また、Stephan El Shaarawy、Mohamed Salah、Antonio Rudiger、Edin Dzekoなど、昨季に買い取りオプション付きのレンタル移籍契約を取り交わした選手も大勢います。Romaは多くのタレントを揃えたチームであり、優勝も十分狙えるでしょう。

Inter

Romaと同じく、Inter Milanも、今シーズンの後半にかけて、Europa Leagueのタイトルを狙える位置につけている可能性が高いチーム。過去3回の優勝を誇るInterは、1998年以降の大会では不振が続いていますが、わずか6年前にはChampions Leagueを制覇したばかり。豊かな歴史を持つヨーロッパの名門チームです。

Frank de BoerはAjax監督時代、その栄光に彩られた6年間で、1度しかベスト16へ進出できませんでしたが、Milanはこの夏、9800万ポンドもの大金を投じて戦力補強を行っており、さらなる好成績が期待されます。

Frank de Boerの魅力的なサッカースタイルが今季、称賛を浴びることは確実でしょうが、最終的にはトップチームで過ごす最初のフルシーズンにおいて、この監督がEuropa Leagueの優勝へとチームの舵を切ることは考えにくいかもしれません。準々決勝へ進出できれば御の字だと、本人も思っているのではないでしょうか。

Athletic

Athletic Clubは、主に昨シーズンの成功から、今大会の優勝候補の一角に数えられているチーム。Ernesto Valverde率いるチームは昨年、準々決勝まで進出し、不運にも、最終的に優勝を飾ったSevillaにPK戦での敗北を喫しました。結果が逆になっていれば、ひょっとすると、Athleticが優勝を飾っていた可能性もあります。

もっとも、移籍市場での動きが皆無に近かったため、チームは厳しい立場に追いやられました。それを裏付けるように、La Ligaの新シーズンでも迫力に欠けるスタートを切っています。Sporting Intelligenceによれば、スペインのチームは2レッグ制のEuropa Leagueの試合において、スペイン以外のチームとの対戦では45勝4敗という成績を残しており、Athleticの番狂わせが再び起こる可能性を切り捨ててしまうのは賢明とは言えません。 

過去17年のEuropa Leagueのうち、2015/16年のSevillaも含めた7大会で、Champions Leagueのグループステージを脱落したチームが優勝を飾っています。こうしたクラブはいずれも現時点ではベットの対象にはなっていませんが、Sevilla(現在大会3連覇中)やBorussia Monchengladbach、Tottenham、Lyonといったようなチームが 2月に参戦してくる可能性について留意しておくことは大切でしょう。

低いマージンと高いベット上限金額を提供する究極のブックメーカーPinnacleで、最高のオッズをゲットしましょう。 

ベッティングリソース - あなたのベッティングをパワーアップ

オンライン最高クラスの充実度を誇るピナクルのベッティングリソースでは、専門家によるベッティングのアドバイスをご覧いただけます。ベッティング経験の長さを問わず、ベッターの皆様がパワーアップできる知識をお伝えすることが目的です。