12 7, 2022
12 7, 2022

UFC 282:ブラホビッチ対アンカラエフ

UFC 282:ブラホビッチ対アンカラエフ

ヤン・ブラホビッチ対マゴメド・アンカラエフ戦に先立って、Pinnacleの情報、分析、オッズを駆使したMMAの予想をお届けします。

  • イベントUFC 282
  • 日付:2022年12月11日
  • 会場T-Mobile Arena (米国、ラスベガス)

ヤン・ブラホビッチ対マゴメド・アンカラエフ:テール・オブ・ザ・テープ

ヤン・ブラホビッチ

選手

マゴメド・アンカラエフ

39

年齢

30

188cm

身長

191 cm

93 kg

体重

93 kg

12-6

UFC記録

9-1

29-9

MMA全体の記録

18-1

49%

打撃の正確性

54%

2位

UFCランキング

3位


ブラホビッチとアンカラエフは、空位のライトヘビー級タイトルをかけてラスベガスのT-Mobile Arenaのリングで激突しようとしています。

アンカラエフはそのパワーで知られており、これまでに10回のノックアウト勝ちを収めています。

チェコ出身のイリー・プロハースカは、タイトル防衛をかけてグローバー・テイシェイラとの再戦に挑むはずでしたが、11月23日に欠場を余儀なくされました。プロハースカは肩の手術を受ける予定で、リハビリ期間は少なくとも6か月に及びます。そのため、プロハースカはタイトルを返上することにし、完全に体が回復した後に再び王座を取り戻すチャンスを得ることになります。

ブラジル出身のテイシェイラには、アンカラエフとの対戦の機会が与えられましたが、テイシェイラは直前の選手交代となる試合を拒否し、ブラホビッチが参戦することになりました。

ブラホビッチは2020年9月にはライトヘビー級タイトルを獲得しており、イズラエル・アデサニヤ戦でもタイトルを防衛しましたが、2021年10月のテイシェイラ戦でのサブミッション負けにより王座から陥落しました。

アンカラエフはまだUFCの王座を勝ち取ったことがありませんが、9試合連続で勝利しており、手ごわい優勝候補の1人です。

ヤン・ブラホビッチ 対マゴメド・アンカラエフのオッズを分析

ブラホビッチ

アンカラエフ

28.60%

71.40%

本命のアンカラエフはオッズ1.346*で、勝利の確率は約71.40%だと見られています。 ブラホビッチはオッズが3.360*と後塵を拝していて、勝利の確率は28.60%ということです。

ヤン・ブラホビッチ対マゴメド・アンカラエフ:格闘スタイル分析

ブラホビッチは非常に多才な選手であり、ノックアウトで9勝、サブミッションで9勝、判定で11勝を挙げています。

ポーランド出身のブラホビッチは対戦相手ごとにアプローチを調整して相手の弱点を突き、キャリアを通じて大きな成功を収めてきました。

アンカラエフは強力なパンチ力の持ち主で、ノックアウトで10勝、判定で8勝を挙げています。

ダゲスタン共和国出身のアンカラエフは、他の同胞の選手同様サンボの技術を反映していると思われがちですが、実はスタンディングでのアプローチの方を好み、手を使って相手にダメージを与えることがほとんどです。

ヤン・ブラホビッチ対マゴメド・アンカラエフ:バリューはどこにあるか?

アンカラエフはUFCデビュー戦のポール・クレイグ戦でサブミッション負けを期しましたが、マルチン・プラシニョ戦で早急に巻き返し、現在9連勝中です。

30歳のアンカラエフはこの階級での経験が長く、ライトヘビー級王者になることが以前から期待されていました。ロシア出身のアンカラエフが本命と称されることは驚くべきことではなく、アンカラエフの大勝利を支持することにはほとんどバリューがありません。

ブラホビッチがグラウンド戦に持ち込むように思えるかもしれませんが、アンカラエフはサンボのスキルに頼らずとも互角の戦いが期待できます。

この対戦は立ち技での攻防となると予想されており、オクタゴンの中に2人のヘビーヒッターがいることを考えると長期戦へともつれ込むことはないでしょう。

この試合での最高のバリューベットは、3.5ラウンド未満で1.925*です。

UFC 282の予想をする準備はできていますか?  Pinnacleにサインアップして、本当に価値があるMMAオッズを見てベットしましょう。

オッズは変更される場合があります

ベッティングリソース - あなたのベッティングをパワーアップ

オンライン最高クラスの充実度を誇るピナクルのベッティングリソースでは、専門家によるベッティングのアドバイスをご覧いただけます。ベッティング経験の長さを問わず、ベッターの皆様がパワーアップできる知識をお伝えすることが目的です。