close
6 27, 2016
6 27, 2016

ハンディキャップサッカーベットとは

ハンディキャップサッカーベットとは
超本命に賭けているときは、バリューはほとんどありません。そのような場合はハンディキャップベット市場に注目するべきです。この記事では、ハンディキャップサッカーベットおよび異なる種類のハンディキャップベットの詳細について説明します。

他のスポーツのようにサッカーでは、チーム間の認識されているクオリティには違いがあります。その違いの大きさは、誰がプレイしているかによって変わります。

サッカーではそのような財政上の不平等があるので、特定のチームが優位性を固めて、財務体質を増やすことができます。

これに強力な選手陣や優れた施設、大型スタジアムからのホームアドバンテージの増加が加味され、それらのチームとリーグの他のチームの格差は拡大しました。

ベッティングに関して、この結果として生じたのは金銭的インセンティブが少ないショートオッズのフェイバリットです。

能力に関して認識されている偏見を調整するため、ブックメーカーはハンディキャップを提供しています。つまりハンディキャップベットは、一方的なサッカーの試合の蔓延を解消することで、ベッティングの観点から競技を同等化できます。

ハンディキャップベットの解説

サッカーのベッティングハンディキャップは、仮想のゴール偏見によって競技を等しくし、従来の1X2ベットと比べて、超本命に賭けるときによりバリューを見つける機会を提供します。

サッカーハンディキャップベットは、90分後に試合がドローで終了した場合の損失の可能性を排除します。ドローを排除する得点の優位性に基づくハンディキャップにより、チームには「ハンディキャップ」が課せられ、認識されている能力差が相殺されます。

ベットする前に知っておくべきハンディキャップのタイプは3つあります。

レベルハンディキャップ

レベルハンディキャップでは、チームXとチームYの間に認識されている能力差がないため、ハンディキャップは割り当てられず両チームが0から開始します。

ベットで勝つには、どちらのチームが多くの得点を出すか見分ける必要があります。タイではすべてのベットが返金されます。

シングルハンディキャップ

シングルハンディキャップは、チームXとチームYの間に認識されている能力差がある場合に発生します。

格上とされているチームには、-0.5点、-1点、-1.5点のように適切な得点ハンディキャップが与えられ、ベッティングのために競技を平等にします。

例えば、ハンディキャップが-1点のチームXにベットする場合、2得点差以上で勝ってハンディキャップをカバーするとベット成功になります。

1点差のみで勝った場合、ハンディキャップが適用された結果はベッティングではドローとなり、ベットは返金されます。チームYがドローになるか勝った場合、チームXへのベットを失います。

スプリットハンディキャップ

スプリットハンディキャップは、2チームの能力差が小さい場合に発生し、2つのハンディキャップに対して賭け金を分割できます。

例えば、チームXにハンディキャップ(0と-0.5)が適用されるとします。チームXにベットしてチームXが負けた場合、いずれのハンディキャップもカバーしなかったため、両方のベットを失います。

試合がドローで終了すると、半分の賭け金(0)が返金され、もう片方(-0.5)を失います。しかし、チームXが勝つと、両方のハンディキャップがカバーされるため、ベットは両方とも勝ちとなります。

過去にとらわれ3通りの固定オッズベットに従っていると、高い投資対効果が望めません。サッカーハンディキャップによる新しい視点を取り入れることで利益があるかもしれません。

ベッティングリソース - あなたのベッティングをパワーアップ

オンライン最高クラスの充実度を誇るピナクルのベッティングリソースでは、専門家によるベッティングのアドバイスをご覧いただけます。ベッティング経験の長さを問わず、ベッターの皆様がパワーアップできる知識をお伝えすることが目的です。