4 12, 2021
4 12, 2021

UFC 261プレビュー:Kamaru Usman対Jorge Masvidal

Kamaru Usman対Jorge Masvidalのベッティングプレビューとオッズ

UsmanとMasvidalのスタッツ

Usman対Masvidalの予想:バリューはどこにあるでしょうか?

UsmanとMasvidalの格闘スタイル分析

UFC 261プレビュー:Kamaru Usman対Jorge Masvidal

UFC 261で開催される3つのタイトル戦のうち最も注目を集めている試合で、Kamaru UsmanとJorge Masvidalがウェルター級王者の座をかけて再戦します。Kamaru ‘The Nigerian Nightmare’ UsmanがUFCでの無敗記録を更新できるでしょうか? それとも、Jorge ‘Gamebred’ MasvidalがUFC 251での敗戦の雪辱を果たすでしょうか? 続きを読んで、Usman対Masvidalの予想にお役立てください。

イベント:UFC 261

日付:2021年4月24日

会場:VyStar Veterans Memorial Arena (アメリカ、フロリダ州)

Usman対Masvidal:テール・オブ・ザ・テープ

Kamaru ‘The Nigerian Nightmare’ Usman

選手

Jorge ‘Gamebred’ Masvidal

33

年齢

36

183 cm

身長

180 cm

77 kg

体重

77 kg

193 cm

リーチ

188 cm

12-0-0

UFC記録

13-7-0

18-1-0

MMA全体の記録

35-14-0

54%

打撃の正確性

48%

チャンピオン

UFCランキング

4位

この試合はUFC 261で開催される3つのタイトル戦の1つで、昨年3月のUFC 248以降初めて、人数制限のない観客の前でのUFCイベントとなる予定です。残りの2つのタイトル戦では、まずJessica Andradeが女子フライ級王座を狙ってValentina Shevchenkoに挑み、次にZhang Weiliが女子ストロー級のタイトル防衛を目指してRose Namajunasと対戦します。

前述のとおり、この試合はUsmanとMasvidalの再戦です。昨年7月のUFC 251での初対戦では、最終ラウンドまで戦ってUsmanが全員一致の判定勝ちを収めました。そのときはUsmanが試合の流れをほぼコントロールし、有効打数はMasvidalの66に対して94、テイクダウンは仕掛けられることなく5回成功しました。

ウェルター級王者のKamaru Usmanは、UFCでの13連勝とMMAでの18連勝を狙っています。

この初対戦はUsmanにとって2回目のウェルター級王座の防衛でした。その後、Usmanは2月のUFC 258でGilbert Burnsを相手に3ラウンド目でTKO勝ちを収め、ここまで3回の防衛に成功しています。彼のUFCでの無敗記録は現在12戦で、この間に、パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを3回、ファイト・オブ・ザ・ナイトを1回受賞しています。さらに、今回の対戦ではMMAでの18連勝も狙っています。

逆にMasvidalは、最後にオクタゴンで戦った試合に負けたことで、直近の10試合で6勝という不安定な結果となりました。それにもかかわらず、非常に競争の激しいウェルター級で現在も4位にランクインしており、UFC 239でBen Askrenに対して飛び膝蹴りのKO勝ちを5秒で決めるというUFC史上最速のノックアウトの記録を誇っています。

ライバル意識が再燃し、Usmanは自分がMasvidalより優れていることを示すことがモチベーションであると主張し、次のように述べています。「自分が今欲しているのは、彼をとことん打ちのめすことです。朝目が覚めると否が応でも私のことを考えて、『自分より優れた相手だ』と気づくばかりの状態にさせるほどにね。」

一方、Masvidalはこの試合での勝利だけでなく、さらにこの次の再戦も視野に入れており、次のように宣言しています。「今回の再戦で私が勝利すれば、必ず3戦目を行います。この相手と1-1で歴史に名を残すつもりはありません。そんなことにはなりません。」

Usman対Masvidalのオッズ分析

Usmanは1.245*の本命で、勝率は77%弱です。一方、Masvidalは4.150*に設定され、勝率は約23%です。関連するデータを見てみると、両者の初対戦では、マーケット終了時点でUsmanは1.362の本命で、Masvidalは3.367のアンダードッグでした。

Usmanのオッズは、直近5試合での平均クロージングオッズの1.646よりもやや低く設定されており、実際にマーケットはUsmanの直近5試合の(初めてUsmanに挑んだMasvidal自身も含む)どの対戦相手よりもMasvidalが勝利を掴むチャンスが少ないことを示しています。

Usmanは、直近の(すべて勝利した)5試合の前、4試合でマーケット終了時点での本命となり、Tyron Woodleyに勝利した試合ではアンダードッグでした。彼のオッズは本命とされた場合にぎりぎりのところで低くなる傾向があります。つまり、彼のウェルター級王座の連続防衛を確信しているなら、すぐにでもベットしたほうがわずかながら良いバリューを得る可能性があるということです。

おそらくご想像のとおり、Masvidalのオッズは過去5試合での変動のあるクロージングオッズの2.678と、その5試合それぞれの試合前の個別のオッズのどちらよりも高く設定されています。彼はアンダードッグであることに相当慣れており、このうち4試合ではアンダードッグのレッテルを貼られて臨み(2勝)、本命となった1試合ではNate Diazを倒しました。

Masvidalのオッズは最近大きな動きが見られ、直近5試合のうち1試合を除くすべての試合前に高くなり、その差は平均で0.29でした。これは、‘Gamebred’が番狂わせを演じると想像するなら、4月24日が近くなるまでベットを控えたほうが得をする可能性があることを示しています。

Usman対Masvidal:格闘スタイル分析

Usmanは、次々と最終ラウンドで勝利を収め、UFC全体で最も印象的な選手の1人として称賛され、恐れられています。直近の10勝のうち7勝は判定勝ちで、毎回全員一致の判定であることは、試合をコントロールする才能が多彩でありながら、なおも揺るぎないことを示しています。

MasvidalのMMAでの直近の10敗は、毎回判定負けでした。

実際に、彼のスタッツは状況に応じてアプローチを変える潜在的な能力を示しています。彼は攻撃の51%をスタンディングポジションからくりだし(Masvidalは70%)、1分あたりの有効打数(4.66)と15分あたりのテイクダウン(3.22)の両方で素晴らしい数字をたたきだしています。

これは攻撃中心のアプローチに見えるかもしれませんが、Usmanは必要に応じて同じくらい強力な防御力に頼ることもできます。驚異的な100%のテイクダウン防御率を持つ以外に、有効打の59%を防御し、受けているのは1分あたりわずか2.33回(自分が決めた有効打のちょうど半分)です。

結果としてUsmanの戦略は、より多くの打撃を成功させ、判定勝ちを確保するために攻撃と防御のバランスをとろうとするものだと考えられます。前述のとおり、Masvidalとの初対戦ではこのような戦いぶりでしたが、直近の10試合でもこの偉業を成し遂げたことに注目すべきです。これは、もし彼が自由に試合の行方を決めることができるとしたら、対戦相手の反撃のチャンスは限られるという重大な警告となっています。

それに加えてMasvidalは、相手にダメージを与えるために必死に戦う必要があるという状況にならないように、Usmanの優れた打撃の正確性(54%と48%)とリーチ(193㎝と188㎝)の両方に注意を払う必要があります。

MasvidalのMMAにおけるこれまでの35勝はノックアウト勝ちと判定勝ちがほぼ半々ですが、キャリアの後半ではより攻撃的で遠慮のないファイターへと変わってきているため、過去7勝のうち1試合を除くすべてでノックアウト勝ちでした。1分あたりの有効打数(4.20)ではUsmanに太刀打ちできませんが、頭部への攻撃の割合(64%と61%)で上回ること、さらにサブミッション(0.36と0.14)を多く決めることを狙っています。

Masvidalは並外れたパンチ力を見せることができ、最近では、最初から拳で立て続けに攻める傾向があります。直近の5回のKO勝ちで、2ラウンドより長引いた試合は1回だけでした。つまり早い段階で対戦相手が彼の手中に陥った場合は、その相手に大きなダメージを与えるために多くの時間は必要ないということです。

また、彼は明らかに防御について心配しておらず、1分あたりに受ける有効打が3.00であるにもかかわらず、MMAのキャリアでノックアウト負けを喫したのは1回のみです。ただし、Masvidalが徹底して攻撃的なアプローチにこだわっていることは、非常に単純に考えると、ある程度の防御スキルを備えた対戦相手であれば、彼のパンチをかわして判定勝ちを狙うことができるということを意味します。こう考えると、直近の10回の敗戦が判定負けであった理由もある程度説明がつきます。

つまり、早い段階でノックアウト決めようとするMasvidalと、その攻撃にカウンターで対応してより多くの打撃を成功させようとするUsmanの戦いになりそうです。前者のアプローチを成功させるには、攻撃でキャリア最高レベルのパフォーマンスを発揮するか、Usmanが普段の実力を出せずに注意力散漫となる必要があるでしょう。

Usman対Masvidal:バリューはどこにあるでしょうか?

Usmanがこの試合で有力視されている理由を断言するのに、徹底的な分析は必要ありません。実際、圧倒的な連勝を誇るディフェンディングチャンピオンであり、さまざまな対戦相手を多様なスタイルで倒す能力をこれまでに見せています。しかも、Masvidal自身もその対戦相手に含まれています。

Usmanがいつものアプローチを変えることを示唆するものは何もなく、戦いが始まれば、Masvidalに積極的に攻撃させて、カウンターで打撃を与えるチャンスを狙うでしょう。この点を考慮すると、最終ラウンドまで戦ってUsmanが判定勝ちを収めるという予想は今すぐ検討する価値があります。

Masvidalを有力視している場合、早い段階でのノックアウト以外で勝利に確実につながる方法を見つけるのは困難です。Masvidalが最初の数ラウンド以内にベルトを獲得することが、この場合明らかなバリューベットのようです。

オッズは変更される場合があります

ベッティングリソース - あなたのベッティングをパワーアップ

オンライン最高クラスの充実度を誇るピナクルのベッティングリソースでは、専門家によるベッティングのアドバイスをご覧いただけます。ベッティング経験の長さを問わず、ベッターの皆様がパワーアップできる知識をお伝えすることが目的です。