NPBベッティング:日本のプロ野球へのベット方法

MLBとNPBの違い

NPBとMLBの総得点数

ピナクルで賭けられるNPB市場は?

日本のプロ野球ベッティングで最高のオッズを獲得しよう

NPBベッティング:日本のプロ野球へのベット方法

バリュー(価値)を求めるベッターにとって、日本のプロ野球は大変魅力的な市場です。NPB(日本のプロ野球)とMLB(メジャーリーグ)の主な違いは何でしょうか?トータル市場のベッターが考慮すべきことは?NPBベッターに用意されている市場は?詳しくは続きをお読みください。

日本は世界で二番目の規模を誇る、プロ野球リーグの故郷です。日本野球機構(NPB)が管轄する12チームが、栄えある日本シリーズのタイトルをかけて争います。

NPBの各チームはレギュラーシーズン143試合を戦うため、とりわけ統計的アプローチを取り入れているベッターにとっては、バリューを手にする機会がふんだんに用意されています。サンプルサイズが大きく、選手のラインナップも比較的固定されているので、データ重視派のベッターにとっては大きなチャンスが舞い込んできそうです。

NPBのチーム

NPBは全12チームの2リーグ制となっています。

NPBのチーム

セントラルリーグ

パシフィックリーグ

中日ドラゴンズ

千葉ロッテマリーンズ

阪神タイガース

福岡ソフトバンクホークス            

広島東洋カープ

北海道日本ハムファイターズ

東京ヤクルトスワローズ

オリックスバファローズ

横浜DeNAベイスターズ

埼玉西武ライオンズ

読売ジャイアンツ

東北楽天イーグルス

NPBの試合日程とポストシーズン

各チームがレギュラーシーズン143試合を戦います。レギュラーシーズンの全日程が終了後、各リーグの上位3チームが2ステージ制のプレーオフ(クライマックスシリーズ)へ進出します。

レギュラーシーズン2位のチームは、3試合制のファーストステージで3位のチームと対戦します。ファーストステージの勝者が、レギュラーシーズンの優勝チームとファイナルステージで激突します。ファイナルステージは6試合制で、レギュラーシーズンの優勝チームには最初から1勝ぶんのアドバンテージが与えられます。

さらに各リーグのクライマックスシリーズの勝者が、7試合制の日本シリーズで対戦し、両リーグの総合チャンピオンが決定します。

MLBとNPBの違い 

NPBベッティングとMLBベッティングはよく似ています、ベッターが留意しておくべき違いがいくつかあります。

レギュラーシーズンの試合には引き分けがある

NPBの試合では12回終了時に同点の場合、結果は引き分けとなります。

ベッティングの観点からすると引き分けの場合、マネーラインへのすべての賭けはプッシュ(賭け金ベッターへ返金される)に終わり、スプレッドやトータルベットでは通常どおりに結果が確定します。

先発ピッチャーが長いイニングを投げる

NPBのチームはMLBの5人制とは違い、6人制ローテーションを採用しているため、NPBの監督は自軍の先発ピッチャーをより長く休ませることができます。5日おきではなく、一週間に一度投げればよいからです。先発投手が1試合で100球以上投げることも珍しくありません。

このため、各対戦カードの先発投手を知っておくことが一層重要になります。先発投手が長いイニングを投げれば、それだけ試合への影響も大きくなるからです。

トータル(総得点数)

一般的にメジャーリーグの野球と比べて、NPBのほうが1試合の総得点数は少ないと言えます。しかし、得点数はシーズンごとに異なるため、傾向を注視しておく必要があります。

NPBの1試合平均得点

NPBの1試合平均得点

シーズン

セントラルリーグ

パシフィックリーグ

平均

2018年

4.44

4.28

4.36

2017年

4.04

4.01

4.03

2016年

4.09

4.12

4.11

2015年

3.42

3.98

3.7

2014年

4.22

4.01

4.12

平均

4.04

4.08

4.06

MLBの1試合平均得点

MLBの1試合平均得点

シーズン

MLB

2018年

4.44

2017年

4.65

2016年

4.48

2015年

4.25

2014年

4.07

平均

4.38

NPBではボールがややバッター不利なものへ変更された直後の2015年シーズン、1試合の総得点数が大きく落ち込みました、リーグが新しいボールへ適応するに従い、総得点数はゆっくりと上昇を続けています。

トータル市場のベッターは、ピッチャーの休養が十分であることや、ボールの変更などの要因が絡み合い、NPBの平均得点数がMLBよりもわずかに低いことを知っておくべきでしょう。

過去5シーズンの平均得点数では、パシフィックリーグがセントラルリーグをわずかに上回っています。もっともこれは微々たる差であり、誤差の範囲と考えられるかもしれません。

NPBベッティング:賭けられる市場

ピナクルではMLBベッターにもなじみ深い、幅広い市場を提供しています

マネーライン(Money Line)

その試合の勝利チームへ賭けます。引き分けの場合はプッシュとなり、賭け金は返金されます。

ランラインベッティング(Run Line)

スプレッドやハンディキャップへのベットです。NPBベッティングでは、最終的なスコアに加算される得点数のハンデ(プラスかマイナス)が、各チームへ割り当てられます。

トータル(Totals)

その試合中に記録される、総得点数に賭けます。

チームトータル(Team Totals)

その試合で特定のチームが記録する、総得点数に賭けます。

先取点チーム(Team to score first)

どちらのチームが最初に得点するか賭けます。

ヒット、得点、エラー数(Hits+ runs+ errors)

一試合の得点数、ヒット数、エラー数の合計値へのベットです。ベッターは所定の合計値を上回る(オーバー)か、下回る(アンダー)か予想して賭けます。

野球ベッティングについて詳しく知りたい方は、ピナクルの野球ベッティングガイドをお読みください。

日本のプロ野球ベッティングで最高のオッズを獲得しましょう

日本のプロ野球リーグは野球ベッティングに詳しい方にも、初心者の方にも、同じように刺激的な市場を提供します。

日本のプロ野球ベッティングの基本を学んだ今、オンラインで最も価値のあるピナクルのNPBオッズをぜひご活用ください。

ベッティングリソース - あなたのベッティングをパワーアップ

オンライン最高クラスの充実度を誇るピナクルのベッティングリソースでは、専門家によるベッティングのアドバイスをご覧いただけます。ベッティング経験の長さを問わず、ベッターの皆様がパワーアップできる知識をお伝えすることが目的です。