9 21, 2017
9 21, 2017

バレーボールへの賭け方: バレーボールベッティング初心者向けガイド

バレーボールへの賭け方: 競技のルールを解説

バレーボールベッティングの基礎を理解する

バレーボールベッティング独自の要素とは?

もっとも重要なバレーボールの大会とは?

バレーボールへの賭け方: バレーボールベッティング初心者向けガイド

バレーボールベッティングはスポーツベッターにとって、独特かつ見返りの大きい選択肢のひとつ。一般的にニッチな市場と考えられるバレーボールベッティングでは、ベッターは少しのリサーチを行うだけで、価値のあるオッズを見つけやすくなります。この初心者向けガイドを読んで、バレーボールへの賭け方を学びましょう。

バレーボールへの賭け方 – 競技のルール

バレーボール(6人制)はネット(男子2.43m、女子2.24m)を張って二分割した、縦18m、横9mのコートで争われる、両チームとも常時6人のプレイヤーが出場するチームスポーツです。両チームとも相手コート内にボールが落ちるか、相手がミスをする(フォルト)まで、ネットをまたいでボールを打ち合う(ラリー)ことが求められます。

チームは1度に3回までボールに触れることができますが、同じプレイヤーが2回連続でボールに触れることは認められません。その一方で「ブロック」は、この3回にはカウントされません。ブロックの他にもバンプ(アンダーハンドパス)、ディグ(スパイクレシーブ)、スパイクなどのショットがあります。

また、フォルトの種類も様々です。例えばバレーボールでは、ボールをコート外へリターンする、ゲーム中ネットに触れる、ダブルドリブル(同じプレイヤーが2回連続でボールに触れる)を犯すなどのフォルトがよく起こります。 

一般的にニッチな市場と考えられるバレーボールベッティングでは、ベッターは少しのリサーチを行うだけで、価値のあるオッズを見つけやすくなります。

バレーボールでは体のどの部分を使っても構いませんが、実際のプレーは一般的に手や腕を使って行われます。チームが試合に勝つにはまず、相手よりも先に25ポイントを取得し、セットを奪う必要があります。セットが24対24のタイにもつれた場合はデュースとなり、2点差がつくまでセットが続けられます。多くの試合は5セットマッチ制で行われます。

同じチームのプレイヤーはお揃いのユニフォームを着ていますが、リベロだけは例外です。リベロはサーブやブロックが認められていない特殊なポジションで、通常の選手交代にはカウントされません(リベロ以外のプレイヤーの交代は各チーム、1セットに6回まで可能)。バレーボールの完全なルールは同競技の統括団体の公式ウェブサイトに掲載されています。

バレーボールベッティング – 利用可能なマーケット

ピナクルのバレーボールベッティングでは次の市場を提供しています。

マネーライン

ハンドボールMMA(総合格闘技)のベッティングと同じく、バレーボールの「マネーライン」は、試合の勝者に賭けることを意味します。

ハンディキャップ

対戦チームの人気が一方に大きく偏っている場合、ハンディキャップベッティングも利用できます。試合の公平さを保つため、ブックメーカー側で、勝利時のセット数の差にハンディキャップを儲けるのが一般的です。

例えばハンディキャップが-2.5のチームに賭けた場合、このチームが3セットを連取して勝たない限り、賭けに勝ったことにはなりません。逆にハンディキャップが+2.5の相手チームに賭けていたなら、最低でも1セットを取れば、たとえ試合に負けてもベットには勝つことができます。

トータルセット

バレーボールのトータルベッティングでは、その試合の合計セット数がブックメーカーの提示する値(3.5など)を上回るか、下回るかを予想します。こうすることでベッターはどのチームが勝つのではなく、どのくらい競った試合になるかを予想して、賭けることができます。マネーラインには一切依存しない、ベッターにある程度の柔軟性を与えるベットタイプです。

バレーボールへの賭け方 – ベッティング戦略

バレーボールへの賭け方を理解する上で大切なのは、その年の重要な大会はどれか知っておくことです。バレーボールベッティングで最大の注目が集まるイベントは、4年に1度開催されるオリンピックです。バレーボールは1964年からオリンピックの正式種目となっています。FIVB World Championship(バレーボール世界選手権)もまた、男女とも4年に1度開催される大きなイベントです。

World Cup Volleyball(バレーボールワールドカップ)はバレーボール世界選手権とはまったくの別物で、オリンピックの世界予選という位置づけです。より頻繁に行われる主要大会には、毎年開催される男子のWorld League Volleyball(バレーボール・ワールドリーグ)や女子のGrand Prix Volleyball(バレーボール・ワールドグランプリ)があります。この他にも欧州や南米の大陸選手権が存在し、さらに国内でのリーグ戦や大会も盛んです。

バレーボールへの賭け方を理解する上で大切なのは、その年の重要な大会はどれか知っておくこと。バレーボールベッティングで最大の注目が集まるのはオリンピックです。

プレーそのものに関して言うと、バレーボールはいくつかの部分で独特です。まず、サッカーやバスケットボールといったスポーツほど、個々のプレイヤーの能力が重要視されません。バレーボールで一番の鍵を握るのはチーム力や連帯感であり、だからこそ試合数が重要な意味を持っています。

バレーボールのチームは多くの場合、短い休養期間を挟みながら数多くの試合を行います。こうした日程は疲れを招きます。すなわち、プレイヤーの調子が変動しやすいスポーツであり、特にシーズン中でも重要性の低い試合が組まれている時期などは、こうした傾向がより顕著になります。最後の要因が開催地です。バレーボールの会場はそれぞれが大きく異なっており、ホールの高さやレイアウト、ホールまでの距離といったものすべてがプレイヤーに影響を及ぼします。

バレーボールへの賭け方を学ぶにあたり、検討に値する概念があります。パレートの法則です。これは人気の低いスポーツでは、少ない労力で優秀な的中率を実現できることを示唆しています。言い換えれば、バレーボールベッティングの専門家になるのは、他の人気スポーツに賭けるよりも効果的かもしれないということ。なぜならこの市場には利用できる情報が少なく、競争もあまり激しくないからです。

これでバレーボールへの賭け方の基本は理解いただけたはず。今すぐピナクルにログインして、オンラインで最高のバレーボールオッズを活用しましょう。

ベッティングリソース - あなたのベッティングをパワーアップ

オンライン最高クラスの充実度を誇るピナクルのベッティングリソースでは、専門家によるベッティングのアドバイスをご覧いただけます。ベッティング経験の長さを問わず、ベッターの皆様がパワーアップできる知識をお伝えすることが目的です。