3 3, 2015
3 3, 2015

MLB World Seriesベッティングプレビュー

MLB World Seriesベッティングプレビュー
MLBの春のトレーニングが始まりました。それがPinnacleがWolrd Seriesフューチャーを掲載した理由です。このMLB World Seriesベッティングプレビューでは、パターンに着目して、ベッターがWorld Seriesフィーチャーに早い段階で賭けることでバリューを見つけることができるかどうかを検討します。

数学的な現実

World Seriesフューチャーに賭けるときに、ベッターが考慮するべき最初の項目のひとつは、MLBプレーオフシステムです。

各リーグには、実質的に4つのプレーオフチームがあります。3つの地区勝者とワイルドカードゲームの勝者です。

これら4チームは、2ラウンドのプレーオフで戦い、2つのシリーズで優勝したチームがWorld Seriesに進出します。

ベッターは、試合時間が予想できないこともあって、ベースボールがレギュラーシーズン中に162試合あるマラソンであると知ることになります。

レギュラーシーズンは日程の長さにより、最高のチームを決定するのに十分なサンプルの大きさがあります。しかし、レギュラーシーズン以降のシリーズでは、5戦3勝制、そして7戦4勝制で競いますが、それで本当の優劣が決まることはあまりありません。

ベストチームはプレーオフゲームで60%以上の勝率になることはめったにありません。そしてそれはプレーオフシリーズでも同じです。これらすべては、MLBベッティングにとって何を意味するのでしょうか?

チームがプレーオフに進出することが確実でも(そんなチームはありませんが)、タイトルを獲得するには3回の短いシリーズで生き残る必要があります。

これらのシリーズは、運、技術、勢い、および健康にそれぞれ平等に基づいているので、いずれかのチームがタイトルを獲得するチャンスが1対8以上であると予測するのは難しいです。

現在、1つのチーム、Washington Nationalsがかなり良い暗黙の確率を与えられています。

Nationalsは首位フリーエージェント、マックス・シャーザーを加える以前からすばらしいチームであったかもしれませんが、Pinnacleが提供しているWashintonが2015年World Seriesで優勝する6.730のオッズは、入れ込みすぎでしょう…。

MLB偶奇性のバリュー

Nationalsが2015年World Seriesで優勝するオッズの本当の問題は、現在MLBが見せている注目に値する偶奇性です。

過去3回のシーズンで98試合以上勝ったチームはありません。一方、ワイルドカードのコンセプトによって、シーズン前にプレーオフに進出できないチームはほとんどいない環境が作り出されました。

American Leagueの15チームの中で、Houston AstrosとMinnesota Twinsの2チームだけがプレーオフに進出する可能性がほとんどない、または全くないと考えられています。しかし、そのような意見でも反対の意見はあります。

National Leagueには全く同じ偶奇性はありませんが、Philadelphia Phillies、Arizona Diamondbacks、およびColorado Rockiesの3チームだけが蚊帳の外であるようです。

これらの主張が正しく、24チームがプレーオフへの正当なチャンスがあるなら、バリューはフェイバリットでは見つかりません。正当なチャンスを持っていながら、市場のバリューがその範囲よりも外にあるチームで、バリューを見つけることができます。

以下はバリューが存在する可能性がある3つの例です。

Baltimore Orioles:

AL Eastの前回優勝チームBaltimore Oriolesは、昨シーズンに12ゲーム差で地区優勝しましたが、オッズは29.30です。

96試合勝ったチームが、World Seriesで優勝する確率がほぼ平均しかないことはありえるでしょうか?

BaltimoreはAmerican Leagueの本塁打数首位のネルソン・クルーズを失いましたが、投手陣は改善しているように見えます。また不調や故障で苦しんでいた選手たち(クリス・デービス、マニー・マチド、マット・ィータース)も復活の兆しを見せています。

Cincinnati Reds:

Redsは、昨シーズンに不調になる前に、同じような選手たちで2012年にNational League Central地区で優勝しています。

良いニュースは、2014年シーズンを故障で棒に振ってしまった、2012年チームの2人のベストプレイヤー、ジョーイ・ボットとジェイ・ブルースが今回は好調に見えることです。

そしてオールスター選手の実力を持つトッド・フライザーとデビン・メソラコが現れたことを考慮すると、このチームは55.71のオッズを考慮すると、過小評価されているように見えます。

Pittsburgh Pirates:

過去2回のシーズンでプレーオフチームであるPiratesは、現在 30.72のオッズがつけられています。

Pittsburghは主要メンバーであるキャッチャーのルッセル・マーチンを失いました。しかし、MLBでは1人の選手でチームの運命が決まることはありません。

市場は、他の追加を考慮すると、マーチンの放出を過度に受け止めている可能性があります。

ご自分で調査してみることを強くおすすめしますが、これらが、どのチームに賭けるかを決めるときに適用できる種類のロジックです。

誇大宣伝を信じない

Baltimore、Cincinnati、およびPttsburghは、全体として魅力に欠けるという1つの強い共通の特徴があります。

実際に、全米のマスコミはこれらのチームに注目していません。かれらは他の一部のチームのように、全米の人々の意識に浸透していないからです。

こちらは、他のチームがより注目を集めている、いくつかの理由です。

大きなファン層:

当社のベッターは平均的なブックメーカーのベッターよりも優れています。しかし、当社のベッターでも地元の偏見にすこし影響を受けています。Dodgers、New York Yankees、Boston Red Sox、およびChicago Cubsのようなチームは、実力以上に注目を集めるでしょう。それはそれぞれのマージンを誇張させる場合があります。

最近のWorld Seriesでの成功:

San Francisco Giantsは、過去5回のWorld Seriesにおいて2回優勝しました。そしてKansas City Royalsは、それらの試合でかれらと2014年に戦っています。その露出によって、かれらはベッターの頭の中では新鮮に見えて、評価を低くしているのかもしれません。

オフシーズンの「勝者」:

シーズンごとに、特定のチームはフリーエージェントを集めたり、著名なプレイヤーをトレードしたりします。往々にして、それらのチームは、マスメディアが選手の可能性をほぼ架空の状態まで誇張した後に、失望させてくれます。

2012年のMiami Marlinsおよび2013年のToronto Blue Jaysは、オフシーズンに大きな話題をつくり、実現しそうな栄光を予想させて、完全な期待はずれに終わった、最近のチームの例です。

この冬に、オフシーズンの「勝者」だったのはどのチームでしょうか?San Diego Padresは、大きな話題をつくったチームとして際立っています。現在のオッズは21.54です。しかし、1年前の成績は77-85で、地区はDodgersおよびGiantsと同率でした。

San Diegoに加えて、Chicago White Sox、Seattle Mariners、Boston Red Sox、 Miami Marlins、Washington Nationals、 Chicago Cubsは今年ニュースをにぎわせました。

これらのいずれも厳格なルールではありません。しかし、一般的に言って、早めに賭けるベッターはより魅力的なチームを応援するので、これらの残されたチームの中でよいバリューを見つけることができます。

ベースボールベッターは、しっかり調査をして、可能性のある取引に投機的な目を向ければ、自分の投資を見ながら、面白いシーズンの後に、利益を出すことができるでしょう。

最高の2015年World Seriesフューチャーオッズを獲得しましょう。

ベッティングリソース - あなたのベッティングをパワーアップ

オンライン最高クラスの充実度を誇るピナクルのベッティングリソースでは、専門家によるベッティングのアドバイスをご覧いただけます。ベッティング経験の長さを問わず、ベッターの皆様がパワーアップできる知識をお伝えすることが目的です。