2 11, 2013
2 11, 2013

ライブサッカーベット戦略

ライブサッカーベット戦略
サッカーベットのデフォルト方法は、ますますプレマッチからライブに移っています。しかし、進行中のサッカーの試合で利益になる機会をどこで見つけるかというベッターの考え方は、どれくらい変わったのでしょうか?

ライブサッカーベットで収益を出す基本原則は、あらゆる投機と同じです。市場の非能率な点を利用する必要があります。それはオッズが本当の確率を反映していないときに、計算することを意味します。ライブの市場では、これらの非能率な点を発見して利用するべき、特定のエリアが存在します。

めずらしくて無作為 – 得点は一瞬で入る

サッカーの解説者は意味のない決まり文句を繰り返し言うことで知られています。もっとも頻繁に言われる台詞のひとつは「得点は一瞬で入る」ですが、これは実際にはかなり的を射ています。試合ではゴールに結びつく可能性はかなりの数があり、ライブサッカーベットを面白いものにしています。

pulse-1-live-soccer-betting-graph-1.jpg

しかし、それと比べて実際の得点はかなり少なくなっています。ゴールはまれです。そして統計的観点からみてゴールは無作為です。ゴールはかたまりになって発生しません。1つのゴールは、必ずしも別のゴールを誘因しません。では無作為でめったに発生しない事象をどうやって予測するのでしょうか?

プロのベッターやブックメーカーは、ゴールの分布を予測しようとするさまざまな複雑な統計モデルを使用しています。しかし、根本的なレベルにおいて、サッカーは独特な傾向を示す人間によってプレイされ、監督されています。ベッターの仕事はそれらの影響を理解して定量化し、市場の結果予想が正確にそれらのインパクトを反映していない可能性があるときを認識することです。まずPremier Leagueの昨シーズンのゴール分布を15分間の6つのインターバルにわけて、基本的なレベルから開始しましょう。このデータはインターネットから自由に入手可能です。

ゴール分布 – ゴールはいつ発生しやすいのか

グラフ1を見ると、試合が進行するにつれてゴールはより頻繁に発生し、ハーフタイムへ続く時間帯でわずかな上昇が見られます。

試合の最終6番目の15分間におけるゴールの可能性は、最初の15分間のゴールのほぼ2倍に相当します。

このデータはPremier Leagueの全体像ですが、個々のチームや構成単位(プレイヤーや監督など)の特異性やさまざまなアプローチを調査することで、物事はかなり異なって見えてきます。

グラフ2のReadingの同じデータ(2013年2月13日時点)を検証してみましょう。Royalsが関与している試合の最終15分間では、最初の15分間よりも3倍多くゴールが発生しています。そして46~60分間の期間よりも4倍以上ゴールが発生しています。ライブベットをしているときは、このような情報を知っていることは重要です。なぜなら、Readingの試合は「通常のチーム」とは非常に異なる展開になることを示しているからです。

これは2つの方法で偏見を抱かせます。今シーズンに主にReadingの試合を観戦した場合、彼らが試合終了間近で得点する回数を過大評価している可能性があります。Readingの試合をまったく見ていませんか?その場合、最後に勝利をつかむ(または同点にする)彼らの可能性を過少評価しているかもしれません。

pulse-1-live-soccer-betting-graph-2.jpg

この原因を正確に考えることも重要です。例えば、アダム・ル フォンダーの実力のある補欠選手のとして成績が評価されてきましたが、それはわずか2試合でのことです。Royalsは最後の15分間で失点よりも1点だけ多く得点しました(14対13)。メディアが報道する偏見については、また別の記事で説明しましょう。

シーズンが進むにつれて、Readingの分布はより見慣れたシーズン期間の頻度に向かう傾向にありますが、何が後にあり、それが一時的な急上昇なのか、それともより重大な何かを反映しているのか正確に特定できるなら、利用できる機会を提供します。

ゴール分布は便利な測定ですが、このデータは、優位度や試合の激しさなど、さまざまなゴールを誘因するイベントを反映しているので、より詳しく調査されるべきです。

試合の激しさ – 二等分の試合

試合の進行時には、たくさんのデータにアクセスできます。支配率、ショット(的中または的外れ)、コーナーなどは、ゴールが目前かもしれないことを表し、また試合の激しさを伝えてくれます。これらのデータを記録することで、どのチームが優勢なのか判断できます。しかし、これらのデータは秘密ではないので、コツは主観的な分析と併せて使用することです。例えば、賢明なベッターは維持できないペースでプレイしているチームを過大評価しているオッズがないか探します。

例1

最近のエル・クラシコで、1月30日にベルナベウスタジアムで開催されたReal MadridとBarcelonaとのスペイン国王杯コパ デル レイ準決勝において、RealはBarcaを最初のハーフで押さえ込みましたが、彼らがプレイしたペースの激しさはとうてい維持できるものではありませんでした(少なくとも専門家の目から見て)。その最初の45分間に基づいて最終結果を予測するのはミスになっていたでしょう。

例2

誤解を招きかねない試合統計の似たような例は、昨シーズンのBayern MunichとChelseaとのChampions League決勝です。支配率と交流統計だけで見ると、この試合は今までで最も偏った試合でした。Bayern Munichの優位性だけでなく、もうひとつの重要な要素は、プレッシャーを呼びこんでラッキーなカウンターパンチを当てようとするChelseaの戦術的な意向でした。彼らはゲームプランを作成し、実行して、ペナルティーで勝ちました。試合の統計だけを見ていたら、Chelseaが優勝することに賭けるのは正気ではないと考えるかもしれません。

試合の激しさに関する最も重要な事実は、一定ではないということです。観衆の激しさ、アドレナリン、状況的な要因などが関係して、支配率のバランスが偏る基本的な例がいくつかあります。

  • ダービーゲーム
  • カップゲーム(特にバランスが取れていない対戦 - 例、English FA Cup)
  • 降格/昇進バトル
  • トーナメントシナリオ

これらの状況では、ベッティングのために試合を文字通り2つの別々のものとして考えることは、賢明な行動です(すべての主要リーグのファーストハーフおよびセカンドハーフのラインはPinnacleで利用可能です)。

このゴール分布および試合の激しさに関する記事は、ライブサッカーベットをほんの少しを解説しただけにすぎません。

ライブサッカーベットのいくつかの概念を紹介することで、比較的単純なレベルでも、何がエッジを構成しているのか考え始めるきっかけになると当社は考えています。これによって、皆様がベットの知識をさらに高いレベルに引き上げようとすることにつながり、より情報に通じたベッターになることを願っています。

soccer-strategy-open-account.jpg

ベッティングリソース - あなたのベッティングをパワーアップ

オンライン最高クラスの充実度を誇るピナクルのベッティングリソースでは、専門家によるベッティングのアドバイスをご覧いただけます。ベッティング経験の長さを問わず、ベッターの皆様がパワーアップできる知識をお伝えすることが目的です。