たった今
12 5, 2021

UFC 262のプレビュー:Charles Oliveira対Michael Chandler

Charles Oliveira対Michael Chandlerのベッティングプレビューとオッズ

OliveiraとChandlerのスタッツ

Oliveira対Chandlerの予想:バリューはどこにあるでしょうか?

OliveiraとChandlerの格闘スタイル分析

UFC 262のプレビュー:Charles Oliveira対Michael Chandler

5月15日のライト級タイトルマッチでは現在空位の王座を目指してCharles OliveiraとMichael Chandlerが対戦し、UFCに新たなチャンピオンが誕生します。Oliveiraが9連勝を飾ってベルトを奪取するのか、それともChandlerがUFCのわずか2試合目でチャンピオンに輝くのでしょうか? 続きを読んで、Oliveira対Chandlerの予想を確認しましょう。

イベント:UFC 262

日付:2021年5月15日

会場:Toyota Center (米国、テキサス州)

Oliveira対Chandler:テール・オブ・ザ・テープ

Charles 'Do Bronx' Oliveira

選手

Michael 'Iron' Chandler

31

年齢

35

178 cm

身長

173 cm

70 kg

体重

70 kg

190 cm

リーチ

180 cm

18-8-1

UFC記録

1-0-0

30-8-1

MMA全体の記録

22-5-0

52%

打撃の正確性

49%

#3

UFCランキング

4位

UFCのライト級王座は、Khabib Nurmagomedovが昨年10月のUFC 254でJustin Gaethjeに勝った直後に引退を宣言して以降、空位となっています。Khabibが宣言を撤回するのではないかという憶測が数か月続きましたが、UFC代表のDana Whiteは3月19日、彼が戦うことは二度とないと認め、王座が空位であることを公式に宣言しました。

Michael Chandlerは、試合が最終ラウンドまで続くだろうと公の場で語っています。

Charles Oliveiraは、パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを6回も受賞した8連勝の後にタイトル挑戦権を獲得しました。連勝中には、Demian Maiaが保持していたサブミッションによる勝利数のUFC記録も更新し、現在は14試合となっています。前回の試合では、UFC 256でTony Ferguson相手に判定勝ちを収め、最近は柔術で黒帯3段も取得しています。

対照的に、Michael Chandlerは1月にUFCデビューを果たしたばかりで、UFC 257ではDan Hooker相手に1ラウンドTKO勝ちを収めています。UFCでの経験は浅いものの、MMAでの記録は素晴らしく、Bellatorライト級のタイトルを2度にわたり獲得しています。ChandlerはMMAの直近12試合で10勝を挙げて今回の対戦に臨んでおり、10勝のうち6勝は第1ラウンドで決めています。

試合に先立ち、OliveiraはChandlerの能力を軽視して次のように語っています。「奴が持っているのは重いパンチだけだ。足を狙ってグラウンドで勝負を決めてやる。俺はパンチなど恐れていない。打ってこい。俺をテイクダウンさせたら、最も得意な柔術をお見舞いしてやるぜ。」

一方、Chandlerは戦略の一部を公開し、試合は最終ラウンドまで続くだろうと語っています。「俺のプランは良いペースを25分間維持することだ。奴が中断し、しっぽを巻いて逃げ、ギブアップするまで続けるだけさ。これまで経験したことのないタフな25分間を覚悟しておけ。」

Oliveira対Chandlerのオッズの分析

Oliveiraは1.740*のわずかな差での本命で、勝率は55%強です。一方、Chandlerは2.170*に設定され、勝率は約45%です。

Oliveiraのオッズは、直近の5試合の平均クロージングオッズ1.846よりもわずかに低く設定されています。彼は5試合のうち3試合で本命、2試合ではアンダードッグでしたが、すべての試合で勝利を収めています。彼のオッズは、本命とされた場合にわずかの差で低くなる傾向があります。つまり、彼の勝利を確信しているなら、すぐにでもベットしたほうがわずかながら良いバリューを得る可能性があるということです。

2.170というChandlerのオッズは、彼の予想勝率がOliveiraの最近の対戦相手と比べて平均的であることを示唆しており、オッズはFerguson (1.57)、Kevin Lee (1.68)、David Teymur (1.99)より高く、Jared Gordon (3.90)とNik Lentz (4.11)より低くなっています。

意外でもないと思いますが、それらのオッズは、過去5試合での変動のあるクロージングオッズの1.556よりもかなり高くなっています。Chandlerは勝利を収めたHooker戦でアンダードッグでしたが、それ以前の4試合では本命でした。この間に負けたのは、Bellator 221でPatricio Freireと対戦した試合だけでした。

Hookerとの対戦で不利だと見られた際は、オープンと同じプライス(2.40)でクローズしましたが、彼のオッズも多くの場合、上がるのではなく小さな差で低くなる傾向があります。単純に、Oliveiraのほうが間違いなく知名度が高いため、Chandlerのオッズは今回伸びる可能性があり、対戦の夜が近づくまで彼の勝利にベットするタイミングを見計らうことで恩恵を受けられるかもしれません。

Oliveira対Chandler:格闘スタイル分析

Oliveiraは柔術のエキスパートであると公言しており、彼のスタッツはその評価を裏付けています。前述したUFC記録の快挙は別にして、MMAではこれまでの30勝のうち半分以上(19勝)をサブミッションで決めており、15分あたりのテイクダウン(2.64対2.37)とサブミッション(2.80対1.42)のいずれもChandlerを上回っています。

この31歳が好むのは、対戦相手をできるだけ早く床に倒すことであり、これは直近の10勝のうち3ラウンド以上に進んだのがわずか2試合という事実によって証明されています。彼が仕掛ける攻撃の44%は相手のボディや足を狙ったものであり、相手のバランスを直接崩そうとしたり、相手がテイクダウンを回避できないようにしたりする戦法が多く見られます。

Chandlerのテイクダウン防御率は80%のため、Oliveiraのいつもの戦略を阻止できるかもしれません。

それだけでなく、彼は必要に応じて強力なパンチを繰り出すこともでき、直近の4試合中2試合を含め、キャリアを通じて9回のノックアウト勝利を収めています。Oliveiraは1分あたりの有効打数がChandlerの4.29に対してわずか3.22ですが、打撃の正確性(52%対49%)ではわずかに上回っており、この点で量より質を重視していることがわかります。

Oliveiraは現在の連勝により、6試合中4試合に負けていた頃の不安定な調子が止まりました。そのうち2試合はサブミッション、2試合はTKOでの敗戦でしたが、これはOliveiraの戦略(Chandlerを倒してグラウンドでの戦いに持ち込む、またはノックアウトを狙う)を用いれば勝利を見込めることを示しています。

ChandlerがMMAで勝利した22試合中、判定決着はわずか5試合ですが、今回の試合で最終ラウンドまで戦えるという自信は、自分が優れたオールラウンダーであることを証明してきたという事実から生まれているのかもしれません。彼はノックアウト(10回)とサブミッション(7回)で似たような勝利数を記録しており、Bellatorでトップクラスに適応力の高い選手であると認められていました。

採用するアプローチにかかわらず、彼の一般戦略は攻撃的なものです。攻撃の79%は相手の頭部を狙ったものであり、ノックアウト率はOliveiraのほぼ3倍(0.95対0.32)です。上述のとおり、Chandlerはチャンスがあればすぐに試合を決めにかかりますが、これまでMMAで最終ラウンドまで戦った7試合中5試合にも勝利しています。

ここで、Chandlerの最も注目すべきスタッツは、80%を誇るテイクダウン防御率といえるでしょう。これは、Oliveiraが好む戦略を実行することが難しくなり、アプローチを変えなければならなくなった場合、Chandlerが試合をコントロールできるようになる可能性があることを意味します。さらに不気味なことに、ChandlerはMMAのキャリアを通じてサブミッションで敗れたことが一度もありません。

しかし、Chandlerの一番の弱点はスロースターターになってしまう場合があることで、敗北した直近の2試合は、いずれも第1ラウンドでのTKO負けでした。Oliveiraはできるだけ早く相手をテイクダウンさせようとする傾向があるため、危険な試合になることが容易に証明されるかもしれません。

Oliveira対Chandler:バリューはどこにあるでしょうか?

両者が用いることのできる戦略の多様なレパートリーを考慮すると、試合の予想は本当に難しいものとなります。試合がどのような展開になるかは、Chandlerがテイクダウンを防御するために行う威嚇的な動きをOliveiraがどの程度警戒し、それに応じてパンチによるアプローチを多く選択するかどうかによって大きく変わります。

したがって、両者が状況を見極めようとより計画的に戦略を実行し、第1ラウンドからお互いにパンチを繰り出す光景が見られても、驚くには当たりません。Chandlerのほうが概して攻撃的であることを考慮すると、彼がペースを握って判定勝ちを収める可能性が考えられます。

しかし、OliveiraがChandlerを床に倒した瞬間に、彼の勝利がほぼ確定すると言っても過言ではありません。OliveiraがUFCの記録保持者となっているのはこのためで、Oliveira自身も自分の強みにこだわることが、Chandlerの予測不可能な要素に打ち勝つための最もシンプルな方法であると感じているかもしれません。

UFC 262が楽しみですか? Pinnacleで、すべての試合の最新のUFCオッズをご入手ください。

オッズは変更される場合があります

ベッティングリソース - あなたのベッティングをパワーアップ

オンライン最高クラスの充実度を誇るピナクルのベッティングリソースでは、専門家によるベッティングのアドバイスをご覧いただけます。ベッティング経験の長さを問わず、ベッターの皆様がパワーアップできる知識をお伝えすることが目的です。