7 30, 2014
7 30, 2014

MLBベッティング:ラインの動きとMVP

MLBベッティング:ラインの動きとMVP
どのMLBプレイヤー(ピッチャーを除く)がラインアップから外れた時にMLBマネーラインで最も影響を与えるのかと、最近Twitterで質問されました。このMLBベッティング記事を読んで、MVPの不在がマネーラインにどのように影響を与えるのか、そしてなぜこれがベースボールベッターにとって重要なのかを理解してください。

小さい動き

MLBの最高記録を持つOakland Aと、最悪の記録を持つTexas Rangersとの最近の試合で、Oaklandの先発は最も安定している、5試合連続で好投していたScott Kazmirでした。一方、TexasはMike Mikolasを先発させました。Mikolasはメージャーリーグで4度チームを変わっており、数字もよくありません。Texasはホームゲームでしたが、これは今シーズンのMLBカレンダーで見つけることができる最大のミスマッチでした。Oaklandはマネーラインで1.493でした。

上記の段落は、ベースボールとベッティングの相関的な偶奇性を実証しています。2001年以降、レギュラーシーズンにおいて3分の2を勝利したチームは存在しません。そして162試合のスケジュールでは、1試合のサンプルサイズで結果を想定するのはあまりにも変数がありすぎます。

MLBマネーラインへの偶奇性の影響に加えて、ベースボールのスタープレイヤーと交代要員の差が、1回の試合(プレイヤーは1試合に平均して約4打席出場)で30%の上昇になることに注目してください(例えば、スター選手の0.390の出塁率は交代選手の0.300出塁率に変わることになります)。

先発ピッチャーは市場で最も影響力を持つプレイヤーです。したがって、MLBのピッチャー以外のベストプレイヤーは、スターのアピールと爆発力をもたらすかもしれませんが、8人の野手の1人として、スター選手の1回のゲームラインでの影響は100分の1の単位です。もちろん、一定していずれかの方向に数パーセント移動した場合、ベッターには大きな影響を与える可能性があります。

不在になるとマネーラインに最も影響を与える上位5人のMLBプレイヤー

上記を踏まえた上で、市場を動かす上位のプレイヤーは誰で、かれらの例から何を学べるでしょうか?これらのプレイヤーが不在の場合、マネーラインは約0.10動く傾向があります。

1)   Mike Trout – 明らかに、MLB最高のオールラウンドプレイヤーです。旧式の統計または新しい統計でも、または目のテストでも。Troutはベッティングで首位に立っています。

2)   Miguel Cabrera – 2回American League MVPに君臨したCabreraは、2014年度は2012-13年の頃とはまったく違うプレイヤーになりました。2010年以降毎シーズンに最低6.2のWAR**を記録した後に(1年前は7.6)、Cabreraは「たった」5.8になりつつあります。それは野手の中で18番目になります。これは偶然の出来事ではないかもしれません。Cabreraは31歳で体が大きく、2013年後半からはけがの問題を抱えています。そして2008年以来最高の三振率と最低の四球率を記録しており、はっきりと陰りを見せています。

では、なぜCabreraがこのリストにいるのでしょうか?それは安定感と多少の知名度によるところかもしれません。ベースボールは大きなサンプルゲームです。WARリーダーボードで彼の上にいる17人のプレイヤーの中で、Trout、Andrew McCutcheon、そしてJosh Donaldson(全員がCabreraよりも防御力を提供しています)だけが1年前にWARでCabreraよりも上にいました。ベッターはCabreraの名前、打率、5年間の安定性にベットしています。

** WARは、平均的な代替レベルのプレイヤー以上のプレイヤーの全体的な価値を測定する統計で、特にここでの目的では有用な統計です。この記事では、fangraphs.comからWARデータを使用しています。

3)   Troy Tulowitzki – 現在故障中。Tulowitskiの価値はポジションの欠乏と言うことができます。打つことができる外野手または一塁手の交代要員を見つけることは、それほど難しいことではないですが、試合でベストの選手とほぼ同じくらい打つことできるショート(試合で最も重要な守備位置)は10年に一度の才能になります。そのような珍しい才能を交代させることは不可能です。それが市場の動きに反映されています。

4)   Buster Posey – Yadier Molinaは上位5人から外れることはめったにありません。しかし、当社のシニアMLBトレーダーは、Yadiの最近の故障はEdwin Encarnacionの故障よりも影響があったと話していました。Encarnacionは当時MLB本塁打でトップでした。理由ですか?キャッチャーは、フィールドのまとめ役として、他のピッチャー以外の選手よりも異なる評価を生じさせるからです。

PoseyやMorinaのような優れたキャッチャーの役割には、ピッチャーをその日の対戦相手に対する準備をさせること、チームの方針を他の選手に伝えること、試合中にピッチャーを呼ぶこと、ピッチャーと防御の連携などがあります。他の野手は表面的な数字でまとめることができますが、優れたキャッチャーがもたらす価値は細かな点まで見ていかないと測定することが難しく、ベッターに市場のずさんな点をつけこむ機会を与えてくれます。チームへのキャッチャーの価値を適切に査定すれば、安定して結果を出せるエッジのようなものを持つことができるかもしれません。

5)   Ryan Braun – このリストの中の名前でBraunが最も意外です。2012年にMVPになったシーズンの後に、Braunは薬物使用の疑いをかけられました。その後、故障が続き、2013年のシーズンは駄目になってしまいました。2014年は、2008年以来最低の出塁率を記録し、本塁打数は落ちています。7月22日に、ESPNのBuster Olney氏は、Braunの平均的な引っ張られたフライは2013年よりも41フィート飛ばなくなっており、かつてのスラッガーは反対側で打たざると得なくなったとブログに投稿しました。つまり、彼のパワーは、長引く親指のけが、薬物を使用していないため、またはその両方が原因で、かなり減らされています。また、彼の盗塁率が下がっているので、疑い深い人は、親指ではないと考えるかもしれません。

過去5年間で最も安定した打者の一人であったBraunがこのリストに入っていることは、Cabreraのように、認識されている予測可能性や知名度が貢献しています。しかし、別の何かも意味しています。

Braunの旧式の統計――本塁打、RBI、打率――は、高度な統計よりも常にBraunをよく見せてきました(彼は5 WAR以上の賞賛に値するシーズンは2つしかありません)。もしそうだとしたら、市場はベースボールの高度なデータ分析革命を最適化していないかもしれません。それはそれとして、もしあなたが適切に利用するならば、利益でその利点は明らかになるかもしれません。

ベッティングリソース - あなたのベッティングをパワーアップ

オンライン最高クラスの充実度を誇るピナクルのベッティングリソースでは、専門家によるベッティングのアドバイスをご覧いただけます。ベッティング経験の長さを問わず、ベッターの皆様がパワーアップできる知識をお伝えすることが目的です。