9 5, 2017
9 5, 2017

Premier League降格ベット: 専門家の分析

Premier League降格オッズ徹底検証

トップリーグに昇格したばかりのチームが苦戦するのはなぜでしょう?

Premier League降格ベットでは、どんなことを考慮するべきでしょうか?

Premier League降格ベット: 専門家の分析

Premier League優勝予想のアウトライトマーケットはベッターに人気ですが、対極の最下位予想にも潜在的なバリューがあるのです。今シーズンのPremier League降格ベットで考慮すべきチームはいくつもあります。この記事では、Premier League降格オッズで人気の5チームにういて、降格の可能性を検証します。

Premier League降格オッズ: バリューを見つける

Mark Taylorが最近公開したNFLの周期的パフォーマンス分析では、Premier Leagueのシーズン終了時のチーム順位予想が、アメリカンフットボールのトップレベルとは対照的に、他の多くのスポーツよりも単純であることが指摘されています。

Premier Leagueで苦戦するクラブとエリートクラブとの差が広がると、ベッターはどのチームがタイトルを獲得し、どのチームが降格するかを予想しやすくなります。つまり、Premier Leagueウィナーオッズと並んで、Premier League降格オッズからも大きなバリューが得られることが期待されるのです。

Huddersfield Town

現在、ピナクルのPremier League降格ベット予想で人気なのはHuddersfield Townで、1シーズン限りで英国サッカーのトップリーグから降格と予想するオッズが1.645*に設定されています。昇格プレーオフを勝ち抜いた彼らですが、次のシーズンもPremier Leagueで戦うためには、チームを強化し、すべてのポジションで改善を図る必要があるでしょう。

昨シーズンのHuddersfieldは25試合で勝ちを収めましたが、そのうち22試合が1点差での勝利でした。

David Wagner監督率いるチームにとって、明るい材料が1つあります。過去10年の平均で言うと、Championship優勝チームよりChampionshipプレーオフを勝ち抜いたチームの方が、次のシーズンの順位が実は高いのです。Championship優勝チームの最終順位が平均16.5位であるのに対して、プレーオフを勝ち抜いたチームは平均15.8位となっています。

「Terriers」の愛称で呼ばれるHuddersfieldは、得失点差がマイナス(-2)でありながらPremier Leagueへ昇格した史上初のチームであり、1勝もすることなくプレーオフを勝ち抜きました。さらに、昨シーズンは勝ちを収めた25試合のうち、22試合が1点差での勝利でした(Championship 記録)。次のシーズンに世界有数のストライカーたちを封じなければならないことを考えると、昨シーズンの平均である1試合1.22ゴールを上回る得点が必要になるでしょう。

Brighton and Hove Albion

昨シーズンを通してNewcastle UnitedとChampionship優勝を争い続けたBrighton and Hove Albionは、シーズン最後の日に敗北を喫しました。今年、「Seagulls」ことBrightonと、Chris Hughton監督、Tony Bloom会長(スポーツベッティングヘッジファンドのオーナーでもある)は、これまでとは違う困難に直面しています。

BrightonはPremier League降格ベットで、降格候補リストの上位に挙げられていますトップリーグに昇格したばかりのチームが1シーズン目で降格するのはよくあることだからです。ただし、Championshipで90ポイント以上を獲得して昇格したチームについて言えば、1シーズンで降格したチームはこれまでにわずか2チームしかいない(2013/14年のBurnley、2004/05年のSunderland)ことを、ベッターは頭に入れておいた方がいいかもしれません。

昨シーズン、Chris Hughton監督率いるチームが躍進できた主な要因は、リードしたまま逃げ切った試合が多かったことです(46試合中27試合で先制し、そのうち25試合で勝利)。ただし、英国サッカーのトップリーグでこのような統計データが翌シーズンにも再現される可能性は低いので、ベッターは注意する必要があります。

Burnley

Burnleyが2015/16年のChampionshipで優勝した後、ブックメーカーとベッターはともにPremier Leagueでは苦戦すると考え、勝ち点32.5未満と予想するオッズが2.09に設定されました。驚くべきことに、Sean Dyche監督率いる「Clarets」ことBurnleyは勝ち点40を獲得し、数試合を残してPremier League残留を決めたのです。

昨年Premier Leagueから降格を免れたチームのうち、最もゴール数が少なかったのがBurnleyでした。

Burnleyはそれ以前にPremier League昇格後1シーズンで降格した経験が2回あった(2009/10年、2014/15年)ため、Premier League降格ベットでのショートオッズは、単純に、トップリーグに定着できたことがなかったという事実を反映したものだったのです。

昨シーズンのBurnleyが残留できたのは、本拠地Turf Moorで好調だったおかげでした。ホームの勝率では9にランクインした彼らが、ホームスタジアムのアドバンテージのメリットを活かしていたのは明らかです。Sean Dyche監督の守備的なアプローチも、チームの成功のカギでした。

  • Burnleyが次のシーズンで降格するオッズは2.25*となっています。今すぐベット

Burnleyは、順位表の下半分に位置するチームの中で最も失点数が少ないほか、降格を免れたチームの中では得点数が最も少なく、1試合のシュート本数が3番目に少なく(10.3本)、1試合のドリブル回数はリーグ最少(4.7回)でした。

Watford

Watfordは、Marco Silva新監督のもとでPremier Leagueでの新シーズンに挑んでいます。Hull Cityで(残留には失敗しましたが)名声を得たSilva監督は、ここ6年間でVicarage Roadに足を踏み入れた9人目の監督です。

昨シーズン、Watfordは最後の8試合のうち7試合を落としました。

Marco Silva監督以前の8人の監督が平均34試合でその座を追われたことは、Silva監督の新体制にいささか不安の影を投げかけています。Watfordの降格オッズが2.750*となっているのは、Premier League復帰以降の2シーズンで、2シーズンとも最下位から3位以内で終えているためです。その期間のハンディキャップスプレッドは42.90%にとどまっていました。

昨シーズンのWatfordは、規律の問題で大きな代償を支払うことになりました。1試合のファウル数がリーグで最も多く(13.6回)、受けたイエローカードの数(84枚)とレッドカードの数(5枚)も最多だったのです。「Hornets」ことWatfordは昨シーズン、30試合を終えた時点で実質的に残留を決めましたが、最後の8試合のうち7試合で負けました。もし次のシーズンも引き続きこの調子なら、彼らのPremier League降格オッズは大きなバリューを生むでしょう。

Newcastle United

ベッティングからすると、Newcastle Unitedは、昇格組の中で最も降格しそうにないチームとされています。彼らがChampionshipで優勝できたのは、他チームの試合の最終盤に決まった同点弾のおかげかもしれません。しかし、NewcastleにはPremier Leagueでの貴重な経験値がありますし、財力でもほとんどのライバルたちを上回っています。 

次のシーズンのPremier LeagueでNewcastleがサプライズを起こすと考えられる理由を、Geroge Taylorがすでに詳細に分析しています。冷静な攻撃陣、絶好調に向かっている守備陣、実績あるトップレベルの監督がいれば、次のシーズンのハンディキャップマーケットでのベット対象としてNewcastleにはバリューが期待できると、Taylorは述べています。 

Premier League降格ベット: その他の考慮すべき点

オッズを見る限りでは、すでに挙げたチームに加え、Swansea(3.20*)とCrystal Palace(5.25*)が次のシーズンのPremier Leagueで苦戦することが予想されます。昨シーズンのパフォーマンス分析の他にも、ベットに役立ちそうな要因はいくつかあります。

各チームのシーズン初めの6試合に注目するのも有益でしょう。

良いスタートが切れたチームには自信が生まれるでしょうし、スタートが不調であれば出鼻をくじかれるかもしれません。シーズン最初の6試合がいかに重要かを考えると、各チームの初戦の対戦相手に注目するのも有益だといえます。

また、チームにとっての個々の選手の重要性にもベッターは注視しなければなりません。選手たちが調子を落としたり、負傷で離脱することがあれば、予想を修正する必要があります。

もしPremier League降格オッズにバリューを見出せなくても、カードベッティングコーナーのベッティングなどのマーケットでシーズンを通して利益を得られる可能性もあります。

オッズは変更される場合があります

ベッティングリソース - あなたのベッティングをパワーアップ

オンライン最高クラスの充実度を誇るピナクルのベッティングリソースでは、専門家によるベッティングのアドバイスをご覧いただけます。ベッティング経験の長さを問わず、ベッターの皆様がパワーアップできる知識をお伝えすることが目的です。