10 12, 2022
10 12, 2022

NFL 今週のゲーム: バッファロー・ビルズ対カンザスシティ・チーフス

NFL2022の統計

NFL2022のオッズと予想

バッファロー・ビルズ対カンザスシティ・チーフスの予想

NFL 今週のゲーム: バッファロー・ビルズ対カンザスシティ・チーフス

今シーズンのNFLで最も注目の試合を予想するにあたって、Mark Taylorの「今週のゲーム」をお役立てください。今週は、カンザスシティ・チーフスがバッファロー・ビルズ戦を主催します。 

バッファロー・ビルズ (4-1) 対カンザスシティ・チーフス(4-1): オッズ一覧

マーケット

バッファロー・ビルズ

カンザスシティ・チーフス

マネーライン

1.709 (-141)*

2.260 (+126)*

ハンディキャップ

-3.0  2.080 (+108)*

+3.0 1.826 (-121)*

チームの総得点

オーバー 27.5 1.787 (-127)*

アンダー 26.5 1.917 (-109)*

試合の総得点

オーバー 53.5 1.917 (-109)*
アンダー 53.5 1.970 (-103)*

6週目にはゴールデンタイムの放送がありませんが、週で最高とは言わないまでもシーズン最高の対戦であることは間違いなく、急成長中のライバルとのさらなるシーズンのAFC最高対決となるでしょう。

カンザスシティ・チーフスにとっては短い週となります。

バッファロー・ビルズは、アローヘッド・スタジアムへ向かい勝利を手にして戻ることを切望していることでしょう。AFCの第一シードをかけて鍵となるライバルと対戦するだけでなく、ポストシーズンに進めるかもかかっており、残り13秒までリードしておきながらボールを得ることができず、カンザスシティ・チーフスが延長線で勝利した2021年のAFCディビジョナルゲームの雪辱を晴らしたいところでしょう。

バッファロー・ビルズの成績はオープニング日程後 4-1 であり、そのうち2試合が2022年ポストシーズン進出が有力チーム、3つが2021年に実際プレイオフへ進出したチームとなっています。7周目を終え、不発のグリーンベイ・パッカーズを迎え撃つと、最後は比較的無難な10試合があり、カンザスシティ・チーフスとの対戦での勝利はバッファロー・ビルズにとってトップシードへの位置を確固たるものとするでしょう。

パトリック・マホームズを主軸とするカンザスシティ・チーフスは、50年間で初の決勝進出で、2020年のスーパーボウルリングに勝利しました。タイトル無しでの4回のスーパーボールへの進出は、乗りに乗って高額な選手を揃えたバッファロー・ビルズにとってまさに「今が勝どき」の目標となるはずです。

攻守ともに充実しており、パトリック・マホームズのライバルとなる多彩なMVP保持者ジョシュ・アレンを有し、才能ある選手を揃えるという点ではNFLで最も優れた底力を誇ります。パトリック・マホームズの時代となってから初めて、あまり相手にしたくないライバルチームがアローヘッド・スタジアムにやってくることとなります。

レギュラーシーズンのMVPマーケットで、ジョシュ・アレンはパトリック・マホームズを抜いています。このふたりのクオーターバックのどちらかが栄誉に輝く可能性がほぼ40%である中、ジョシュ・アレンの可能性は26% であり、2023年スーパーボールチャンピオンのベッティングマーケットではバッファロー・ビルズがカンザスシティ・チーフスを抜いています。

カンザスシティ・チーフスは2022年のスーパーボールで再び勝利する可能性が約16%であり、バッファロー・ビルズがポストシーズンの偶然性をついに克服する可能性は22%と、マーケットをリードしており、90年代のスーパーボールで4連続の敗退を期した記憶を払拭しています。

NFL今週のゲーム: オフェンスが両者の行方を決める

カンザスシティ・チーフスは、トライにつき、対戦相手のディフェンスに対するパーより0.4ヤードを出し、スナップで飛ばすのは60%となっています。グラウンド上の戦いでも平均を上回り、リーグでも群を抜く1試合あたり9得点で通常の譲歩率を上回っています。

タイリーク・ヒルがマイアミへ移籍した後、攻撃エンドのトラビス・ケルシーがマホームズの主力レシーバーとして、2022年の5試合中4試合で、42のシュート、32のキャッチ、少なくとも1回のタッチダウンを決めています。しかし、マホームズの方も即興性もしくは計画的に、他の10人のレシーバーにパスを投げ、他の5人がこれをキャッチしてタッチダウンを決めています。ヒルの不在でも揺らぐことはありません。

バッファロー・ビルズが与える印象も劣っていません。投げる確率はカンザスシティ・チーフスより高く(スナップの64%)、空中でも同様の効率を示し、グラウンド上では勝っており、1試合におけるタッチダウンでは対戦相手を上回ります。

オフェンスではトップ5にランクインするプレイヤーがおり、昨今のシーズンで一貫してその価値を証明していますが、明らかな差はディフェンスをチェックするとわかります。

バッファロー・ビルズは1試合あたりの得点数として対戦相手にたった12点を与えており、2022年の1試合あたりの平均得点数は注目に値する20.2 となっています。カンザスシティ・チーフスは、バッファロー・ビルズに対して平均20点の1試合あたりの得点数を出していますが、バッファロー・ビルズのカンザスシティ・チーフスに対する1試合あたりの得点数は25点です。

カンザスシティ・チーフスは、パスとランの両方に対するディフェンスに関してはリーグ平均の効率を示していますが、相手に得点を与えてしまうという点では苦戦しています。対象的に、バッファロー・ビルズは、パスとランの両方に対するディフェンスでトップ3にランクインしています。2021年にはレギュラーシーズンの5チームに許した得点が10点以下であり、2022年にもすでに3試合で同様の結果を残しています。

カンザスシティ・チーフスは、月曜日かつて苦手としたライダース戦で1点差で辛勝し、彼らにとっては珍しくない2桁の得点差から這い上がりつつあります。カンザスシティ・チーフスにとっては、短い週となりますが、バッファロー・ビルズは、早ければピッツバーグ・スティーラーズを迎えるセカンドクォーターから苦労なく事が運ぶようになり、ジョシュ・アレンが休養できることになるかも知れません。

Pinnacleにおける現在のハンディキャップラインは、バッファロー・ビルズがほぼ-3.0であり、これらエリート出場チームを正確に反映しているものと見られます。

バッファロー・ビルズ対カンザスシティ・チーフス: 最終検討

ジョシュ・アレンは、何ヤードも走り抜いたりタッチダウンを決めることで、巧みに完成度を高めている世代を代表する選手です。カンザスシティ・チーフスは攻守どちらかの点でしくじる可能性があり、そうなるとバッファロー・ビルズがあまりにも順調なため、カンザスシティ・チーフスを大きく引き離すことになります。

マホームズは、NFLのトップオフェンスのひとりにうまく対応することを求められていますが、最良のディフェンスをも相手にすることとなり、荷が重すぎることになるかもしれず、本拠地でも敵対的な状況となることも考えられます。

シーズン前半のゴール率はアウェーのビルズが余裕の31-21と有利になっており、必要となれば、バッファロー・ビルズが効果的なグラウンド上の戦いで試合のスピードをコントロールすることができるでしょう。小さなスプレッドをカバーするためにバッファロー・ビルズを選びましょう。

サインアップして、今シーズンの各試合に用意された多彩なマーケットでPinnacleによる優れたNFLオッズを活用しましょう。

NFL Opening Lineを 聴く

PinnacleのNFL Opening Lineポッドキャストは、 SoundCloudSpotifyApple Podcastsで配信されており、NFLの分析情報やリーグの大きな試合の詳しいプレビューを毎月お届けしています。

オッズは変更される場合があります

ベッティングリソース - あなたのベッティングをパワーアップ

オンライン最高クラスの充実度を誇るピナクルのベッティングリソースでは、専門家によるベッティングのアドバイスをご覧いただけます。ベッティング経験の長さを問わず、ベッターの皆様がパワーアップできる知識をお伝えすることが目的です。