close
10 31, 2014
10 31, 2014

サッカーベットのライブオッズの計算方法

サッカーベットのライブオッズの計算方法
サッカーベットのライブオッズをどうやって計算するのか考えたことはありますか?市場が正確にフィールドの出来事を反映しているか判断するために、ポアソン計算を使用できます詳細をご覧ください。

チームが特定の結果になる確率は、試合が開始した瞬間に変わります。試合で得点がない状態が長ければ長いほど、ドローになる確率が高くなります。イエローカードやレッドカードなど、ライブオッズを変更することができる試合中の出来事はたくさんありますが、ライブベッターにとって最も劇的な変化をもたらすのはゴールです。

ベットの観点から言えば、現在の試合のオッズに関する知識は、トレードをしている人にとって不可欠です。そしてこれらを計算することで、インゲームのオッズが正確かどうか確認できます。これがポアソンアプローチが基本的なフレームワークを提供するところです。あらゆるゲームは、各チームが特定の会場で得点する平均ゴール数によって評価できます。

サッカーベットのライブオッズの計算

2014年のPremier Leagueの第9週に行われたWest Ham対Man City戦を例として使ってみます。West Hamは、ホームのアドバンテージを持ってしても、両チームの長期間の成績に基づいて、昨年の優勝チームであるManchester Cityよりも低く評価されていました。

Manchester Cityの平均1.90ゴールに対して、West Hamは平均0.85ゴールを獲得すると予想されていました。ポアソンアプローチによると、Manchester Cityはそのような試合では約62%の確率で勝ち、West Hamの勝率は15%、ドローになる確率は23%でした。これらの確率はキックオフの前に利用可能なオッズと一致していました。

時間が経過するにつれて、ゴール得点は加速するということに留意しておくべきです。

時間が経過するにつれて、ゴール得点は加速するということに留意しておくべきです。プレイヤーが疲れてきて、リスクをより取りやすくなり、監督が分かりにくいゴールを求めようとするからです。これは、ゴールの45%がハーフタイム以前に得点され、インターバル後にゴールが55%得点されていることによって示されています。

試合のある時点でのチームのゴール期待値を計算する一般的な方法として、実際のPremier Leagueスコアデータから抽出された以下の方程式を利用できます。

残りのゴール期待値 = 最初の期待値 * 残り時間の比率 ^ 0.85

例えば、あるチームがある試合において1点の初回ゴール期待値を持っている場合、その試合が半分経過した時点で、残りの平均ゴール期待値は以下の方法で求められます。

1*(0.5^0.85) = 0.55

したがって、チームの初回ゴール期待値の55%は、セカンドハーフでもそのままであり、観測データと一致しています。この方程式を使用して、この試合のあらゆる時点での残りのゴール期待値を計算できます。これはライブサッカーベッターにとって非常に便利です。

21分後にWest Hamが入れた初得点の少し前に、まだ試合の78%が残っていて同点であるときに、各チームのゴール期待値は最初の0.85ゴールと1.9ゴールから0.69ゴールと1.54ゴールに減少しました。

これら2つのWest HamとManchester Cityの修正した数値をポアソンに入力すると、スコアラインと、ホームウィン、アウェイウィン、またはドローになる確率を求めることができます。

ライブサッカーベットでのゴールの影響力

21分間の得点が発生しないサッカーによって、ドローの確率は0.23から0.26に上昇し、Manchester Cityの勝率は0.62から0.58に減少しました。West Hamの勝率はほぼ変わらず0.16のままでした。

これらの数値は、モルガン・アマルフィターノが得点を入れてWest Hamが1点リードすると、劇的に変わりました。この最初の概要で、新しいゲームの状態の効果を無視した場合、試合の残りで発生するそれぞれの個別スコアラインの確率は、上記で計算されたものと同じになります。

しかし、West Hamが残りの70分以上で「ドロー」さえすれば、1ゴール差でリードしているのでこの試合で勝てます。

したがって、21分経過後の1-0で、各チームの初回ゴール期待値を使用してポアソン計算を行った場合、West Hamの勝率はゴール得点前の16%から42%に上昇しました。これはゴールが試合の結果に与える影響力を示しています。

一般的に言って、ゴールの45%はハーフタイム以前に得点され、その後に55%が得点されています。

この勝率は、West Hamが最後の74分間で勝つ16%の確率(勝利のマージンをさらに増やす)と、West Hamがドローして、現在のリードを維持する26%の確率によって構成されています。

したがって、各ライブシナリオは各チームの初回の強さ、残り時間、現在の得点、さらにレッドカードなどの追加要因に依存しています。

2-0まで点を入れられたManchester Cityのように、2ゴール差で追っているチームは2ゴールを決めてポイントを取得するか、3つすべてを取得するには3ゴール以上で試合の残りを勝つ必要があります。ある程度の歴史があるゴール期待値があれば、ポアソンを使用してその可能性を定量化できます。

77分にデビット・シルバがゴールを決めて2-1にしましたが、残り時間がわずかだったので、West Hamにはそのゴールの直後でもまだ約70%の勝率がありました。

差がつまったことで彼らのファンは、チームが先に点を入れて1時間以上も同じリードを保っていたときと比べて、もっと緊張したかもしれません。

インランニングオッズ予想に関するチーム特定のポアソンアプローチは、一般的な出来事を使用することで改善されます。

例えば平均すると、ホームチームは21分後に初得点を入れると試合の約70%に勝ちます。純粋なポアソンアプローチによると、その時点でWest Hamの勝率はわずか42%で、それぞれのチームの異なる能力を反映しています。

その日の実際のベッティングデータによると、West Hamは最初のゴールの直後に約35%の勝率になっています。負けているチームは得点率を増やそうとしたり、またWest Hamが早い段階でイエローカードを受け取ったことが試合の後半で影響を与えたりする可能性を示しているのかもしれません。

poisson-graph.jpg

上記のグラフは、すべての試合の出来事とライブPinnacleオッズを反映であるWest Hamの間接的な確率のポアソン計算を比較しています。

この分析は、サッカーの試合中に試合オッズを計算するためにポアソンアプローチを使用できることを示しています。さらに、市場が正確にフィールドの出来事を反映し、さらにゴールが得点されたときに、利益を出せる機会を見つけることができるのかを説明しています。

最新のEPLオッズはこちらをクリックしてください。

ベッティングリソース - あなたのベッティングをパワーアップ

オンライン最高クラスの充実度を誇るピナクルのベッティングリソースでは、専門家によるベッティングのアドバイスをご覧いただけます。ベッティング経験の長さを問わず、ベッターの皆様がパワーアップできる知識をお伝えすることが目的です。