11 11, 2019
11 11, 2019

ストロークゲインドの説明:ストロークゲインドとは?

ストロークゲインドの歴史

ストロークゲインドとは?

さまざまな種類のストロークゲインドの統計

ストロークゲインドをベッティングで使用する方法

ストロークゲインドの説明:ストロークゲインドとは?

ストロークゲインドは、かつてはほとんど知られていませんでしたが、今ではファン、メディア、ベッターの間で一般的に使用されているゴルフ用語です。しかし、ストロークゲインドとは何でしょうか。どのように機能するのでしょうか? 詳しくは続きをお読みください。

ストロークゲインドの歴史

サッカーの予想ゴール数と同様に、ストロークゲインドは、ごく最近まで、ゴルフファンの間でもほとんど知られていなかった概念です。

しかし、過去の主観的物語を調べて生の基礎データを活用したいという真剣なベッターや専門家からの要求の増加に伴い、ストロークゲインド指標の人気は爆発的に高まって、現在では、主流のゴルフ用語辞典に堂々と組み込まれるまでになりました。 

2011年のPGAツアーで初めて公式に採用されたストロークゲインドは、コロンビア大学ビジネススクールのマーク・ブローディ教授が考案したものです。最初はパットのスタッツだけでしたが、やがてコース全体をカバーするように急速に進化しました。

「ストロークゲインドの教祖」と呼ばれることもあるブローディ教授は、ゴルファーのパフォーマンスを評価するための従来の方法には、ニュアンスとコンテキストが欠けていることを認識していました。

ゴルフにレーザー技術の時代が訪れる以前、フェアウェイキープ率やパーオン率、合計パット数、ワンパット率などの従来のスタッツは、プレイの評価や予測をする際にファンやプレイヤーが頼りにできる最善のものでした。

この方法の多くは単純な集計でしたが、ブローディ教授は(他のゴルフアナリストと同様に)、この方法には根本的な問題があることを認識していました。誤判断を招きやすく、過度に単純化されていることです。

たとえば、フェアウェイのパーオン数は、大きなミス(OB)と小さなミス(ラフ)を区別しません。

また、パット数は、60フィートからの2パット(優れたパフォーマンス)と2フィートからの2パット(ひどいパフォーマンス)を区別しません。

約20年前に始まった、ブローディ教授の断固とした先駆的研究は、ゴルフのベッターにプレイヤーのパフォーマンスを正確に評価する詳細な手段を与えました。では、ストロークゲインドとはそもそも何を意味するのでしょうか。またどのように機能するのでしょうか?

ストロークゲインドとは?

ストロークゲインドは、ツアー中のすべてのプロゴルファーのゼロサム計算であり、ゴルファーのパフォーマンスを、さまざまなスキルレベルの他のプロゴルファーと比較して測定します。

ストロークゲインドを使用すると、ベッターは対象のプレイヤーがどのようなタイプで、特定のスキルがプレイ中のコースにどのように合致するかを理解できます。

ゴルファーのストロークゲインドは、その特定のラウンドをプレイした全ゴルファーの平均スコアから本人のスコアを引き算することで算出されます。つまり、あるラウンドでストロークゲインドがプラスのプレイヤーは、そのラウンドをプレイした全プレイヤーの平均よりスコアが良いことを意味します。 

プレイヤーのパフォーマンスを残りのプレイヤーと比較して測定するだけでなく、ゲームの特定の側面を個別に確認できるため、ゴルファー、専門家、ベッターが、プレイヤーがどこでストロークを失う(または獲得する)かを把握するために役立ちます。

サッカーの予想ゴール数と同様に、ストロークゲインドは、各ショットの質を平均的なPGAツアーのプロゴルファーの期待値と比較して、定量化します。

当然ながら、履歴データに強く依存しており、過去のトーナメントの統計にShotLink(PGAツアーの公式ショットレベルデータ収集システム)からアクセスしています。

2003年以降、PGAツアーは各イベントでレーザー技術と約350人のボランティアの助けを借りて、そのトーナメントの各ショットについて詳細な情報を記録しています。

誰でも無料でアクセスできるShotLinkデータベースには、1,100万を超えるショットに関する詳細な情報が保存されています。GPSベースのシステムと異なり、ShotLinkシステムは非常に正確で、グリーン上の位置は2インチ以内の精度で、グリーン外の位置は1ヤード以内の精度で測定されます。

ブローディ教授は自著『ゴルフ データ革命』で、ストロークゲインドの測定が実際にどのように機能するか、簡単に説明しています。

「ストロークが、平均スコア(履歴データから算出)が4であるティーから始まり、ホールアウトまでの平均ストロークが2.8であるフェアウェイ上の位置で終わった場合、そのティーショットは、1ストロークでボールを1.2ストローク分ホールに近づけたことになります。」

「1回のティーショットが平均のティーショットより0.2ストローク多く獲得したので、これは0.2の『ストロークゲインド』です。」

「ストロークゲインドでは、20フィートのパットを決めることは、3フィートのパットを決めることより(スコアカード上ではどちらも1ストロークとカウントされますが)優れたパフォーマンスであると認識されます。ストロークゲインドはこの直感的な知識に数字を割り当てます。」

さまざまな種類のストロークゲインドの統計

登場以来、ストロークゲインドの計算式は継続的に開発されてきました。現在ではコースのさまざまな部分に対応する4種類の測定で構成されています。

ホールの各側面を測定し、計算して、1つの計算式にまとめて、全体のストロークゲインドトータルを求めます。全体のストロークゲインドトータルは、1つの数字で表現されます。 

たとえば、平均72打のコースを、その日69打で終えた場合、そのプレイヤーは3ストロークを獲得します。その日、74打だったプレイヤーは、そのコースで2ストロークを失います。

同様に、ベッターは、プレイヤーのゲームの特定の側面を評価したい場合、個々の測定値を調べることができます。

ストロークゲインドトータルの計算式は次のとおりです。 

オフ・ザ・ティー(SG:OTT)+アプローチ・ザ・グリーン(SG:APP)+アラウンド・ザ・グリーン(SG:ARG)+パッティング(SG:PUTT)=ストロークゲインドトータル

ストロークゲインド:オフ・ザ・ティー

すべてのパー4とパー5のホールの、ティーからのパフォーマンスを測定します。

ストロークゲインド:アプローチ・ザ・グリーン

アプローチショットのプレイヤーのパフォーマンスを測定します。アプローチショットには、パー4およびパー5のホールのティーからのものではなく、ストロークゲインド:アラウンド・ザ・グリーンおよびストロークゲインド:パッティングに含まれないすべてのショットが含まれます。アプローチショットには、パー3のティーショットが含まれます。

ストロークゲインド:アラウンド・ザ・グリーン

グリーンの端から30ヤード以内のショットのプレイヤーのパフォーマンスを測定します。この統計にはグリーン上のショットは含まれません。

ストロークゲインド:パッティング

プレイヤーがグリーン上で獲得した(または失った)ストローク数を測定します。

ストロークゲインド:ティー・トゥ・グリーン

第1打の打ち出しから、ゴルファーがグリーンに到達するまでのすべてのショットです。

Data Golfの研究によると、ストロークゲインドカテゴリの予測階層は、OTT > APP > ARG > PUTTとなるようです。

これは、ロングゲームでストロークを獲得しているゴルファーは、ショートゲームと対照的に、将来に向けてパフォーマンスが平均値に回帰する可能性が少ないと期待できることを意味します。

ストロークゲインドカテゴリにわたる予測可能性の違いにより、純粋なトータルストロークゲインドモデルを改善することができます。

ストロークゲインドをベッティングで使用する方法

ストロークゲインドは、プレイヤーの質を評価し、さまざまなトーナメントを予測しようとしているすべてのベッターにとって、必須の指標です。 

ゴルフの予測に使用する測定ツールとしてはいずれも表面的すぎるオフィシャルワールドゴルフランキング、フェデックスカップポイント、賞金ランキングと異なり、ストロークゲインドは、プレイヤーの1つ1つのショットを詳細に考慮し、1人1人のプレイヤーに真の価値を割り当てます。

テニスにも同じことが言えるかもしれませんが、ゴルフは試合が会場に依存するという意味でユニークなプロスポーツです。会場の選択は最終結果に大きな影響を与えることがしばしばあります。

一部のコースは、ティーからボールを遠くに飛ばせるゴルファーに有利に働き、別のコースはより正確なアプローチが得意なプレイヤーに適しています。また、別のコースは難しいグリーンを備えており、パットが非常に上手なプレイヤーだけが成功します。

ストロークゲインドを使用すると、ベッターは対象のプレイヤーがどのようなタイプで、特定のスキルがプレイ中のコースにどのように合致するかを理解できます。

ベッティングリソース - あなたのベッティングをパワーアップ

オンライン最高クラスの充実度を誇るピナクルのベッティングリソースでは、専門家によるベッティングのアドバイスをご覧いただけます。ベッティング経験の長さを問わず、ベッターの皆様がパワーアップできる知識をお伝えすることが目的です。