ベット取引所

ベット取引所
オンラインベッティングの世界では、ベット取引所はますます普及してきており、従来のブックメーカーに代わる選択肢を提供しています。 しかし、ベット取引所とは何でしょうか? どのような仕組みなのでしょうか?

ベット取引所とは?

ベット取引所は、従来のブックメーカーとは非常に異なるアプローチを採用しています。ベット取引所は、ブックメーカーをベッターと競争させます。 Pinnacleのようなブッキーは、市場に精通したトレーダーを使用して各市場のオッズを設定していますが、取引所はユーザーに自分のオッズを提供させる(レイイング)ことでブックメーカーになったり、別の取引所のユーザーからのオッズを受け付けることでベッター(バッキング)にもなれるプラットフォームを提供しています。

例:

1. プレイヤーBは、ChelseaはManchester Unitedに勝てないと考えており、Bluesが勝つことに4.000のオッズを提供しています(プレイヤーBに対して賭けられた£1に対して£3を賭けます)。
2. プレイヤーA は、ChelseaがManchester Unitedに勝つと考えており、£1を4.000で賭けます。
3. 取引所はこの2つのベットをマッチさせます。 プレイヤーAのベットはプレイヤーBのベットにマッチされます
4. Chelseaが勝利した場合、プレイヤーAは£3の利益を得ます(コミッションを除く)。 Chelseaが負けた場合、プレイヤーBは£1の利益を得ます(コミッションを除く)。

取引所はどのような仕組みなのか?

調査によると、事象の確率(特定の事象がどれくらいの頻度で発生するか)が提供されているオッズとほぼ一致するので、このピアツーピア取引モデルは完璧に近い効率的な市場になることが示されています。

つまり、コイン投げのような50%の確率の一貫したベッティングシステムに従った場合、長期的にはタイになることを意味します。 利益を出す可能性は、ハンディキャップスキルの利点または特定の人だけに知らされる情報から発生すると考えられます。

これは成熟した市場で当てはまるかもしれませんが、オッズを開くのは通常それほど効率的にはなりません。市場が正しくバランスを保つには、ベッターの数と流動性の度合が低すぎるからです。 つまり取引所は、バッキングまたはレイイングしているかに従って、極めてアーリーなベッターを罰する(または報酬を与える)ことを意味します。

コミッションのためにマージンを交換

Manchester United 対 Chelseaホームオッズドローオッズアウェイオッズ
取引 2.700 2.640 4.000
コミッションが適用された取引オッズ 2.615 2.558 3.850

市場の効率性の問題に関係なく、賞金に取引所が請求するコミッション(最大5%)を含めると、取引所の利点はなくなります。 これは賞金だけに影響を及ぼすので、それらはオッズに考慮されていません。したがって、実際よりもバリューが良いように見えています。

平均的なコミッション率を5%と仮定すると、平均的なパンターは長期的に利益を得るには少なくともベットの55%で勝利しなければなりません。 それは、Pinnacleのような低コミッションのスポーツブックとは比較になりません。当社は多くの市場で2%のマージンしか取っておらず、長期的に利益を得るには52%が目標になります。

ベッティングリソース - あなたのベッティングをパワーアップ

オンライン最高クラスの充実度を誇るピナクルのベッティングリソースでは、専門家によるベッティングのアドバイスをご覧いただけます。ベッティング経験の長さを問わず、ベッターの皆様がパワーアップできる知識をお伝えすることが目的です。