クリケットのべッティング方法: クリケットベッティング解説

クリケットのルールとクリケットのべッティング方法

ゲーム形式によるクリケットのべッティング方法の違い

クリケットのべッティングをパワーアップする要素

クリケットのべッティング方法: クリケットベッティング解説

クリケットは複雑で戦略的なスポーツとして知られています。一方で、クリケットのべッティングははるかにシンプルで簡単です。クリケットのべッティング方法の基礎がわかると、クリケットのゲーム形式ごとに重要なべッティングのチャンスを見つけられるようになります。ここでは、クリケットのべッティング方法について説明します。

クリケットのべッティング方法を学ぶよりも、野球べッティングハンドボールべッティングなど、他の「イベント満載の」べッティングに魅力を感じるかもしれませんが、クリケットはゲーム形式が現代化され、アクセスできるデータ量が多いため、クリケットべッティングへの関心は高まっています。

クリケットべッティング - クリケットのルール

クリケットは1チーム11人の2チームで対戦します。クリケットのフィールドは円形で、広さはさまざまですが、長さ22ヤード(20.12m)の長方形のエリア「ピッチ」が中央にあります。ほとんどのプレイはここで行われます。2つのチームは攻撃と守備を交互に行います。守備側は1人のボウラー(投手)と10人のフィールダー、攻撃側は1度に2人のバッツマン(打者)が参加します。

攻撃側

攻撃側の目的は、割り当てられている「オーバー」(ボウラーの6投球で1オーバー)内に、または審判(レフェリー)がすべてのバッツマンにアウト判定を下すまで、可能な限り多くのラン数を獲得することです。バッツマンはピッチの一端(「エンド」)でプレイし、もう一端の守備側のエンド(ボウラーズエンド)は各「オーバー」が終わるごとに変わります。

ランを獲得するには、ボールを打った後にピッチの反対側のエンドまで走るか、バウンダリー(ゲームフィールドの境界線を示すロープ)を越えるまでボールを打ちます。ボールが地面にバウンドした後にバウンダリーを越えると4ラン、バウンドせずにバウンダリーを越えると6ランになります。

守備側

守備側の目的は、攻撃側によるラン数を抑え、次のいずれかの方法ですべてのプレイヤーをアウトにすることです。 

方法説明
ボウルド ボウラーの投球をバッツマンが防御するウィケット(3本の柱門)に当てます
コート バッツマンが打ったボールがワンバウンドする前にフィールダー(野手)が捕球します
LBW* ボウラーの投球がバッツマンの足に直接当たるとアウトになります(投球の軌跡がウィケットにまっすぐ向かっている必要があります)
ランアウト いずれかのバッツマンがランを完了する前に、(ボールを直接投げるかボールを手に持って)ボールをウィケットに当てます
スタンプト バッツマンがボールを打とうとして「クリース」(バッティングエリア)から出ているときに、背後にいるフィールダーがボールでウィケットを倒します

クリケットの投球の技術とスタイルは非常に多彩です。最も一般的な投球タイプは次のとおりです。 

投球タイプ説明
ファストペース 右投げまたは左投げ。85マイル/時(136.8km/時)超。
ミディアムペース 右投げまたは左投げ。60~85マイル/時(96.6~136.8km/時)。
オフスピナー 右投げで指のスピン。スピンする投球で右打ちのバッツマンには内角に、左打ちのバッツマンには外角に飛びます。
レッグスピナー 右投げで手首のスピン。スピンする投球で右打ちのバッツマンは外角に、左打ちのバッツマンは内角に飛びます。
スローオーソドックス 左投げで指のスピン
スローチャイナマン 左投げで手首のスピン

クリケットのべッティング方法 - 形式の違い

ゲームの形式は違っても、クリケットのルールは同じです。クリケットべッティングの場合、ルールの適用方法の違いを理解することが重要です。形式によって、攻撃側の「イニング」数(バッティングの回数)と「オーバー」数(ボウラーとバッツマン間の投球数)が異なります。

各形式について簡単に説明します。

ゲーム形式説明
ファーストクラスクリケット 各チームに2イニングがあり、5日間(国際レベル)または4日間(州・都道府県/クラブレベル)以内に結果が決まります。
リミテッドオーバークリケット プレイ期間は1日。各チームに40または50「オーバー」が割り当てられています。
トゥエンティトゥエンティ(Twenty20)クリケット 新しい形式のリミテッドオーバークリケット。各チームが攻撃できるのはわずか20「オーバー」です。

このようにさまざまな形式があるので、チームやプレイヤーによって合う形式が異なります。たとえば、「強打者」のバッツマンは、短期間により多くのラン数を獲得するトゥエンティトゥエンティクリケットが適していますが、自制心の強いバッツマンの場合はなかなかアウトにならないので、ファーストクラスクリケットが適しています。

クリケットのべッティングをパワーアップする要素

NFLのチームと同様に、クリケットにも攻撃型のチームと守備型のチームがあります。つまり、攻撃側になったときに強くなるチームと、守備側になったときに優れているチームがあります。

各チームの陣容に注目すると、相手チームよりも多くのラン数を獲得しようとしているか、投球に集中して相手チームからすばやくアウトを取ることを狙っているかを判断することができます。 

クリケットのべッティング方法を学ぶときに重要な点は、外部的な要因がクリケットの試合結果にいかに影響を与えるかを考慮することです。外部的な要因とは、天候、時刻、球場の状況などさまざまです。

サッカーべッティングと同様に、チームによってはホームフィールドアドバンテージの機会を他のチームよりも活用できる場合があります。理由の一部として、球場の重要性と、自分たちの強みを生かすように球場を保守を心がけることが考えられます。

クリケットチームは多彩なボウラーを起用します。さまざまな「ピッチ」の種類があるので、投球の種類も異なる方が効果的です。他のピッチよりも湿っているピッチ、固いピッチ、柔らかいピッチなどがあり、芝生の量も異なります。べッティング時には、基本的なレベルとして次の点を考慮します。

ピッチの種類誰に適しているか
フラットピッチ バッツマン - ボールの軌跡を読み取りやすいピッチです
グリーンピッチ 高速ボウラー - ボールは空中を飛び、芝生でバウンドします
ドライピッチ スピンボウラー - 地面でボールのスピンが変化します

他のスポーツと比べると、天候がクリケットにより大きな影響を及ぼします。クリケットは雨天ではプレイできないためです。天候の影響を受けるときにクリケットの試合がどのように決定されるかについては、ダックワース・ルイス・メソッドの説明を参照してください。また、晴れの場合はピッチが乾燥し、雨量の多い国では湿度が高く芝生が多いピッチになります。

クリケットのべッティング方法 - 重要なこと

クリケットべッティングの基本という観点から、まずゲームのプレイルールを学ぶことをお勧めします。次に、ゲーム形式の違いと、各形式を得意とするチームやプレイヤーを理解する必要があります。最後に、ピッチと天候条件を分析することで、ゲーム結果の可能性をより深く洞察できるようになります。

app-update-promotion-in-article.jpg

ベッティングリソース - あなたのベッティングをパワーアップ

オンライン最高クラスの充実度を誇るピナクルのベッティングリソースでは、専門家によるベッティングのアドバイスをご覧いただけます。ベッティング経験の長さを問わず、ベッターの皆様がパワーアップできる知識をお伝えすることが目的です。