close

ベッティングモデルの作成方法

ベッティングモデルの作成方法
どうやってスポーツベッティングモデルを作成方法しますか?どんなステップが関与しているでしょうか?何を考慮する必要がありますか?これらのステップに従って自分の数量モデルを作成し、ベッティングを次のレベルに引き上げましょう。

ベッティングモデルとは

最も単純な形式において、スポーツベッティングモデルとは偏見のない基準点を特定できるシステムです。そこから特定のゲームにおいて、すべての結果の確率を判断できます。 

このモデルは、チームの本当の能力をブックメーカーよりも正確に判断することで、最終的に利益のでるベッティングの機会を特定することができます。

しかし、スポーツベッティングモデルを作成することは難しく時間がかかることがあります。モデルを作成するための、さまざまな説明や順序が存在し、それがプロセスを複雑にする場合があります。

そうは言うものの、成功するベッティングモデルを作成したら、そのようなモデルは一般的なベッターが考慮しないような機会を示してくれます。

では始めましょう。

この例では、保険会社が採用している定量的リスク評価――保険料率コントロールサイクルと同様なアプローチを使用します。5つの主要な機能があります。

  • 問題の定義
  • 解決策の作成
  • 結果の観測
  • プロ意識
  • 外的要因

ステップ1:ベッティングモデルの目的を指定する

これは単純に見えますが、多くのスポーツベッターは、自分たちのベッティングモデルが達成しようとしているポイントがつかめていません。

目的がなければ、数字に圧倒されて全体的な目的を見失ってしまう可能性があります。

まずデータを取得して、パターンが存在するか確認できると言われるかもしれませんが、これはたくさんの異なる目的を持つ仮説に対してテストする必要があります。

したがって、一般的な目的よりも具体的な目的を持って始めることを強く推奨します。

ステップ2:リベートアイコンを選択します

次のステップは定量化メトリックを選択して調査を数字に落とし込むことです。 

これら最初2つのステップは、保険料率コントロールサイクルの問題ステージを定義することに関連しています。

ステップ3:データを集めて、分類し、修正

あらゆるモデルはデータが必要であり、したがってアルゴリズムに統合できます。データ収集には2つの方法があります。自分で行うか、オンラインで公開されている他のデータを使用するかです。

幸運なことに、インターネットには利用できるデータが多く存在します。それらの一部は無料で、中には有料サービスを提供するものもあります。 

データを取得したら、対処するべきクエリがあることに気付くかもしれません。

たとえばPremier Leagueチームを考えている場合、すべての試合を考慮するべきでしょうか、それともリーグゲームだけにするべきでしょうか?当該チームのプレイヤーがいない場合、または週半ばのChampions Leagueクラッシュがある場合、調整することは可能です。

ここが目的によって自分の判断を実行できるところです。

ステップ 4:モデルの形式を選びます

選択できる非常に多くのモデルや発明が存在するので、これが数学が効力を発揮しはじめる所です。 

当社は過去にたくさんのモデルを提案してきました。それらは複雑にも単純にもできます。当社のおすすめは、あまり難しくしないことです。

このステップは、ステップ3と交換できます。データによっては、特定のモデルを使用することになったり、または特定のモデルは特定のデータを使用することが必要になるかもしれません。

ステップ5:仮定に対応する

各モデルにはたくさんの仮定があり、それらの限界を知っておくべきです。これを忘れてしまうかもしれませんが、絶対に必要です。

たとえば、2007~08年の金融危機の大きな要因は、債務担保証券やクレジット・デフォルト・スワップなどの契約内における仮定の誤解によって引き起こされたデリバティブの誤用でした。

前回、こちらの記事で、平均および標準偏差では、どのように事象が通常通りに分布しているかを前提にされているか解説しました。これはテストを行う必要があります。

ステップ6:スポーツベッティングモデルの作成

次のステップは、実際にスポーツベッティングモデルの作成することです。オンライン計算機、Excel、MatLab、Java、R programmingおよびVBAなど、使用できるツールがたくさんあります。

スポーツベッティングモデルを作るためにプログラミングの天才である必要はありません。しかし、その機能を深く理解すればするほど、データをテストして分析するときに、より便利になります。

ステップ7:モデルをテストする

スポーツベッティングモデルが結果に対してどれくらい感度がよいか調べるために、あらゆるスポーツベッティングモデルの効率をテストすることは不可欠です。

いずれにしても、モデルの結果は以前のステップを再考することにつながるかもしれません。

重要な質問は常にそのモデルが利益を出しているかどうかです。したがってそれをテストする必要があるでしょう。そしてサイクルを再び繰り返すことになります。

ステップ8:結果の観測

適切なモデルがつくられてテストされたと仮定すると、そのモデルは時間の経過とともに維持される必要があります。これで、このモデルの開始地点に戻ってきます――未来の目的を定義する。

応用された知識

関連するプロセスを理解することは、スポーツベッティングモデルをつくる方法を学ぶときに、最も重要です。 

定量的モデリングは、モデルをつくって適用することだけではありません。必ずしも上記の順序ではありませんが、完了するべきたくさんのプロセスが存在します。

このプロセスに従うことで、利益が出るモデルになるとは保証されませんが、新しいスポーツベッティングモデルをつくるのに必要な基本考察を行っていることになります。 

Forベッティングモデルの作成方法の例, click here.

ベッティングリソース - あなたのベッティングをパワーアップ

オンライン最高クラスの充実度を誇るピナクルのベッティングリソースでは、専門家によるベッティングのアドバイスをご覧いただけます。ベッティング経験の長さを問わず、ベッターの皆様がパワーアップできる知識をお伝えすることが目的です。